排便困難から解放されるポイント

【必見】排便困難・排便障害から解放されるポイントをご紹介!

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「便秘が長く続いてつらい」「排便が困難」など、便秘で悩んでいる方は多いでしょう。特に、女性は2人に1人の割合で便秘に悩んでいるといわれています。女性にとって便秘は悩みの1つになっているはずです。そんな困った状態から解放されるためには、便秘の原因を知らなければなりません。そこで、排便が困難になる病気や便秘との関係性・排便困難の解消方法など詳しく説明します。

  1. 排便が困難とは
  2. 排便が困難になる病気
  3. 排便困難と便秘について
  4. 排便困難の解消法について
  5. 排便困難と病院について
  6. 排便困難にかんしてよくある質問

この記事を読むことで、排便が困難な生活から抜け出すことができます。排便困難について知りたい方や便秘を解消したい方は、ぜひチェックしてください。


1.排便が困難とは

排便のコントロールができなくなる状態を「排便困難」といいます。排便が困難になっている状態から抜け出すには、排便の仕組みや原因を把握することが大切です。

1-1.排便の仕組み

私たちが食べたものは胃に送られ消化されます。消化されたものは十二指腸をとおって小腸に運ばれるのです。小腸では胃で消化できなかったものを消化して栄養素を吸収します。吸収後に残ったカスは大腸へと送られて便になるのです。水分を含んだ内容物が便として固まり、直腸に運ばれた後、脳に排便の指令が送られます。そして、便意が起こるのです。便意が起こった後は、直腸が収縮して便が押し出されます。

1-2.主な症状

排便困難に伴う主な症状は、便意がない・腹痛・下痢・便に血が混ざるなどです。便意がない日が続けば続くほど、便秘も長期間続いてしまいます。症状が1か月~3か月続いてしまうと、慢性便秘に陥りやすくなるので注意しなければなりません。やっと便が出たかと思えば血が混ざったり、激しい腹痛が起きることもあるでしょう。

1-3.主な原因

排便困難や便秘の主な原因は「腸の働き」です。直腸の収縮が正常に働いているからこそ、排便ができます。直腸の収縮が弱くなると便を送り出す力もなくなるのです。便意を感じない・便が出にくいタイプは直腸の働きが原因だと思ってください。また、腸の働きを低下させている原因には、ストレス・生活習慣の乱れ・運動不足・偏った食生活などが挙げられます。