便秘にウォーキングが効くってホント? メリットと正しい歩き方を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーキングには便秘解消効果があることをご存じですか? 便秘を引き起こす原因には、乱れた食生活や睡眠不足、精神的なストレスなどさまざまなものがあります。こういった要因が腸内環境の悪化を招き、慢性的な便秘を引き起こしてしまうのです。そして、もう一つの原因に「運動不足」があります。「何を試しても便秘が改善されない」という人は、最近運動が不足していないか考えてみてください。特にウォーキングには優れた便秘解消効果があると言われています。ただし、より効果を高めるためには、適切なウォーキングを行う必要があるのです。この記事では、便秘と運動の関係や便秘解消効果を高める歩き方などをまとめて解説します。

  1. 便秘と運動の関係について
  2. 便秘解消とウォーキング
  3. 便秘解消ウォーキング方法
  4. 便秘と運動にかんするよくある質問

この記事を読むことで、なぜ運動が便秘解消に効果的なのかがわかります。生活にウォーキングを取り入れて、頑固な便秘とお別れしましょう。


1.便秘と運動の関係について

まずは、便秘と運動の関係について解説します。なぜ便秘解消に運動が効果的なのでしょうか。

1-1.便秘の運動効果について

便を排出するのは、腸のぜんどう運動によるものです。腹筋を使っていきむことで大腸が刺激を受け、ぜんどう運動が促進されます。しかし、運動不足によって腹筋の力が低下していると、ぜんどう運動を促進することができなくなるのです。その結果、腸の働きが鈍くなり、便秘を引き起こしてしまいます。そのため、適度な運動によって腹筋を鍛えてあげることは、便秘解消につながるというわけです。また、運動はストレス解消にもつながります。便秘の要因となるものを取り除くことができるため、より効果が期待できるでしょう。

1-2.腸のメカニズム

人はなぜ便秘になるのか、そのメカニズムを考えてみましょう。私たちが食べたものは食道をとおり、胃から小腸、大腸、直腸へと送られていきます。胃や小腸で吸収されなかったものが腸へと流れ込み、便が作られるしくみです。このとき、作り出された便を肛門(こうもん)まで送り出すことを「ぜんどう運動」と言い、大半の便秘はこの運動が正常に行われなくなることで起こります。

1-3.おすすめの運動とは?

運動であれば何でも便秘解消につながるわけではありません。短時間に激しく動くような運動は逆効果でしょう。おすすめなのは、ウォーキングや軽いジョギングなどの有酸素運動や、おなかをねじるような体操などです。ただし、短期間の運動では効果がありません。大切なのは、1日20分でもよいので継続して行うことです。普段から毎日の運動を習慣づけておくことで、便秘を高い確率で解消できます。

2.便秘解消とウォーキング

では、便秘解消とウォーキングの関係についてご紹介します。なぜウォーキングがおすすめされるのか、その理由を考えてみましょう。

2-1.ウォーキングとは?

ウォーキングとは、その名のとおり「歩く」ことです。以前まで有酸素運動と言えばジョギングが一般的でした。しかし、さらに身体にやさしい運動として注目を集めたのがウォーキングです。ただし、普通の歩行とは違います。ウォーキングはゆっくりでもよいので、立ち止まらずに歩き続けることが大切です。走ったり歩いたりを繰り返すようなことはしません。そして、毎日継続することでさまざまな健康効果が得られるのです。

2-2.なぜウォーキングがおすすめなのか?

なぜ、便秘解消にはウォーキングがよいとされているのでしょうか。その理由はたくさんあります。まず、ほかの運動と比べて手軽に始めることができ、リスクが少ないという点が大きいでしょう。動きやすい服装と歩きやすい靴さえあれば、ほかにそろえるものはありません。誰でも、いつからでも始められる手軽さが最大の魅力と言えるでしょう。ウォーキングを継続的に行うことで、腹筋の筋力がアップします。その結果、腸のぜんどう運動が正常に行われるようになるのです。そのほかにも、腸の血流がよくなって自律神経が整いやすくなります。ストレスなども改善され、便秘解消につながるというわけです。

3.便秘解消ウォーキング方法

便秘解消に効果的なウォーキングの方法をご紹介しましょう。

3-1.適切な方法とは?

ウォーキングを単なる散歩にしてはいけません。腸への刺激を与えることを意識して行うことが大切です。普通に歩くときよりも歩幅を少し大きめにとり、骨盤を自然に動かすように意識しましょう。背筋をまっすぐ伸ばして深く呼吸をしながら、一歩一歩ゆっくりと確実に歩くようにしてください。また、副交感神経を刺激してできるだけリラックスしましょう。早歩きをすると交感神経が活発になってしまうため注意してください。

3-2.効果を上げるポイント

より効果を上げるためには、以下のことを心がけてください。

  • できるだけ朝のうちに、起床後水分補給をしてから行う
  • 1日20分以上歩く
  • 毎日継続する
  • ウォーキング後30分たったら入浴する

水分補給はミネラルウォーターがおすすめです。ミネラルウォーターに含まれるマグネシウムには、便秘解消効果があります。内側と外側から同時に働きかけることで効果アップが期待できるでしょう。

3-3.注意点

特に、普段あまり運動をしない人が急に運動を始めると、ケガの原因になります。ウォーキングの前にはしっかりと準備運動をして、身体をほぐしておきましょう。急な運動は精神的にも負担になり、交感神経を活発にしてしまいます。リラックスできなくなってしまい、効果が半減してしまうでしょう。

4.便秘と運動にかんするよくある質問

「便秘と運動について知りたい」という人が感じるであろう疑問とその回答をまとめてみました。

4-1.便秘を解消するために、ウォーキングのほかにストレッチをすると効果はアップしますか?

A.ストレッチにはウォーキング同様、便秘解消効果が期待できます。朝、ウォーキングを始める前にストレッチをしておくと身体がほぐれておすすめです。

4-2.便秘の原因には、食生活と運動、ストレス以外に何かありますか?

A.姿勢の悪さによる内臓の圧迫、おなか周りの冷え、便意の我慢などが原因として考えられます。自分の便秘がなぜ起こっているのか、思い当たるものを考えてみましょう。

4-3.ウォーキングの時間が作れないのですがどうしたらよいですか?

A.時間がないときは、ショッピングや通勤の時間に意識して歩くようにしてみましょう。隣の駅まで電車を使わずに歩く方法もあります。あまり負担に感じると逆効果になるため、無理なく続けることが大切です。

4-4.ウォーキングには冷えを解消する効果もありますか?

A.あります。下半身の筋肉を鍛えることで血行不良が改善され、自然と便秘も解消するはずです。冷えやすさが気になる人は、ぜひウォーキングを始めてみてください。

4-5.高齢者でも便秘解消のためにウォーキングをして問題ありませんか?

A.ウォーキングは高齢者にもおすすめです。急激に身体を動かすわけではないため、負担も少なく、安心な運動と言えるでしょう。ただし、準備運動はしっかりと行ってください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。便秘と運動の関係やウォーキングの便秘解消効果について詳しくご紹介しました。便秘の原因はさまざまですが、それぞれ自分に合った解消法というものがあるはずです。ウォーキングは誰にでも始められる手軽な運動であり、便秘解消効果も十分に期待できます。ぜひこの記事を参考にして、便秘解消に効果的なウォーキングの方法を知ってください。「何をしても便秘が改善しない」という人も、試してみる価値はありますよ。

1.便秘と運動の関係について

まずは、便秘と運動の関係について解説します。なぜ便秘解消に運動が効果的なのでしょうか。

1-1.便秘の運動効果について

便を排出するのは、腸のぜんどう運動によるものです。腹筋を使っていきむことで大腸が刺激を受け、ぜんどう運動が促進されます。しかし、運動不足によって腹筋の力が低下していると、ぜんどう運動を促進することができなくなるのです。その結果、腸の働きが鈍くなり、便秘を引き起こしてしまいます。そのため、適度な運動によって腹筋を鍛えてあげることは、便秘解消につながるというわけです。また、運動はストレス解消にもつながります。便秘の要因となるものを取り除くことができるため、より効果が期待できるでしょう。

1-2.腸のメカニズム

人はなぜ便秘になるのか、そのメカニズムを考えてみましょう。私たちが食べたものは食道をとおり、胃から小腸、大腸、直腸へと送られていきます。胃や小腸で吸収されなかったものが腸へと流れ込み、便が作られるしくみです。このとき、作り出された便を肛門(こうもん)まで送り出すことを「ぜんどう運動」と言い、大半の便秘はこの運動が正常に行われなくなることで起こります。

1-3.おすすめの運動とは?

運動であれば何でも便秘解消につながるわけではありません。短時間に激しく動くような運動は逆効果でしょう。おすすめなのは、ウォーキングや軽いジョギングなどの有酸素運動や、おなかをねじるような体操などです。ただし、短期間の運動では効果がありません。大切なのは、1日20分でもよいので継続して行うことです。普段から毎日の運動を習慣づけておくことで、便秘を高い確率で解消できます。

2.便秘解消とウォーキング

では、便秘解消とウォーキングの関係についてご紹介します。なぜウォーキングがおすすめされるのか、その理由を考えてみましょう。

2-1.ウォーキングとは?

ウォーキングとは、その名のとおり「歩く」ことです。以前まで有酸素運動と言えばジョギングが一般的でした。しかし、さらに身体にやさしい運動として注目を集めたのがウォーキングです。ただし、普通の歩行とは違います。ウォーキングはゆっくりでもよいので、立ち止まらずに歩き続けることが大切です。走ったり歩いたりを繰り返すようなことはしません。そして、毎日継続することでさまざまな健康効果が得られるのです。

2-2.なぜウォーキングがおすすめなのか?

なぜ、便秘解消にはウォーキングがよいとされているのでしょうか。その理由はたくさんあります。まず、ほかの運動と比べて手軽に始めることができ、リスクが少ないという点が大きいでしょう。動きやすい服装と歩きやすい靴さえあれば、ほかにそろえるものはありません。誰でも、いつからでも始められる手軽さが最大の魅力と言えるでしょう。ウォーキングを継続的に行うことで、腹筋の筋力がアップします。その結果、腸のぜんどう運動が正常に行われるようになるのです。そのほかにも、腸の血流がよくなって自律神経が整いやすくなります。ストレスなども改善され、便秘解消につながるというわけです。

3.便秘解消ウォーキング方法

便秘解消に効果的なウォーキングの方法をご紹介しましょう。

3-1.適切な方法とは?

ウォーキングを単なる散歩にしてはいけません。腸への刺激を与えることを意識して行うことが大切です。普通に歩くときよりも歩幅を少し大きめにとり、骨盤を自然に動かすように意識しましょう。背筋をまっすぐ伸ばして深く呼吸をしながら、一歩一歩ゆっくりと確実に歩くようにしてください。また、副交感神経を刺激してできるだけリラックスしましょう。早歩きをすると交感神経が活発になってしまうため注意してください。

3-2.効果を上げるポイント

より効果を上げるためには、以下のことを心がけてください。

  • できるだけ朝のうちに、起床後水分補給をしてから行う
  • 1日20分以上歩く
  • 毎日継続する
  • ウォーキング後30分たったら入浴する

水分補給はミネラルウォーターがおすすめです。ミネラルウォーターに含まれるマグネシウムには、便秘解消効果があります。内側と外側から同時に働きかけることで効果アップが期待できるでしょう。

3-3.注意点

特に、普段あまり運動をしない人が急に運動を始めると、ケガの原因になります。ウォーキングの前にはしっかりと準備運動をして、身体をほぐしておきましょう。急な運動は精神的にも負担になり、交感神経を活発にしてしまいます。リラックスできなくなってしまい、効果が半減してしまうでしょう。

4.便秘と運動にかんするよくある質問

「便秘と運動について知りたい」という人が感じるであろう疑問とその回答をまとめてみました。

4-1.便秘を解消するために、ウォーキングのほかにストレッチをすると効果はアップしますか?

A.ストレッチにはウォーキング同様、便秘解消効果が期待できます。朝、ウォーキングを始める前にストレッチをしておくと身体がほぐれておすすめです。

4-2.便秘の原因には、食生活と運動、ストレス以外に何かありますか?

A.姿勢の悪さによる内臓の圧迫、おなか周りの冷え、便意の我慢などが原因として考えられます。自分の便秘がなぜ起こっているのか、思い当たるものを考えてみましょう。

4-3.ウォーキングの時間が作れないのですがどうしたらよいですか?

A.時間がないときは、ショッピングや通勤の時間に意識して歩くようにしてみましょう。隣の駅まで電車を使わずに歩く方法もあります。あまり負担に感じると逆効果になるため、無理なく続けることが大切です。

4-4.ウォーキングには冷えを解消する効果もありますか?

A.あります。下半身の筋肉を鍛えることで血行不良が改善され、自然と便秘も解消するはずです。冷えやすさが気になる人は、ぜひウォーキングを始めてみてください。

4-5.高齢者でも便秘解消のためにウォーキングをして問題ありませんか?

A.ウォーキングは高齢者にもおすすめです。急激に身体を動かすわけではないため、負担も少なく、安心な運動と言えるでしょう。ただし、準備運動はしっかりと行ってください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。便秘と運動の関係やウォーキングの便秘解消効果について詳しくご紹介しました。便秘の原因はさまざまですが、それぞれ自分に合った解消法というものがあるはずです。ウォーキングは誰にでも始められる手軽な運動であり、便秘解消効果も十分に期待できます。ぜひこの記事を参考にして、便秘解消に効果的なウォーキングの方法を知ってください。「何をしても便秘が改善しない」という人も、試してみる価値はありますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加