便秘が原因で膀胱炎

便秘が原因で膀胱炎になる?その関連性と解消・予防方法は?

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

膀胱炎は、膀胱が細菌に感染することによって発症する病気です。決して珍しい病気ではありませんが、再発を繰り返すことも多く悩んでいる方もたくさんいます。膀胱炎になる原因は色々ありますが、便秘もその中の一つです。そこで、今回は便秘と膀胱炎の関係をご紹介しましょう。
便秘が膀胱炎の原因になるということは、案外知られていないのです。

  1. 膀胱炎と便秘の関係
  2. なぜ、便秘の人は膀胱炎になりやすいのか?
  3. 膀胱炎のセルフチェックと予防法
  4. 便秘の改善方法とは
  5. 膀胱炎を予防する方法
  6. よくある質問

人によっては便秘を解消すれば膀胱炎にもかかりにくくなります。膀胱炎と便秘、そのどちらかで悩んでいる方は必見ですよ。


1.膀胱炎と便秘の関係

まずはじめに膀胱炎と便秘、それぞれの原因とこの2つの関係をご説明します。なぜ、便秘になると膀胱炎を発症しやすいのでしょうか?

1-1.便秘とは

便秘は最もポピュラーな体調不良の一つで、便が出にくい症状全般を指します。便通は本来毎日あるものです。ですから、2~3日に一度しか排便がない方は立派な便秘ということになります。
便秘になる理由は様々ですが、男性よりも女性の方が便秘になりやすいですね。また、便秘に年齢は関係ありません。生まれたばかりの赤ちゃんでも、条件によっては便秘になることがあります。

1-2.膀胱炎とは?

膀胱炎とは、文字どおり膀胱が細菌によって炎症を起こす病気です。膀胱炎になると、頻尿・排尿痛・残尿感・尿の悪臭などの症状が現れます。性別に関係なく発症しますが、患者数は圧倒的に女性の方が多い病気です。なぜ、女性の方が発症しやすいのか、その原因は体の構造にあります。女性は男性よりも尿道が短く、膀胱が細菌感染しやすいのです。また、肛門と尿道の入り口が近く、便に含まれる大腸菌が尿道に感染しやすくもあります。膀胱炎は膀胱の炎症なので、人によっては再発を繰り返すことも珍しくありません。