腹部膨満感の原因

腹部膨満感の放置は危険? 考えられる原因や解消・予防方法を徹底解説!

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「最近、おなかが張る……」「腹部の張りがひどくなっている」など、おなかに異変が起きていると不安な気持ちになりますよね。「もしかしたら、病気になっているのでは!?」と、気になって仕方がない方は多いでしょう。おなかの張りは「膨満感」の可能性があります。そこで、膨満感とは何なのか・考えられる病気や治療法など、詳しく説明しましょう。

  1. 膨満感とは
  2. 腹部膨満感から考えられる病気
  3. 妊娠時の膨満感について
  4. 膨満感の治療について
  5. 膨満感の解消法
  6. 腹部膨満感予防のためのセルフケア
  7. 膨満感にかんしてよくある質問

この記事を読むことで、膨満感を解消するために必要な知識を身につけることができます。また、膨満感にならないための予防法も知ることができ、健康的な生活が送れるでしょう。


1.膨満感とは

おなかの張りがひどい場合、「膨満感」の可能性があります。症状を治すためにも、膨満感について詳しく把握しておきましょう。

1-1.主な症状

膨満感の主な症状は、おなかの張りや部分的の張り・おなかが重い・ゴロゴロするなど消化器官にかんすることです。また、胃が苦しい・不快感があるなど胃の運動機能が低下して起こる症状もあります。自分にはどんな症状が起きているのか、改めて確認してみてください。

1-2.主な原因

膨満感の主な原因は、「便秘」です。便秘で悩む多くの方が、膨満感を覚えています。腹部膨満感はおなかの中にたまっているガスや老廃物が要因です。便秘は腸内細菌のバランスが乱れ、腐敗したガスが大量にたまってしまいます。ほかにも、早食いやしゃべり過ぎ・ストレスなどの生活習慣も関係があるのです。

1-3.メカニズム

人は食事をすると、消化管内でガスが発生するものです。定期的にたまったガスは、呼気やおならによって排泄(はいせつ)されます。しかし、便秘や不規則な生活習慣で消化管内のガスが多くなり、排泄(はいせつ)のバランスが崩れるのです。よって、ガスが腸管内に過剰にたまり、腹部膨満感が起こります。

1-4.なりやすい人

腹部膨満感になりやすい人は、便秘になりやすい人です。腸内環境が悪くなると、ガスの排泄(はいせつ)が難しくなります。なぜなら、便秘を押し出すぜん動運動が弱まるからです。慢性便秘になればなるほど、解消されにくくなるため、軽症のうちに便秘を治すことが大切になります。