生理前の便秘でもう悩まない!便秘解消に効果が抜群の方法を伝授!

このエントリーをはてなブックマークに追加

「普段は快便なのに生理前だけ便秘になる」「生理前の便秘のせいで仕事にも支障が出る」など、生理前の便秘に悩んでいる女性はたくさんいます。そこで、今回は生理前の便秘についてあらゆる解消法を解説することにしましょう。いずれの方法も、簡単で効果が抜群なので参考にしてくださいね。

  1. 便秘とはどんな状態なの?
  2. 便秘と生理の関係を理解しよう
  3. 生理前の便秘の解消法をとことんご紹介!
  4. 生理前の便秘や便秘解消法についてよくある質問に回答!

生理前の便秘を解消するためには、便秘や生理の仕組みについても基本から学ぶことが大切です。ご紹介する便秘解消法をより効果的にするためにも、じっくり取り組んでいきましょう。生理前の便秘で悩みたくない人は、ご覧ください。


1.便秘とはどんな状態なの?

まず、便秘とはどんな状態なのか基本を学びましょう。知っているつもりでも、案外知らないこともあることでしょう。

1-1.便秘の定義を確認しよう

便が何日出ないと、便秘と言うのでしょうか。便秘とは、定期的に排便が無いことと便の出が悪いことが条件となります。実は、便秘に明確な定義はありません。しかし、一般的には便秘の目安としては3日間以上排便が無いときと考えて良いでしょう。なお、毎日排便がある人でも出しきった感じがしなかったり量が少な過ぎたりする場合も、便秘の可能性があります。

1-2.便秘の主な原因は何?

便秘の主な原因としては、以下のようなことがあります。

  • 運動不足
  • 水分不足
  • 偏った食生活
  • 不規則な生活
  • 薬の副作用
  • ストレス
  • 加齢による筋力の低下
  • ホルモンバランスの乱れ
  • そのほかの病気の症状として

このほかにも、内臓の病気の症状として便秘になることがあります。便秘の原因は、人それぞれなので自分がなぜ便秘になったのかをきちんと把握することが大切でしょう。

1-3.便秘になりやすい人や性別を考えよう

便秘になりやすい人や、性別について考えてみましょう。自分が便秘になりやすいと判明した場合は、便秘にならないように生活習慣を改善することも考えてくださいね

1-3-1.便秘になりやすい人とは

便秘になりやすい人は、毎日を忙しく過ごしている人と言えるでしょう。毎日が忙しいことは、不規則な生活になったり大きなストレスを抱えたりすることになります。不規則な生活や大きなストレスは、食生活が偏ったり運動不足につながったりするでしょう。また、高齢者も便秘になりやすいです。高齢になると、便を出すための筋力が衰えたり食事や水分を摂取する量が少なくなったりするでしょう。

1-3-2.便秘になりやすい性別

男性と女性を比べるとき、女性の方が便秘になりやすいと言えるでしょう、ホルモンバランスの影響で女性の方が便秘になりやすいのも事実です。食事量や運動量・筋力の面でも、女性の方が便秘になりやすいと言えるでしょう。また、外出先で便意が起きたときに排便を恥ずかしがる人も女性に多く見ることができます。便意が起きても排便を我慢することは、便秘を助長するだけになってしまうでしょう。

2.便秘と生理の関係を理解しよう

ここでは、便秘と生理の関係を理解しましょう。便秘と生理にはどんな関係があるのか理解することで、対策もしやすくなりますよ。

2-1.生理やPMSについて学ぼう

では、次に生理やPMSについて学びましょう。女性として、生理は長い間付き合っていくことになるものです。生理に付きものであるPMSについても、しっかり理解しましょう。

2-1-1.生理について基本をおさらいしよう

生理とは、子宮内膜から毎月起こる出血のこと。成熟した女性の体は、ほぼ毎月1回のペースで卵巣から排卵があります。排卵後は、子宮内で精子の到着を待つことになるでしょう。しかし、子宮内で精子と出会って受精しなかった卵子はそのまま体外に排出することになります。このとき、子宮内に増殖していた内膜も同時にはがれることになるでしょう。すると、出血が起きるのです。生理周期にかんしては、おおよそ25日から35日と覚えておくと良いでしょう。

2-1-2.PMSとは何?月経前症候群を解説

PMSとは、月経前症候群のことを言います。女性の中には、生理前になると普段と違ってイライラしたり体調不良になったりするなど、心身のさまざまな変化に悩む人も多いでしょう。PMSは、生理前になるとホルモンバランスが大きく変化することが原因です。PMSの症状のひとつとして、便秘になる人もいるでしょう。女性にとって、生理と便秘は深い関係があるのです。

2-2.生理前に便秘になりがちな原因は?

生理前に便秘になりがちな原因は、ホルモンバランスが変化することが主になります。生理前になると、女性ホルモンのひとつであるプロゲステロンの影響が強くなるでしょう。実は、プロゲステロンは大腸の働きを弱める性質があるのです。大腸の働きが弱くなることで、便が腸内に溜(た)まってしまうでしょう。さらに、腸内で便の水分を再吸収してしまうことで硬くなってしまいます。水分を失って硬くなった便では、スムーズな排便も難しくなるでしょう。なお、生理が始まるとプロゲステロンの影響は弱くなるので便秘も解消します。

2-3.生理前の便秘の主な症状や困ること

生理前の便秘で症状や、困ることについて考えてみましょう。実際に、生理前の便秘では、どんな症状が出てどんな影響があるのか確認していきます。

2-3-1.生理前の便秘の主な症状

生理前の便秘で見ることができる主な症状は、以下のようなものです。

  • お腹(なか)が張って辛(つら)い
  • 体が重く感じる
  • お腹(なか)がポッコリと出て見栄えが悪い
  • ガスが多く出てしまう
  • 体がむくみやすくなる
  • 肌荒れがひどくなる
  • 精神的なイライラが高まる

症状は、普段の便秘と同様のものが多いです。生理前の便秘で独特な症状としては、体がむくみやすくなったり精神的なイライラが高まったりする点でしょう。いずれも、女性ホルモンのひとつであるプロゲステロンの影響ですね。

2-3-2.生理前の便秘で困ること

生理前の便秘は、そのほかのPMSの症状と同時に発症するととても辛(つら)いものです。便秘中に、特に理由も無くイライラする人もいるでしょう。仕事や家事が手に付かないほどになることは、大きな支障となります。本人以外には、生理前の便秘の辛(つら)さがなかなか伝わらないのもストレスの原因となるでしょうね。ストレスが溜(た)まることは、さらに便秘をひどくすることになるのも困った点です。

3.生理前の便秘の解消法をとことんご紹介!

それでは、生理前の便秘の解消法をあらゆる方向からご紹介しましょう。最初から全部手を付ける必要は、ありません。自分ができるものから、やってみてくださいね。

3-1.運動で便秘を解消する

便秘の大きな原因のひとつに、運動不足があります。つまり、運動不足を解消することで便秘も自然と解消すると言えるでしょう。運動を行うことは、全身の血行を促進して内臓の活動を活発にするため、便秘解消に良いのです。さらに効果を上げるためには、腹筋を鍛(きた)えることを意識するようにしてください。たとえば、ジムに通うなどして腹筋を鍛(きた)えるエクササイズを行うことが効果的と言えるでしょう。また、ウォーキングも意外と腹筋を使うものです。無理の無い程度に運動を続けて、便秘解消につなげてください。

3-2.食事で便秘を解消する

便秘を解消するために、食事の内容を改善する方法も検討しましょう。便秘の人は、特に糖質と脂質が多過ぎる傾向があります。反対に、食物繊維やそのほかの栄養が不足していることが特徴と言えるでしょう。まずは、良い便を作るためにも野菜や果物などを積極的に食べて食物繊維をたっぷり摂(と)りましょう。また、ヨーグルトや納豆などの発酵食品も、腸内の善玉菌を増やすために有効です。さらに、プルーンなどでオリゴ糖を摂(と)るようにするとより効果的でしょう。便秘改善のためには、腸内環境をよくする食品を摂(と)ることを心掛けてください。

3-3.水分摂取で便秘を解消する

便秘の人は、体内に水分が不足していることが多いでしょう。体内に水分が不足している状態では、便が石のように硬くなってしまいます。スムーズに排便をするためにも、適度な水分摂取がカギとなるでしょう。また、水分を多く摂(と)ることは、腸のぜん動を促進することになるので効果的です。水分摂取量が少ないことに自覚がある人は、こまめに水分補給をしてください。

3-4.生活習慣を改めて便秘を解消する

規則正しい生活を送ることは、便秘解消にとても効果的です。特に理由も無く夜ふかしをしている人は、本日から早寝早起きができるように生活を変えていきましょう。たとえば、意識して早く寝ることで十分な睡眠を確保できます。十分な睡眠は、内臓に休息を与えることができるでしょう。朝起きたときに便意を感じやすくなるために、早寝早起きと十分な睡眠を心掛けて規則正しい生活を送ってください。

3-5.生理前の便秘に効果のあるツボやマッサージを試す

生理前のデリケートな時期は、ツボを押したりマッサージをしたりする便秘解消法もおすすめです。便秘解消に効果があるツボやマッサージについて、それぞれご紹介しますのでご覧くださいね。

3-5-1.便秘解消に効果のあるツボ

便秘解消に効果のあるツボを、3つご紹介しましょう。いずれも、手や足にあるツボなので押しやすいことも特徴です。ツボ押しは、手が空(あ)いたときにこまめに行うと効果が高まることでしょう。

  • 合谷(ごうこく):親指と人差し指の付け根にあるツボ
  • 神門(しんもん):手首の内側の関節近くにあるツボ
  • 三陰交(さんいんこう):内側のくるぶしから指3本分上側にあるツボ

便秘解消のためのツボ押しは、いつでもどこでもできる点がメリットです。しかし、アザができるぐらいに強く押すことはやり過ぎと言えるでしょう。気持ちよい痛さを感じる程度に、抑えてくださいね。

3-5-2.便秘解消に効果のあるマッサージ

便秘解消のためには、マッサージも効果的です。リラックスした状態で行うことで、効果も倍増するでしょう。

  1. あお向けに寝る
  2. 両方の手のひらをお腹(なか)に当てる
  3. お腹(なか)を両方の手のひらでひらがなの「の」を描くようにマッサージする
  4. 20回程度繰り返す

お腹(なか)のマッサージは、腸に心地良い刺激が伝わる程度の強さで行いましょう。お腹(なか)を冷やさないためには、両手を温めてから行うことをおすすめします。

3-6.生理前の便秘解消に効果のある薬・サプリメント・漢方を試す

生理前の便秘解消には、薬・サプリメント・漢方も効果があるでしょう。それぞれの特徴を考えて、適切なものを選んで試してみてくださいね。

3-6-1.便秘解消に効果のある薬

便秘解消には、便秘薬を飲むことも考えましょう。何をやっても便秘が解消しないときもあります。10日以上便が出なかったりひどい腹痛を伴ったりする場合は、医師に相談して便秘薬を処方してもらいしょう。便秘薬にも、さまざまな種類があります。体質に合わないときは、副作用が出たり効きすぎたりして下痢などの症状に悩むことになるでしょう。便秘薬は、病院で処方してもらった方が好ましいです。なお、市販の便秘薬を購入するときは、薬剤師に相談してから購入すると良いでしょう。薬局やドラッグストアには、薬剤師がいるはずですから活用しましょう。

3-6-2.便秘解消に効果のあるサプリメント

便秘解消に効果があると謳(うた)っているサプリメントも、存在します。主に、整腸作用を期待できるものとなるでしょう。たとえば、乳酸菌やオリゴ糖など腸内の善玉菌を育てるタイプのものですね。ただし、サプリメントは健康食品の扱いなので期待をし過ぎてはいけません。しかし、長い目で見て便秘になりにくい体質に変えていくためにも上手(じょうず)に取り入れると良いでしょう。

3-6-3.便秘解消に効果のある漢方

便秘解消をおだやかに解消するためには、漢方を飲んでみるのも良い方法と言えるでしょう。ただし、漢方は一般の便秘薬のような即効性はありません。でも、漢方での便秘解消は、一般的な便秘薬よりも体にやさしい方法と言えます。便秘を改善したいけど薬には頼りたくないという人は、漢方を飲む良いでしょう。なお、便秘解消におすすめの漢方をひとつ紹介しておきますので参考にしてくださいね。

複方熊胆円(ふくほうゆうたんえん)

3-7.生理前の便秘解消で病院に行った方が良い場合

生理前の便秘解消は、自分でできることに越したことはありません。しかし、便秘と同時に以下のような症状を認める場合は、病院に行ってください。

  • 我慢できないほどのひどい腹痛を伴う
  • 吐き気を伴う
  • 腹痛と同時に頭痛やめまいを伴う
  • 生理ではない不正出血がある

生理前の便秘はいつものことだから、と甘く見てはいけません。実は、便秘の原因はほかの病気である可能性もあります。いつもの便秘の症状と比べて少しでも違和感を覚えたときは、早急に病院に行ってください。

3-8.生理前の便秘解消法でそのほかの方法

生理前の便秘解消法としては、そのほかにもアロマテラピーを行って精神的にリラックスすることもおすすめです。イライラすることは、大腸の働きを弱めることにつながるでしょう。アロマテラピーは、精神的にリラックスをする効果があるので便秘解消にも期待できます。精油の種類は、リラックス効果の高いものを選んでくださいね。また、お腹(なか)を冷やすことは便秘をひどくしてしまうでしょう。便秘を解消するためにも、お腹(なか)をカイロや入浴で温めることも試してみてくださいね。

4.生理前の便秘や便秘解消法についてよくある質問に回答!

ここでは、生理前の便秘や便秘解消法について皆さんからお聞きすることが多い内容について、回答していきます。多くの女性が悩む内容を、確認しておいてくださいね。

4-1.毎月決まって生理前に便秘なのですが一生続くのですか?

現在、生理前に必ず便秘になる人でも一生続くとは限りません。ホルモンバランスが変化したり何らかの対策で便秘が治ったりすることもあるでしょう。それに、毎月決まって生理前に便秘になる人は、前もって対策をしやすいとも言えます。生理前の便秘を不快に思う場合は、生理が始まる少し前から便秘解消のためにさまざまな方法を試してみると良いでしょう。

4-2.生理前は便秘なのに生理中は下痢になるのはどうしてですか?

生理前は便秘に悩む人が、生理が始まると下痢になることも多いでしょう。生理が始まった後は、プロスタグランディンというホルモンの分泌によって下痢になるのです。つまり、生理が始まって下痢になるのは、ホルモンバランスの変化が原因。生理前は便秘になる人も、生理中は便秘に悩むことが少ない理由も、同じだと言えるでしょう。生理中の下痢は、生理痛と重なるととても辛(つら)いものです。お腹(なか)を温めたりマッサージをしたりするなどして、対策をしてみてくださいね。

4-3.生理前の便秘体質は遺伝しますか?

生理前に便秘になるかどうかは、個人差が大きいとも言えます。生理前の便秘は、ホルモンバランスの変化によるものの場合、便秘になりやすい体質として親子で似ることもあるでしょう。しかし、必ずしも生理前に便秘になりやすい体質が遺伝するとは限りません。母親が便秘体質の場合でも、子どもはまったく便秘に悩まないこともあるでしょう。遺伝だから仕方が無いとあきらめるよりも、便秘になりやすい体質だと判明しているからこそ十分な対策をすれば問題無いのだと前向きに考えてください。

4-4.生理前に便秘薬や漢方薬を飲むことで悪影響はありませんか?

生理前に便秘薬を飲むことで、体に悪影響があるのではと不安になる人もいるでしょう。しかし、いずれの場合も用法・用量を守って飲むことで問題はありません。むしろ、便秘の不快感を我慢し続ける方が精神的に悪影響となるでしょう。特に、漢方薬での便秘解消は体質改善も考えているものです。漢方薬での便秘解消は、市販の便秘薬を使用するよりも長い目で見て体のために良いと言えるでしょう。

4-5.生理前の便秘は必ず腰痛を伴いますが病気なのでしょうか?

便秘になると、腹痛のほかにも腰痛の症状が出る人がいます。腸に溜(た)まった便の影響で、腰の神経に刺激を与えることが原因でしょう。普段から姿勢が悪い人は、特に腰痛が出やすいものです。さて、生理前の便秘で必ず腰痛を伴うと言うことですが、生理前だけなのか生理前以外の便秘でも起こるのかによっても違うでしょう。しかし、便秘のときに腰痛を伴って不快に感じる人は、整形外科を受診すると良いですよ。

まとめ

今回の記事では、生理前の便秘を解消するための方法をいろいろとご紹介しましたが、いかがでしょうか。生理前になると、女性は便秘で悩む人がとても多いです。生理前だけでなく普段から便秘がちな人は、より苦しいことでしょう。でも、でも、生理前の便秘で、適切な解消法を行うことで辛(つら)い症状をやわらげることは可能だ、と覚えておいてください。快適な毎日を送るためにも、ぜひ、今回の記事を参考にして生理前の便秘を解消しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加