お腹が痛い時の対処法

お腹…腸が痛い!?乗り切るためにオススメな対処法

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

お腹というか腸が痛いような気がする。
内臓器官の痛みとなると、ただ事じゃないようで怖い。
そんな悩みを抱えていませんか?こんな症状に悩まされたときは、できれば病院に行くのが望ましいです。しかし、毎日忙しい日々を送っている人などは、なかなか病院に行く時間が取れないのも事実でしょう。ひとくちに腸の痛みと言っても、重篤なものもあればそうでないものもあります。ここでは、考えられる原因や腸のメカニズムなどのお話をしていきましょう。

  1. 腸のメカニズムについて
  2. 腸が痛い…病気の可能もあり得る?
  3. 腸が痛いときの治療法
  4. 自分でできる応急処置や対処法
  5. 腸が痛いことについて、よくある質問
  6. まとめ

腸の痛みにも、様々な原因が考えられます。考えられる原因によっては、必ずしも病院に行かなければならないというわけではないのです。中には適切な対処を行うことで、改善を期待できるケースもあります。腸が痛むという悩みから解放されるためにも、この記事でご紹介する情報を活用してくださいね。


1.腸のメカニズムについて

人間の体内にある器官として知られている、腸ですが、具体的にどんな器官なのか聞かれると頭を抱えてしまう人も多いでしょう。そこで、ここでは腸のメカニズムや役割など、腸についての基礎知識をご紹介します。

1-1.腸という器官について

まずは、腸という器官がどのようなものなのかを把握しておきましょう。腸は、次のような役割を担い、私たちの体をサポートしています。

  • 人間が生きていくために必要なエネルギーに変換するための栄養素を吸収している
  • 人間の体内にある器官の中でも、「第2の脳」と呼ばれるほど賢い
  • 幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」の生成をしている器官
  • 免疫機能を持ち、口などから侵入したウィルス・細菌から体を守っている
  • デトックスの働きも持つ器官である

1-2.大腸と小腸のはたらきとは?

腸には、大腸と呼ばれる部分と小腸と呼ばれる部分があります。名前が違うものの、具体的にどのような違いがあるのか知らない人も多いでしょう。結論から言うと、大腸小腸共に腸として備わっている働きは同じ部分が多いです。つまり、どちらも腸が持つ働きである「飲食物からの栄養素を吸収する」という役割を持っています。これだけでは、「結局どちらも同じもの」と思われてしまいますが、実は小腸には別の働きもあるのです。なんと、吸収作業以外に消化作業も行っています。特にこの働きが活発に行われているのが、小腸の入り口付近にある十二指腸です。ここでは、胆汁などを使って胃で消化された飲食物をより細かく消化しています。このように、小腸は吸収だけでなく、消化にも優れた器官と言えるのです。

一方、大腸は小腸よりも高い吸収力を持っています。体内に入った飲食物は胃と小腸で消化され、小腸で栄養素を吸収されて大腸へと流れていくのですが、大腸はこの流れてきた飲食物からさらに水分などを吸収しているのです。つまり、大腸は小腸よりも高い吸収力を持っている器官ということがわかりますね。

1-3.腸が痛むときのメカニズム

お腹、主に腸が痛いと感じるとき、どのようなメカニズムでその痛みが起こっているのか気になったことはありませんか?
ここでは、腸が痛む具体的なメカニズムについてご紹介します。

まず、痛みを伴うようになる前には腸が激しく動くのです。これは、次のようなことが原因となり、起こります。

  • 早食いや食べ過ぎ
  • 就寝する直前の食事
  • 誤って腐敗したものを食べる
  • 貝やキノコで起こる食中毒によるもの
  • ウィルスによる食中毒(ノロウィルス・O-157など)
  • お腹を冷やしすぎる
  • 過剰なアルコール摂取
  • 冷たい飲み物や食べ物を摂取しすぎる

これらが原因となって、腸が異常なほど過活動します。その結果、腸の筋肉が収縮し、同時に血管も収縮するのです。こうなると血流が低下するため、腸内が酸素不足に陥ります。すると、腸内に痛みを起こす物質が発生し、これが知覚神経を刺激することで痛みを感じるようになるのです。

1-4.腸の痛みと便秘…関連性は?

腸の痛みだけでなく、便秘の症状にも悩まされていませんか?
この場合は、以下3つの原因が考えられるでしょう。

  • 腸内に便やガスが溜(た)まって他の臓器などを圧迫している
  • 腸内にポリープができていたり、大腸がんがある
  • 腸のねじれが起こっている

まず、便秘になったとき、腸内には長く便が滞ります。その結果、便は腐敗して有毒なガスを発生させるのです。このガスが発生しすぎると、ガスによって腸内が圧迫され、腸が膨れることによる痛みだけでなく、他の臓器を圧迫するために痛みが起こります。また、このときに発生するガスは悪玉菌を増加させやすくするため、増加した悪玉菌によって腸内環境はどんどん乱れ、便秘や膨満感、お腹の痛みを常に抱えるような悪循環に陥るのです。

そして、恐ろしいのが2つめの腸内ポリープや大腸がんでしょう。両者とも、初期段階ではほとんど自覚症状がありません。しかし、大腸がんが進行してきたり、ポリープが大きくなってきたりすると血便や粘液便が出やすくなる他、腹部の不快感や腸の痛みを感じるようになるのです。少しでも早期発見するためにも、定期的な健康診断は忘れずに行いましょう。

3つめは何らかの要因によって、腸がねじれて起こります。この状態になると、便が通りにくくなったり、便が通れなくなったりするため、最悪の場合排便することさえできなくなってしまうでしょう。便秘の他に激しいお腹の痛みや吐き気を伴います。