曲げると膝が痛い!

【保存版】膝を曲げると痛い! 膝痛の原因と改善・予防方法を徹底解説

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

膝を曲げたときに痛みを感じることはありませんか? 曲げると痛む理由には、さまざまな原因が考えられます。膝は、腰に続いて体を支えている重要な場所です。膝痛を抱えることで歩行困難に陥ることもあり、放置しておくわけにはいきません。

とはいえ、膝痛の原因が思い当たらず、どうすればいいのかわからないという方も多いでしょう。そこで、今回は、膝を曲げると痛い原因や膝痛の症状について解説していきます。どのような状態で痛みが発生するのかで疾患が変わるため、自分に合った対処法や知識を身につけておきましょう。

  1. 膝の役割について
  2. 膝を曲げると痛みが出る原因は? 
  3. 部位別の症状・原因について
  4. 膝痛の原因となる病気は? 
  5. 曲げると膝が痛むときの対処法
  6. 膝痛予防のための生活習慣
  7. 膝痛に関するよくある質問
  8. まとめ

1.膝の役割について

痛みの原因を探るためには、膝の役割やどのようにして痛みが起こるのかを理解することが大切です。

1-1.膝はどのような役目を持っている? 

膝(しつ)関節は、人間の体で1番大きな関節です。曲げる・伸ばすを行う関節で、歩行をスムーズに行うために重要な役割を担っています。膝に痛みがあるだけで、姿勢が崩れて全身のバランスにも影響をおよぼす可能性もあるのです。

1-2.膝のメカニズム

膝は可動関節の1つで、関節と関節が重なり合って構成されています。膝にある膝蓋(しつがい)骨は三角形で、大腿(だいたい)骨と関節を支える機能を持っているのが特徴でしょう。骨と骨がつながっている状態です。柔軟に動くためには、関節の間にクッション材となる滑膜や関節包と呼ばれる組織が存在します。加齢や何らかの原因ですり減っていくとされているのです。

1-3.膝の関節に痛みが起こるメカニズム

膝(しつ)関節にケガを負った・損傷・変形・炎症が出た場合、痛みを感じやすくなります。腫れて痛むことも、水が溜(た)まることもあるでしょう。先天性の異常が原因で起こることもわかっています。加齢ともに起こる痛みは、変形によるもの。関節リウマチが原因で痛みを発症することもあるのです。