便秘薬の副作用

便秘薬の副作用はどんな症状?知っておきたい下剤の副作用について

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

便秘が長く続けば続くほどつらいですよね。早く便秘を解消したいからと便秘の薬を飲む人は多いでしょう。しかし、便秘薬の種類には副作用が強いものがあります。きちんと副作用について把握しておかなければ身体に大きな負担がかかるでしょう。そこで、これから便秘薬の基礎知識や副作用について詳しく説明します。

  1. 便秘薬の基礎知識
  2. 副作用が出る便秘薬の飲み方
  3. 薬の種類別の怖い副作用その1
  4. 薬の種類別の怖い副作用その2
  5. 薬の種類別の怖い副作用その3
  6. 薬の種類別の怖い副作用その4
  7. 副作用の少ない便秘薬とは
  8. 便秘薬副作用にかんしてよくある質問

この記事を読むことで便秘薬の副作用について正しい知識を身につけることができます。


1.便秘薬の基礎知識

便秘の解消法としては便秘薬が一般的です。しかし、便秘薬を効率的に使うには基礎知識を身につける必要があります。そこで、便秘薬・下剤の種類と効果について説明していきましょう。

1‐1.便秘薬の種類と効能メカニズム

便秘薬には整腸剤・下剤・マグネシウムなどさまざまな種類があります。種類によって効能メカニズムが異なるため、1つずつチェックしておかなければなりません。身体に負担をかけず便秘薬を使用するには、便秘の種類に合った便秘薬を選ぶことが大切ですよ。

1‐2.整腸剤

おなかの調子が悪いとき整腸剤を飲む人は多いでしょう。整腸剤は漢字を見ればわかるように、腸を整えるための薬です。おなかのくだりを直接止める働きはありません。腸内を整えることでおなかの働きを正常に戻します。つまり、下痢や便秘になりにくい環境を整えてくれるのです。便秘を根本的な原因から改善したい人は、整腸剤が最適な便秘薬になるでしょう。

1‐3.下剤

腸内にたまっている便をやわらかくする薬が下剤です。下剤は排便をうながす効果、腸内にある異物を取りのぞく効果があります。また、下剤の種類は主に粘滑性・膨張性・塩類性・刺激性・浸潤性の5つです。下剤の効果は即効性があるからとダイエットとして服用する人が増えています。

1‐4.マグネシウム

マグネシウムは市販の便秘薬に多く含まれている成分です。よって、便秘薬のカテゴリーにはマグネシウム系便秘薬というものがあります。マグネシウムは便秘薬の中でも副作用が少ない点がメリットです。排便に必要なぜん動運動を高め、便秘に必要な水分を与えてくれます。自然に排便のシステムを整えてくれる成分です。

1‐5.その他

便秘薬として使われているのはほかにもたくさんあります。たとえば、サプリメントと漢方薬です。サプリメントは副作用が少なく、栄養不足になりがちな生活を補ってくれます。そして、推奨する病院が増えてきた漢方薬は、根本的な便秘の原因が解消できるものです。体質改善を目的としているため、便秘になりにくい身体づくりができるでしょう。