便秘と便の臭いの関係

便秘と便の臭いの関係を徹底解説!ガスだまりの便秘を解消するコツ

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「便の臭いが気になる」「病気になっているのでは…」と、便秘の臭いに対して不安になる人は多いです。便の状態は私たちの体と大きく関係しています。では、便の臭いと便秘には一体どんな関係があるのでしょうか。これから、便秘と便の臭いやおならの臭いとの関係性、便秘と体臭・口臭、臭いの対処法など詳しく説明します。便秘と臭いの関連について知りたい方、便秘による臭いに悩んでいる方は必見です。

  1. 便秘と便の臭いについて
  2. 便とおならの臭いについて
  3. 便秘と体臭、口臭について
  4. 便秘による臭いの対処法
  5. 便秘にかんしてよくある質問

この記事を読めば、なぜ便秘のとき臭いが気になるのか、原因を突き止めることができます。そして、便秘による臭いの対処法がわかり快適な生活が送れるようになるでしょう。


1.便秘と便の臭いについて

人間は最低でも1日1回排便をしなければならないといわれています。排便の数が少なくなればなるほど便秘になりやすく、便の臭いもひどくなるものです。それでは、これから、便秘と便の臭いについて詳しく見ていきましょう。

1-1.便秘の定義

便秘の定義はハッキリと決まっていません。日本内科学会によると「便秘とは、3日以上排便がない状態、または毎日排便があっても残便感がある状態」を指しています。一方、日本消化器病学会では「排便が数日1回程度に減少して排便感覚不規則で便の水分含有量が低下している状態」が便秘の定義です。つまり、排便がない、排便があってもスッキリしていない状態が便秘になります。

1-2.便秘になったとき、便の状態について

便秘になったとき、ほとんどの人が硬い便になっているでしょう。便秘がちな人の便は水分がまったくないカチカチの便です。そのため、やっと排便できたとしても肛門(こうもん)が切れる、痔(じ)になることもよくあります。コロコロ便や硬い便が多くなれば便秘になっている証拠です。

1-3.便の臭い物質とは

健康状態の良い人の便は嫌な臭いがまったくありません。しかし、便秘が長く続けば続くほど、便の臭いが目立ち始めます。便から発生する臭いは一体何が原因になっているのでしょうか。便の臭い物質は「有害物質」です。私たちはいろんな食べものを口にします。便の中でたんぱく質が分解されることで物質が発生するのです。発生した物質の中に悪臭をもたらすアンモニアや硫化水素、インドールなどが混じっています。便が腸内に滞在すればするほど悪玉菌が増え、腐った食べ物の臭いが発生するのです。

1-4.臭いうんこは便秘のせい?

臭いうんこは腸内環境の悪化が原因です。つまり、便秘が長く続けば続くほど臭いうんこが出やすくなります。便秘になれば腸内にガスがたまると同時に、悪玉菌が増え始めるのです。腸内は悪玉菌による異臭と老廃物でいっぱいになります。慢性的な便秘につながり腸内を腐敗させる悪循環に陥るでしょう。臭いうんこと便秘は密接に関係しているのです。

1-5.健康な便の臭いとは?

健康な便には臭いがまったくありません。便にいい匂いはありませんが、健康な便=無臭になります。ちなみに、黄色い色をしていてバナナ状になっている便が理想的です。健康的な便は水分量が70%~80%と、便秘状態の便よりも水分が含まれています。

1-6.うんこの臭いで体調をチェックしよう

うんこの臭いで健康状態が判断できること、ご存じでしょうか。うんこの臭いはいわゆる「腸内の状態」です。うんこの臭いが無臭、または酸っぱさを感じる程度であれば腸内環境が良いと判断できます。しかし、うんこの臭いがきつい、悪臭を放っているようであれば腸内環境が悪化している証拠です。できるだけ、毎日うんこの臭いをチェックして状態を判別してくださいね。