関節炎の症状

膝に発症する関節炎の症状は? 原因や治療・予防のポイントを徹底解説!

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

関節炎とは、関節内部の組織が炎症を起こす症状の総称です。寒い場所に長時間滞在したり長時間動き続けていたりすると、体の関節が痛むという経験をしたことがある方も多いことでしょう。このような症状は、関節炎が原因かもしれません。中でも膝は、関節炎が発症しやすい部位であり、痛みや強張りに悩んでいる方もたくさんいます。

そこで、今回は膝に起こる関節炎の症状や原因、治療法・予防方法をご紹介しましょう。

  1. 関節炎の基礎知識
  2. 膝関節炎の種類
  3. 膝の関節炎の診断と治療について
  4. 膝の関節炎を予防する方法
  5. 膝の関節炎に関するよくある質問

関節炎の症状が分かれば、病院を受診する目安もつきます。最近膝関節が痛むようになってきたという方はぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.関節炎の基礎知識

はじめに、関節炎とはどのような病気かということをご紹介します。関節炎の症状とはどのようなものがあるのでしょうか?

1-1.関節炎とは

関節炎とは関節を構成している骨や軟骨・腱などが炎症を起こす症状全般を指します。炎症が起こる原因はさまざまですが、最も多いのが病気の症状として炎症が起こるケースと、加齢や関節の動かし過ぎで骨や軟骨・腱が損傷して炎症が起こるケースです。全身の関節に発症する可能性がありますが、よく動かす膝・手首・肘・股関節の関節は特に炎症が発症しやすいでしょう。また、関節の炎症は高齢者が発症しやすいというイメージがありますが、若い年代の方が発症することも珍しくありません。

1-2.膝関節が関節炎を起こしやすい原因

膝関節は、人体の関節の中で最も使用される関節の一つです。歩く時はもちろんのこと、ただ立っているだけでも全体重を支えています。そのため、年を取るにつれて軟骨がすり減り、骨が変形して炎症を起こしやすくなるのです。また、スポーツのしすぎも関節炎を発症する原因となります。この他、関節が炎症を起こす病気を発症した場合も、膝関節は真っ先に炎症を起こしやすいのです。

1-3.膝関節が炎症を起こした場合の症状

膝関節が炎症を起こすと、痛みや強張りが出ます。最初はう激しく運動した後とや膝関節が冷えた時、長時間立ち続けた時などに痛みや強張りが出やすいでしょう。炎症が激しくなるにつれて安静にしている時にも痛みや強張りが出たり関節が腫れ上がることもあります。湿布薬などで痛みを和らげても、炎症を治療しなければ痛みが消えることはありません。

1-4.膝の炎症を起こしやすい人とは?

膝の炎症が発症しやすい人は

  • 高齢者
  • 激しい運動を長時間行い続けている人
  • 中高年になって運動を始めた人
  • 肥満の人

は膝の関節炎を発症しやすい傾向にあります。また、関節リウマチ・痛風などの患者さんは症状として膝関節の炎症が起こるのです。