便秘による胸焼けに悩まされている方

便秘による胸焼けに悩まされている方必見! 解消方法を紹介します。

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

便秘になると胸焼けがして苦しい、と悩んでいる方はいませんか? 便秘が肌荒れや腹痛の原因となることは知られていますが、胸焼けに悩む方も意外と多いものです。胸焼けが続くと吐き気や食欲不振なども起こり、ひどくなると食べ物が飲みこみにくくなる嚥下障害や吐血が起こることもあります。

そこで、今回は便秘が原因で胸焼けが起こる理由やその解消方法をご紹介しましょう。

  1. 便秘になると胸焼けが起こる理由
  2. 逆流性食道炎の弊害
  3. 便秘由来の胸焼けを解消する方法
  4. 便秘と胸焼けに関するよくある質問

解消方法が分かれば、胸焼けに悩まされることも少なくなると思います。便秘になる度に胸焼けに苦しんでいるという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.便秘になると胸焼けが起こる理由

はじめに、便秘になるとなぜ胸焼けが起こるのか、その理由をご説明します。胸焼けを起こしているものは何なのでしょうか?

1-1.便秘とは

便秘とは、本来は毎日排泄されるべき便が出ない症状全般を指します。便秘は年齢や性別に関わらず起こる体の不調であり、原因もさまざまです。男性と女性を比較すると女性の方が便秘に悩んでいる方が多い傾向にあります。
便秘は体調不良の中では軽く考えられがちですが、便秘が長期間続くと大腸がんなどの原因になることもあるのです。

1-2.胸焼けとは

胸焼けとは胸が焼けるような感覚がしたり、痛みを感じたりする症状です。主に消化器官の異常が原因で感じる症状で、中でも胃酸が逆流してきた時に、胸焼けを感じる方が多いでしょう。逆流性食道炎という、胃酸が逆流して食道に留まって炎症を起こす病気の代表的な症状でもあります。

1-3.なぜ、便秘になると胸焼けが起こるのか?

ここでは、便秘になると胸焼けが起こる原因をご説明します。

1-3-1.便秘になると腸の中はどうなるのか?

便秘になると、腸の中に便が溜まっていきます。便は食べ物の残りかすですから、だんだんと腐敗していき、体に有毒なガスが発生するのです。そのため、便秘になるとおならが臭くなります。便秘が長くなるほど有毒ガスの量は増えていき、腸内がガスでパンパンになることも珍しくありません。便秘になるとお腹が張るという方もたくさんいますが、これは便だけでなくガスが腸を圧迫していることが原因です。

1-3-2.腸がガスで膨らむとどうなるのか?

胃と腸は体内で繋がっており、腸は胃の下に位置しています。便秘になるとガスや便で膨らんだ腸が胃を圧迫するのです。すると、胃酸や胃の中の食べ物が逆流して食道にとどまり、炎症(逆流性食道炎)を起こします。これが、胸焼けの原因です。

1-3-3.胃酸の弊害

胃酸は、強力な酸です。胃は胃壁から分泌される胃粘液によって守られていますが、食道は無防備のため胃酸にさらされつづけると粘膜が炎症を起こしてしまいます。便秘が長引くほど、胃酸も逆流しやすくなり炎症が悪化する可能性もあるのです。

1-3-4.腸の蠕動運動が低下することも原因

便秘由来の逆流性食道炎は、腸の蠕動運動の低下も原因となります。便秘が長引けば腸の蠕動運動が低下するのです。蠕動運動とは、腸が動いて食べ物や便を送る動きのこと。蠕動運動が鈍くなれば胃の動きにも悪影響を与えます。そのため、ますます胃酸が逆流しやすくなるのです。

12