腸内環境を改善する食物

便秘がちな方必見!! 腸内環境を改善する食物やサプリメントは?

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

便秘が続くと「腸内環境を改善しなくては」と考える方は少なくないでしょう。
また、腸内環境を改善する効果がある、と宣伝している乳製品やサプリメントもたくさんあります。
では、腸内環境とはいったい何か?と聞かれるとはっきりと答えられない方が多いのではないでしょうか。
そこで、今回は腸内環境の意味や改善方法などをご紹介します。

  1. 腸内環境の基礎知識
  2. 腸内細菌の種類とは?
  3. 腸内環境が悪化すると起こる病気や症状とは?
  4. 腸内環境を整える方法
  5. 腸内環境を悪化させやすいこととは?
  6. 高齢者、子ども、妊婦の腸内環境について
  7. 腸内環境にかんするよくある質問

やみくもに腸内環境を整えるサプリメントや食品を摂取しても改善は期待できません。
この記事を読めば、腸内環境を改善する意味だけでなくそのやり方も分かるでしょう。
便秘がちで改善方法を探しているという方もぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.腸内環境の基礎知識

まず始めに、腸内環境とはどこの環境のことなのかということや、なぜ整える必要があるのか、といった腸内環境の基礎知識をご紹介します。案外知られていないものも多いのです。

1-1.腸内環境とは?

腸内環境の「腸内」とは、大腸のことを指します。
大腸は腸の一番終わりの方に位置し、消化しきった食べ物と体内の老廃物を便にする作業を担っているのです。
一見すると最後の後始末をするしかない器官のように思えますが、大腸がうまく働かないと便秘や下痢といった体調の不良を招きます。
便秘は決して珍しい体調不良ではありませんが、悩んでいる人は多いでしょう。
また、便秘が原因で肌荒れや食欲不振、さらに体臭の悪化などが起こることも珍しくありません。
さて、大腸の中にはいろいろな細菌が住み着いています。
それらは体の健康維持に貢献してくれる細菌を「善玉菌」、腐敗物質を生産し、体に悪影響を与える「悪玉菌」、どちらにも変化する「日和見菌」に分けられるのです。
この3つの菌のバランスが崩れると「腸内環境が悪化」したことになり、便秘をはじめとするさまざまな不具合が生まれます。
つまり、腸内環境を整えるということは、腸内細菌のバランスを整えるということでもあるのです。
ちなみに、理想の腸内環境は善玉菌が20%、悪玉菌が10%、日和見菌が70%状態になります。

1-2.腸内フローラって何?

さて、腸内細菌の話が出たので、腸内フローラについてもお話しましょう。
腸内フローラは別名腸内細菌叢ともいい、個人個人の腸内細菌の割合を指すのです。
前項で、腸内細菌の割合は善玉菌が20%、悪玉菌が10%、日和見菌が70%がよいといいました。
つまり、善玉菌だけをやみくもに増やしても、腸内環境は悪化します。
ですから、悪玉菌を含めた腸内フローラを整えることが腸内環境の改善につながるでしょう。

1-3.腸の動きと腸内細菌の関係

腸は、ぜん動運動を行って内容物を先へ先へと送りだします。
腸が動いている感覚を一度も覚えたことがないという方はいないでしょう。
この腸のぜん動運動が鈍くなると腸内環境が悪化しやすくなるのです。
腸のぜん動運動は運動不足や筋力の低下、さらに食べたものによっても悪くなります。
ですから、食べ物だけでなく運動によっても腸内環境は改善できるのです。