便秘で太る理由はこれ!便秘を改善して体重を減らす秘密を伝授!

このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘は、太る原因になります。便秘を改善することは、体重を減らしてスリムな体を手に入れる良い方法となるでしょう。今回は、便秘で悩んでいる人や太ることを気にしている人のために、便秘を改善して体重を減らす秘密を伝授します。

  1. 便秘で太るって本当?
  2. 便秘と基礎代謝・新陳代謝の関係を学ぼう
  3. 慢性便秘の改善法を考えよう
  4. 腸内環境の改善方法を学ぼう
  5. 腸のぜん動を促進する方法を伝授!
  6. 便秘で太ることや体重が増えることにかんする質問を集めました!

便秘を改善することは、体重を減らすだけでなく健康にもとても良いことです。早速便秘を改善して、健康で美しい体を手に入れましょう。今後は、便秘で太ったり体重が増えたりすることを、気にすることも無くなりますよ。


1.便秘で太るって本当?

便秘になると太るのは、本当なのでしょうか。実際に、便秘になると太るのかさまざまな角度から見ていくことにしましょう。

1-1.便の重さについて知ろう

私たちは、毎日どのくらいの便を出しているのでしょうか。便の重さについては、子どもか成人でも違いますし男女別でも異なります。成人の場合、男性で平均1日100グラムから300グラム程度となるでしょう。女性は、男性よりも食事量が少なくなる分だけ便も少なくなることが多いです。便の重さは、食事量や水分摂取量によっても変化するでしょう。便秘の人は、排便があった日でも50グラム程度になることもあります。

1-2.宿便の重さについて

では、腸内にはどのくらいの便が残っているのでしょうか。腸内に残っている便は、いわゆる宿便と呼んでいます。宿便の重さは、普段から快便である人と便秘がちな人では大きく異なってくるでしょう。快便の人でも、まったく宿便が無い人はいないものです。快便の人で、0.5キログラムから1キログラム程度の宿便はあると考えておいた方が良いでしょう。また、便秘がちの人は宿便の重さが3キログラムから5キログラムになることも多いです。本当にひどい便秘になると、10キロ近くもの便が腸内に溜(た)まることもあるほど。まずは、宿便をできるだけ体外に出してしまうことが大切と言えます。

1-3.便秘で太ることの科学的根拠とは

では、どうして便秘で太るのかについてお話をします。便秘で太ることに、科学的根拠があるのでしょうか。まず、便秘になると体内で便や老廃物が滞留することになります。腸内には、本来排出するはずだった便や老廃物がこびり付いていることでしょう。すると、必要な栄養素の消化吸収を妨害することになります。体内では、エネルギー代謝が上手(じょうず)にできなくなるでしょう。すると、消費カロリーが減って余分なカロリーが脂肪として蓄積することになって太るのです。太らないためには、便秘を解消して腸内をキレイに維持することが大切であることが科学的にも真実なのだと覚えておきましょう。

2.便秘と基礎代謝・新陳代謝の関係を学ぼう

便秘と基礎代謝・新陳代謝の関係を、学ぶことにしましょう。便秘になると、基礎代謝や新陳代謝にどのような影響があるのかしっかり覚えてください。

2-1.便秘で太るメカニズムとは

便秘で太るメカニズムを、解説します。便秘になるとどうして太るのかについては、以下のサイクルを参考にしてください。

  1. 便秘になって腸内に便が溜(た)まる
  2. お腹(なか)が張って食欲が無くなる
  3. 体内のエネルギー代謝に必要な栄養が不足する
  4. 上手(じょうず)に代謝できなかった栄養が脂肪となって体に付く

腸内がキレイな状態なら、栄養もしっかり吸収できてエネルギー代謝も活発に行うことができます。しかし、腸内が便秘で汚れている状態では、エネルギー代謝が停滞するために体に脂肪となって付きやすくなるでしょう。体重を落とすためには、適切な食事制限と同様に便秘を改善することが先決なのです。

2-2.便秘は腸の機能低下につながる

便秘になると、腸の機能低下につながることを頭に入れておきましょう。腸が活発に働くためには、腸壁がいつもキレイになっていることが大前提です。しかし、便が腸壁にこびり付いていることで、腸の機能を果たすことができなくなってしまうでしょう。腸は、健康の基本です。便秘は、腸の機能低下を招いて不健康の原因となるでしょう。

2-3.便秘は消化機能の低下の原因にもなる

毎日便が問題無く出ている人は、消化吸収もスムーズでしょう。しかし、便秘だと消化吸収を妨害するので体内に栄養を取り込むことができません。さらに、腸のぜん動運動が鈍(にぶ)くなることでしょう。便秘になると、栄養を吸収して老廃物を排出するという本来の機能が低下してしまうことは否定できません。

2-4.皮下脂肪や内臓脂肪が付きやすくなる原因にもなる

便秘になると、腸が本来の働きをしなくなります。正常な状態なら、食べたものをスムーズに消化してエネルギーに転換するため問題がありません。しかし、便秘の状態では腸の消化機能が働かないために、エネルギー転換率が下がって皮下脂肪や内臓脂肪が付きやすくなるのです。便秘で太るのは、腸の機能を妨害するからだと覚えておきましょう。

3.慢性便秘の改善法を考えよう

慢性便秘になっている人も、何とかして改善しましょう。しつこい慢性便秘にも、必ず改善方法はありますよ。

3-1.便秘解消はゆるやかなダイエットになる

便秘解消は、ゆるやかなダイエットになります。便秘ではない状態の腸は、腸壁もキレイで食べ物の消化吸収もスムーズに行うことでしょう。食べ物が含んでいる栄養も、体の末端にまで行き渡りやすくなります。すると、効率よくエネルギー転換するために新陳代謝が活発になるでしょう。新陳代謝が活発な体は、消費カロリーも高いものです。消費カロリーが高い体になると、余分な脂肪をどんどん燃やすことができるようになるでしょう。つまり、便秘解消を実現して腸をキレイにすることが、ゆるやかなダイエットと同じことなのです。

3-2.便秘解消に大切な2つのポイントを理解しよう

さて、便秘解消には「腸内環境を改善すること」と「腸のぜん動運動を促進すること」の2つのポイントがあります。それぞれについて、説明をしましょう。

3-2-1.腸内環境を改善すること

便秘を解消するには、まず、腸内環境を改善することが大切でしょう。便は、腸で栄養や水分を吸収した後の残りカスとなります。善玉菌が多くて腸内環境が良い場合は、ほぼ毎日排便があって体外に出ていくことでしょう。しかし、悪玉菌が活発に働いている場合は、質の悪い便となりガスも大量に発生してしまいます。腸内の善玉菌を増やして、良い便を作ってスムーズに排出することを心掛けましょう。

3-2-2.腸のぜん動を促進すること

腸内環境を整えて良い便を作ることも、重要です。しかし、腸のぜん動を促進することも忘れないようにしましょう。便は、腸がぜん動を行うことによって体外に押し出します。ぜん動が弱いと、上手(じょうず)に便を押し出すことができないでしょう。腸のぜん動が活発になるように、気を付けてください。

4.腸内環境の改善方法を学ぼう

ここでは、腸内環境の改善方法を学ぶことにしましょう。便秘で太ることを阻止するためにも、腸内環境の改善は重要なことですよ。

4-1.腸内環境とは

腸内環境とは、腸内に存在する細菌や老廃物の状況を言います。健康な腸は、善玉菌が多く存在することと老廃物が少ないことが特徴と言えるでしょう。しかし、不健康な腸内環境では、悪玉菌が多く存在することで必要以上に便が腐敗し大量のガスが発生しています。善玉菌を増やして腸内環境を整えることが、便秘解消のためにも重要でしょう。

4-2.腸内細菌を増やす食べ物には何があるか

さて、腸内細菌を増やす食べ物としては何があるのでしょうか。まずは、ヨーグルトや納豆などの発酵食品ですね。ヨーグルトや納豆には、腸内で活躍が期待できる多くの善玉菌が存在しているでしょう。普段から多めに発酵食品を摂(と)ることが、ポイントとなります。また、腸内細菌を育てるには食物繊維を摂(と)ることも大切でしょう。食物繊維は、善玉菌が増えるときのエサとなりますからね。そのほか、ミネラル類なども適度に摂(と)ることで腸内細菌が増えて理想的な腸内環境に近づくことができるでしょう。また、プルーンもオリゴ糖によって腸内細菌を増やす効果があることを覚えておいてください。

4-3.腸内細菌を増やす生活習慣

腸内細菌を増やす生活習慣は、発酵食品や食物繊維を多めに摂(と)る食生活を送ることのほかにも、まだあります。腸は日中は、消化吸収のために忙しく活動していることでしょう。しかし、24時間ずっと働いてはいません。就寝中は、腸も消化吸収活動を止めて休んでいるのです。良質な睡眠を取ることは、腸が休息している時間に腸内細菌を育てやすくするでしょう。また、お腹(なか)を温めて冷やさないように心掛けることも大切ですよ。

4-4.腸内細菌に悪影響・NGな行動

反対に、腸内細菌に悪影響を与えたりNGだったりする行動には何があるでしょうか。まず、腸内細菌は強い薬で死滅してしまうことが多いです。何らかの病気で治療のために薬を飲んでいる人は、主治医に確認してみると良いでしょう。また、糖質や脂質の多い食生活を続けることは、腸内細菌の中でも悪玉菌を増やしてしまう原因となります。腸内細菌でも善玉菌だけを増やすようにするには、糖質や脂質だけでなく野菜やフルーツ・発酵食品なども意識して食べてください。不規則な生活による睡眠不足や、大きなストレスも腸内細菌のバランスを悪くするので気を付けましょう。

5.腸のぜん動を促進する方法を伝授!

腸のぜん動を促進することで、便秘を解消することができます。ここでは、腸のぜん動の基礎知識や鈍(にぶ)くなる原因、ぜん動を促進する方法を学びましょう。

5-1.腸のぜん動とは何か

まず、腸のぜん動とは何かということを理解する必要があるでしょう。ぜん動とは、ものを送り出そうとする動きのことを言います。腸のぜん動とは、内容物を肛門(こうもん)まで押し出す運動のこと、つまり、排便を促進すること。腸は便が溜(た)まったとき、自然にぜん動が起きて排便をするように働くでしょう。しかし、何らかの原因でぜん動が鈍(にぶ)くなることで便秘となってしまうのです。

5-2.腸のぜん動が鈍(にぶ)ってしまう原因

腸のぜん動が鈍(にぶ)ってしまう原因も、いくつか考えることができるでしょう。まずは、運動不足ですね。運動不足は、腸の働きも弱くしてしまうでしょう。また、腸の限界以上に食べたり飲んだりすることもいけません。加齢も、腸のぜん動が弱くなる原因と言えるでしょう。さらに、薬の副作用でぜん動が弱くなることもあります。薬の副作用でぜん動が弱くなっている場合は、薬の種類を変えてもらったり弱くしたりすることはできないか主治医に相談してください。

5-3.ぜん動を促進する方法を紹介!

それでは、ぜん動を促進する方法を具体的に紹介しましょう。ぜん動を促進する補法は、いずれも簡単なものなのでぜひやってみてくださいね。

5-3-1.ぜん動を促進する運動

腸のぜん動を促進する運動を、ご紹介します。やり方は、以下を見てくださいね。

  1. ベッドなどにあお向けに寝る
  2. 寝たままで軽く足を開く
  3. 息を吐きながら右足の膝(ひざ)を曲げて両手で抱える
  4. 息を吸いながら元に戻す
  5. 左足も同様に行う
  6. 両足を1セットとして10回程度行う

膝を抱える運動は、腸を適度に刺激することになります。運動を行っているときに、便意を感じる人もいるでしょう。ひどい便秘の人は、コツコツ続けることでだんだんと効果を感じることができますよ。また、腹筋運動を行ったり腹式呼吸を行ったりすることも腸のぜん動を促進する運動として覚えておいてください。

5-3-2.ぜん動を促進するマッサージ

運動が苦手な人でも、気軽に行うことができるのがマッサージです。腸のぜん動がスムーズになるマッサージ方法は、以下を参考にしてください。

  1. ベッドなどにあお向けに寝る
  2. お腹(なか)を手のひらで温める
  3. お腹(なか)が温まった後に両手で「の」の字を描くようにマッサージをする
  4. 1セットに付き20回程度行う

ぜん動を促進するためのマッサージは、やや強めを意識してください。内臓が、適度に刺激を受ける程度に行いましょう。

5-3-3.ぜん動を促進する生活習慣

腸が正常にぜん動を行うようになるには、生活習慣の改善も必要です。特に、睡眠時間の質と量を確保するようにしてください。便秘の人の多くは、良質な睡眠ができていません。腸も、消化吸収作業から解放する時間が必要なのです。また、食生活も炭水化物や脂肪が多めになっていたり不規則になっていたりすることでしょう。食生活の乱れは、便秘の大きな原因となります。早寝早起きやきちんとした食事などで生活習慣をきちんと整えることは、正常のぜん動を取り戻すためにとても効果的ですよ。

5-3-4.ぜん動を促進するサプリメント

サプリメントの中にも、腸のぜん動運動を促進するものもあります。ただし、サプリメントは薬ではありません。即効性を期待するのではなく、おだやかに便秘を解消できるものと考えてください。なお、運動やマッサージなどと併用することで、効果も倍増するでしょう。下記におすすめのサプリメントをご紹介するので、チェックしてみてくださいね。

複方熊胆円

6.便秘で太ることや体重が増えることにかんする質問を集めました!

便秘で太ることや体重が増えることにかんして、よくある質問を集めてみました。ほかの皆さんがどんな点に悩んでいるのか、確認しておきましょう。

6-1.便秘を改善した後は好きなものを食べて良いですか?

便秘を改善した後は、もちろん好きなものを食べて構いません。お腹(なか)がスッキリすることは、食欲増進にもなりますからね。しかし、便秘の改善を理由にして食べ過ぎることは、確実に太ることになるでしょう。太りたくない人は、便秘を改善した後も適切な食事量を守ってくださいね。

6-2.便秘で太る体質は親から子へ遺伝するのですか?

たとえば、腸の形に特徴があるなど体質として便秘になりやすい人はいます。親から子どもへ、便秘になりやすい体質を受け継ぐこともあると考えて良いでしょう。しかし、便秘で太る体質を受け継いでいても、毎日の生活で十分にコントロールすることは可能です。普段から生活習慣や食生活などに気を配ることで、便秘に悩まないようにしましょう。

6-3.便秘を改善するとむくみが無くなるのはなぜですか?

便秘を改善すると、むくみも同時に改善してスッキリするはずです。理由は、腸内に溜(た)まっていた便が無くなることで消化吸収がスムーズになるからでしょう。便秘の状態では、水分の排出も上手(じょうず)にできないことが多いのです。また、便が腸内で水分を吸収してしまうため、体重も余計に増えてしまうでしょう。便秘を解消することは、老廃物ともに余分な水分も排出することになります。さらに、体内水分量を適正に維持しやすくなることでむくみが無くなるのだと覚えておきましょう。

6-4.便秘を改善したのに痩(や)せないのはどうしてですか?

便秘で太ることを悩んでいる場合は、便秘を解消するとスマートになるものです。しかし、中には便秘を改善しても痩(や)せない人もいるでしょう。便秘が改善しても痩(や)せなかったり太ったりする人は、食べる量が多いか運動不足かのいずれかです。結局は、摂取カロリーの方が消費カロリーより多いから太ることを認識してください。1日に何をどのくらい食べているのか記録をして、適正範囲内のカロリー摂取に戻しましょう。

6-5.便秘薬を飲んだ方が早く便秘解消できるのではないですか?

確かに、便秘薬は薬の力で強制的に便秘を解消する効果があります。本当にひどい便秘で悩んでいる人には、便秘薬を飲むこともひとつの方法となるでしょう。しかし、便秘薬は常習性があります。同じ便秘薬を飲み続けていくうちに、効果が出なくなることがリスクとなるでしょう。便秘薬を飲むことだけで便秘を解消するのではなく、さまざまな方法と組み合わせて利用することをおすすめします。

まとめ

便秘で太ることを気にしている人は、便秘を解消することが最も良い方法であるのは確かです。自分が便秘になってしまっている原因を考えて、しっかり対策をしましょう。便秘の改善には、腸内環境の改善が必ず必要になります。腸内環境を改善することは、便秘解消だけでなく皆さんにとってさまざまなメリットをもたらすことでしょう。便秘を解消して太る原因を無くすことは、スリムな体だけでなく健康を手に入れることにもなります。体重の増減を気にしなくても、よくなるでしょう。記事を参考にして、便秘改善に努力してくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加