便秘にウォーキングが効く

便秘にウォーキングが効くってホント? メリットと正しい歩き方を紹介

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ウォーキングには便秘解消効果があることをご存じですか? 便秘を引き起こす原因には、乱れた食生活や睡眠不足、精神的なストレスなどさまざまなものがあります。こういった要因が腸内環境の悪化を招き、慢性的な便秘を引き起こしてしまうのです。そして、もう一つの原因に「運動不足」があります。「何を試しても便秘が改善されない」という人は、最近運動が不足していないか考えてみてください。特にウォーキングには優れた便秘解消効果があると言われています。ただし、より効果を高めるためには、適切なウォーキングを行う必要があるのです。この記事では、便秘と運動の関係や便秘解消効果を高める歩き方などをまとめて解説します。

  1. 便秘と運動の関係について
  2. 便秘解消とウォーキング
  3. 便秘解消ウォーキング方法
  4. 便秘と運動にかんするよくある質問

この記事を読むことで、なぜ運動が便秘解消に効果的なのかがわかります。生活にウォーキングを取り入れて、頑固な便秘とお別れしましょう。


1.便秘と運動の関係について

まずは、便秘と運動の関係について解説します。なぜ便秘解消に運動が効果的なのでしょうか。

1-1.便秘の運動効果について

便を排出するのは、腸のぜんどう運動によるものです。腹筋を使っていきむことで大腸が刺激を受け、ぜんどう運動が促進されます。しかし、運動不足によって腹筋の力が低下していると、ぜんどう運動を促進することができなくなるのです。その結果、腸の働きが鈍くなり、便秘を引き起こしてしまいます。そのため、適度な運動によって腹筋を鍛えてあげることは、便秘解消につながるというわけです。また、運動はストレス解消にもつながります。便秘の要因となるものを取り除くことができるため、より効果が期待できるでしょう。

1-2.腸のメカニズム

人はなぜ便秘になるのか、そのメカニズムを考えてみましょう。私たちが食べたものは食道をとおり、胃から小腸、大腸、直腸へと送られていきます。胃や小腸で吸収されなかったものが腸へと流れ込み、便が作られるしくみです。このとき、作り出された便を肛門(こうもん)まで送り出すことを「ぜんどう運動」と言い、大半の便秘はこの運動が正常に行われなくなることで起こります。

1-3.おすすめの運動とは?

運動であれば何でも便秘解消につながるわけではありません。短時間に激しく動くような運動は逆効果でしょう。おすすめなのは、ウォーキングや軽いジョギングなどの有酸素運動や、おなかをねじるような体操などです。ただし、短期間の運動では効果がありません。大切なのは、1日20分でもよいので継続して行うことです。普段から毎日の運動を習慣づけておくことで、便秘を高い確率で解消できます。