牛乳の便秘解消効果を知りたい方必見!3つのポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加

「もう何日も出ていないよ…」
こんな辛い便秘に悩まされている人は多いですよね。あなたも辛い便秘に悩まされていませんか?
そんな辛い便秘解消に牛乳が役立つことがあります。牛乳を飲むとお腹がゆるくなる人は多いですよね。つまり牛乳に含まれている成分が腸の働きを良くしているのです。
あなたも便秘解消のために牛乳を飲んでみたいと思っていますか?
もしそうなら、牛乳の具体的な便秘解消効果について知りたいと思うことでしょう。
そこで本日は、牛乳の便秘解消効果について3つのポイントをご紹介致しましょう。牛乳による便秘解消効果に興味のある方は是非参考にしてみてください。


ポイントその1:牛乳その物に含まれる成分が便秘解消に役立つ

牛乳にはオリゴ糖や乳糖がたくさん含まれていますが、これらの成分には腸内細菌の働きを整える作用があります。
オリゴ糖や乳糖によって腸内細菌の働きが良くなると腸の動きが活発になるため、腸内に溜まった便を排出しやすくなりますよ。ですから牛乳は便秘解消に役立つのです。
便秘解消には冷たい牛乳を飲むのがオススメですよ。

ポイントその2:腸が過度に反応する場合は温かい牛乳がオススメ

牛乳を飲むと過度に便が柔らかくなる・便秘解消を通り越して下痢気味になるという人もいます。その場合、冷やした牛乳を飲み続けるのは良くありません。
牛乳を飲むと下痢になる場合は牛乳を少し温めてから飲むようにしましょう。そうすると下痢にならずに便秘を解消できます。
牛乳を温めて飲むとトリプトファンと呼ばれる成分を取り入れることができますが、この成分は安眠促進に役立ちます。安眠できると自律神経を整えることができるので便秘解消に繋がるでしょう。

ポイントその3:牛乳に別の食品を加えるとダブル効果が期待できます!

牛乳を飲むだけでも便秘解消に効果的ですが、牛乳に別の食品を加えて飲むのもオススメですよ。少し具体例を挙げてみましょう。

きなこ

きなこには水溶性食物繊維と不溶性食物繊維が含まれています。この食物繊維は便秘を解消するために非常に効果的ですが、牛乳には含まれていません。きなこを牛乳に入れて飲むと牛乳ときなこのダブル効果で便秘解消することができますよ。

バナナ

バナナにはビタミンB6が含まれていますが、このビタミンB6は牛乳に含まれるトリプトファンと結合してセロトニンという物質を形成します。セロトニンがしっかり出ると夜よく眠れるようになって自律神経を整えることができますよ。その結果便秘解消に繋がることでしょう。

いかがでしたか?

この記事では牛乳の便秘解消効果について3つのポイントをご紹介致しました。

  • ポイントその1:牛乳に含まれる成分が便秘解消に役立つ
  • ポイントその2:腸が過度に反応する場合は温かい牛乳がオススメ
  • ポイントその3:牛乳に別の食品を加えると効果倍増です!

牛乳は便秘解消にとても効果的です。そしてその牛乳に便秘解消効果の高い食品を加えて飲むとダブル効果を期待できますよ。辛い便秘に悩まされているなら是非参考にしてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加