腸内環境を改善する菌の種類

腸内細菌についてわかる6つの心得! 腸内環境を改善する菌の種類

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

近年、腸内環境を良好にすることが健康に直結するという考えが定着してきました。
腸内細菌に関心が持たれ、その種類が多岐にわたることを皆が認知しています。併せて、原因が生活習慣やストレス環境によることも知られているでしょう。
ですが、生活習慣をいますぐに激変させることは困難です。
だからこそ、発酵食品ブームが起こり、乳酸菌強化のドリンクやサプリなどの需要が高まっているのでしょう。少しでもよい腸内細菌を取り入れ、腸内環境を良好にたもとうと努めているのです。
しかし、一方でただ漫然と「健康にいいのだから」と認識している方も多いと思います。腸内細菌について正しく理解することは、より自分に効果的な方法で腸内環境を整えることができるということに気付いていないのです。
そこで、この記事では腸内細菌にまつわる事柄を一挙にまとめてみました。腸内環境を改善したい方も、ただ知りたいという方も、ぜひ最後までお付き合いください。

  1. 腸内細菌~基礎知識~
  2. 腸内細菌の構成とは?
  3. 腸内細菌~人間とのかかわり~
  4. 腸内細菌と病気とは?
  5. 腸内細菌~便秘との関係~
  6. 腸内細菌と健康について
  7. 腸内細菌にかかわるよくある質問
  8. まとめ

記事を読むことで「腸内細菌を増やす」ということが何を意味しているのか、真相が明らかになります。順を追ってみていきましょう。


1.腸内細菌~基礎知識~

腸内細菌とは一体なんなのでしょうか? 最初の項では基礎知識を押さえていきます。なぜ腸内細菌が重要視されているのか正しく理解しましょう。

1-1.腸内細菌とは?

人間はだれしも腸内細菌と共存関係にあります。互いに補い合うことで環境に適応し、生き永らえているのです。そのことを述べる前に、まずは腸内細菌について知っておいてください。
人間の体を構成する細胞は60兆個ほどといわれています。けれど、腸に生息している菌は細胞の数を上回る「100兆個以上」にのぼるとされ、重さに変えると1.5kgにもなるのです。
そして、当然ながら腸内細菌は生きています。
生きるためには栄養が必要であり、腸内細菌は人間の体内に住むことで養分を得ているのです。つまり、腸内細菌は宿主である人間に健康でいてもらう必要があります。
そのため、免疫機能の向上を始め、さまざまな「体調管理」に一役買っているのです。

1-2.働き

腸内細菌の「細菌」という言葉に、「体に害を及ぼすのでは?」というイメージがわくと思います。ですが、途方もない数の腸内細菌には「種類」があると覚えておきましょう。
悪いものでも基準値を上回らなければ免疫機能の向上に一役買い、よいものは肌荒れや風邪予防などに貢献しています。
そのほか、老化予防にも大きな影響を与えていますので、「腸内環境が悪い=健康に直結する」ということは間違いありません。

1-3.重要性

免疫機能の「7割」を担っているのは腸です。前述したように、腸内細菌が免疫細胞を刺激することで、外部の菌から体を守っています。
また、疲労回復に役立つビタミンB群を生成しているので、腸内細菌が衰えてしまうと疲れやすくなり、いままでかからなかった病気を発症しやすくなるのです。
腸内環境を改善することで体の調子がよくなるといっても過言ではなく、人間が生きるうえで非常に重要な存在となります。