便秘解消に役立つマッサージ方法

便秘に悩む方必見!便秘解消に役立つツボやマッサージ方法をご紹介

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

毎日排便はありますか?女性や妊婦に多い便秘は慢性化しやすく、溜(た)まった便は体調不良を起こす原因です。ゆえに、軽視しない・放置しないようにしなければなりません。
とはいえ、便秘解消法がわからないという方は多いものです。ツボやマッサージは効果がある?即効性がある方法を知りたい。便秘解消への疑問、とてもよくわかります。
今回は、便秘に効くツボ刺激の方法についてです。

  1. 便秘改善方法
  2. 便秘に効果があるツボは? 
  3. 便秘に効くお腹(なか)のツボ
  4. 便秘に効く手のツボ
  5. 便秘に効く足のツボ
  6. 便秘に効く全身のツボ
  7. ツボ刺激の注意点
  8. 便秘解消やツボ刺激でよくある質問
  9. まとめ

この記事を読むことで、正しいツボ刺激の方法を知ることができ、苦しい便秘解消につながります。ツボ刺激には注意すべきポイントもありますから、コツを知って行うことが重要です。


1.便秘改善方法

便秘になるのは、腹筋が弱い・腸内環境悪化・ストレスなどが関連しています。まずは、生活習慣の見直しから行っていきましょう。

1-1.腸のぜん動運動回復

腸のぜん動運動が正しく行われてこそ、排便がスムーズにできます。腹圧・腹筋の低下が原因で便秘になってしまうのです。腸のぜん動運動を促すためには、脳へ刺激を与えることがポイントになります。朝起きたとき、冷たい水を1杯飲んでみてください。睡眠中に失われた水分を補給でき、冷感が脳を刺激して排便したいという信号を送ってくれます。毎日習慣として行い、継続していくことが大切です。

1-2.腸の環境改善

現代人は食の欧米化により、食物繊維不足や糖分・脂質過多な食事になりがちです。排便には食物繊維は必要ですし、不足すると便秘になります。腸にガスが溜(た)まって膨満感となることもあるでしょう。
腸内環境が悪化した場合、悪玉菌が増殖してしつこい便秘を招きます。腸内環境を改善するため、野菜をしっかり食べて善玉菌の増殖につながるような食事を意識してください。ポイントは、野菜や海藻などの水溶性食物繊維と、根菜類や穀類などの不溶性食物繊維を同時に取ることです。

1-3.自律神経の乱れを正す

人の体はストレスに弱いものです。精神的に辛(つら)い症状が起こるだけではなく、疲労を感じやすくなるなど肉体的な症状としても現れます。自律神経の乱れにつながり、便秘がちになる方は多いのです。
自律神経は、交感神経と副交感神経が同じように働くバランスが大切で、バランスの崩れがさまざまな不調を引き起こします。日中は仕事で張り詰めた状態が続くなら、夜はリラックスして過ごしてください。ストレスは溜(た)めないことが大切です。
最も手軽にできる自律神経の乱れを正す方法は、規則正しい生活を送ることでしょう。睡眠は十分に取り、バランスのいい食事をしてください。

1-4.腹筋強化

腹筋が弱い人は、便を排出する力がないため、便秘に陥りやすいとされています。ゆえに、腹筋を強化するストレッチを取り入れてみましょう。脇腹や体側を伸ばすように、ゆっくりストレッチしてみてください。最初は無理のない範囲で行い、少しずつ可動域を広げていきます。
腹式呼吸の練習もおすすめです。歩くときにも、鼻から吸ってゆっくり吐き出すという仕草をしてみてください。下腹部に力が加わり、自然と腹筋が強化されていきます。