便秘解消のコツは腸内環境にアリ

腸と健康は密接に関係していた!便秘解消のコツは腸内環境にアリ!

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「便秘が長く続いて不安…」その気持ちよくわかります。便秘が長く続くとおなかが張り重たくなるでしょう。体調不良が続く・イライラしやすくなる・だるくなるなど体・精神面への悪影響も大きくなります。生活に支障が出る前に便秘を解消しなければなりません。便秘を解消するためにも、腸と健康の関係性・腸内細菌・腸内環境を悪くする原因・腸内環境の改善法など詳しく把握しておきましょう。

  1. 腸と健康について
  2. 腸が健康でない状態とは
  3. 腸内細菌について
  4. 腸内環境を悪くする原因は
  5. 腸の健康を取り戻す改善法
  6. 便秘・腸の健康にかんしてよくある質問

この記事を読むことで、腸を健康に保つことができ、便秘とは関係のない快適な生活が送れるようになるでしょう。


1.腸と健康について

便秘が長く続くと体・精神面へ悪影響が出るように、腸と健康は密接に関係しているものです。そこで、腸とは何なのか、腸のメカニズムや役割・重要性など詳しく見ていきましょう。

1-1.腸とは

消化器の1つである「腸」は細長い管状の臓器です。腸は主に「大腸」と「小腸」にわけられます。さらに、小腸は十二指腸・空腸・回腸、大腸は盲腸・結腸・直腸にわかれているのです。なんと、人間の中にある腸は全長7m~9mといわれています。そして、その3分の2が小腸でできているのです。

1-2.腸のメカニズム

私たちが食べものを食べた後、食べものは1番最初に胃で溶けます。そして、栄養や水分を吸収するのが腸です。また、消化された食べものは便となって腸内にたまります。たまった便は腸のぜん動運動によって体外へ排出される仕組みです。腸のぜん動運動が正常に働いているほど、腸内に便はたまることなく無駄な老廃物がスムーズに排出されます。

1-3.腸の役割・重要性

腸の役割は主に「消化」「免疫・防御」「解毒」の3つあります。体内に入った食べものは24時間かけて消化・吸収し排出されるのです。栄養素のほとんどは腸で吸収します。腸がうまく機能しなければ生きていくための栄養が摂取できません。そして、栄養を吸収できるからこそ、腸の免疫・防御機能が働きます。また、解毒機能があるのは肝臓ですが、肝臓の負担を減らしているのは腸です。腸の免疫機能が体外からの有害物質をブロックしています。

1-4.腸と免疫について

腸内にはおよそ1,000種類以上もの腸内細菌が存在しています。すみついている腸内細菌の中には強い免疫組織を持っている細菌がいるのです。腸内の免疫機能が働いていれば健康が維持でき、病気になることもありません。