便秘と貧血の関係

便意を感じないのは貧血のせい? 便秘と貧血の関係を徹底解説

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

腹筋が弱い高齢者や女性は、便秘に悩むことが多いですよね。「運動すれば何とかなる」と、よくいわれることがあります。確かに、運動不足は便秘になる原因の1つです。便秘はとても苦しく、改善していかなければ慢性化しやすいでしょう。中には、便秘からほかの病気に発展する例もあります。
「貧血気味なのは便秘のせい?」「冷や汗が出るけれど大丈夫だろうか」など、健康への不安を感じる症状が出てくるのは、誰にとっても怖いことです。便秘は慢性化しやすく、まれに貧血を引き起こすこともあります。たかが便秘とあなどらず、便秘も貧血も治す努力をしてみませんか? 今回は、便秘と貧血の関係や、解消方法をご紹介します。

  1. 貧血の基礎知識
  2. 便秘と貧血について
  3. 便秘による貧血から考えられる病気とは? 
  4. 便秘と貧血の解消方法
  5. 便秘や貧血にまつわるよくある質問
  6. まとめ

この記事を読むことで、便秘を放置する危険性を知り、便秘から貧血が起こるメカニズムなども理解できます。便秘と貧血の症状が合致した場合、ほかの疾患へ移行していく可能性もあるでしょう。そのままにせず、改善していくことをおすすめします。


1.貧血の基礎知識

便秘と貧血の関係を考える前に、貧血とはどのような症状かを見ていきましょう。便秘になりやすいタイプもご紹介します。

1-1.貧血とは? 

血液には、赤血球・白血球・血小板といった成分が含まれています。中でも赤血球は酸素を運搬する役割を持ち、貧血になる人は赤血球が不足しているのです。加えて、本来なら赤血球と結びつくはずのヘモグロビンも減少し、体内の酸素供給量が減るために貧血が起こります。

1-2.貧血の主な原因は? 

貧血にはいくつかの種類があります。一番多いのは、鉄分の不足で起こる「鉄欠乏性貧血」です。赤血球にあるヘモグロビンは、鉄分で構成されています。鉄分不足により、うまくヘモグロビンが生成されなくなり、貧血へと発展するのです。
まれに起こるのは、悪い種類の貧血が原因となっているもので、放置した場合は命にかかわることもあります。悪性貧血・再生不良性貧血・溶血性貧血・腎性貧血などです。

1-3.貧血の主な症状とは? 

体に十分な酸素が供給されず、いわば酸欠状態に陥ります。そのため、全身症状を訴える方が多いです。冷や汗・ふらつき・だるさ・めまい・頭痛・吐き気・嘔吐(おうと)・動悸(どうき)などが主症状で、ひどい場合は倒れることもあります。

1-4.貧血になりやすい人とは? 

貧血になりやすい人にはいくつかの傾向があります。

  • 鉄分をうまく吸収できない
  • 胃腸虚弱体質
  • 生理時の経血量が多い
  • 冷えを感じやすい

上記のような方は、貧血になりやすいため、普段の生活で体質改善をしていくことが理想です。