決め手はポリフェノール?! ウーロン茶で便秘を解消しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエット茶としても人気が高い「ウーロン茶」。
実は、ウーロン茶には便秘解消効果もあるのです。
お通じがスムーズになることから腸内環境が整えられ、痩せやすい体質に改善することができるでしょう。
便秘になってしまうと老廃物や毒素がどんどん体の中に蓄積され、体調不良が続いたり、なんとなくだるさが残るなどの不調を訴えることになるので注意しておかなければなりません。
ではなぜ、ウーロン茶が便秘に良いのか詳しくみていきたいと思います。


腸の働きを活性化する「ポリフェノール」

ウーロン茶にはたくさんのポリフェノールが含まれています。
便秘解消の大きなポイントとなるのが、このポリフェノールです。
ポリフェノールは腸の働きを活性化させる役割があり、蓄積されてしまっている老廃物や毒素をどんどん体の外に排出してくれます。
無駄なものはすべて便になって出てくるのです。
なぜ便秘になってしまうのかというと、体の機能や新陳代謝が低下し、腸の活動が弱まってしまっていることも多々あります。
腸の働きを良くすることで腸内環境をキレイに維持し続けることができ、便秘を解消し、防いでくれるのです。
ポリフェノールがたくさん含まれているウーロン茶を積極的に飲むだけでも水分補給になりますし、よりやわらかい便が出てくるでしょう。
便がかたいと痔になったりすることもあるので注意しておかなければなりません。

さまざまな効果があるウーロン茶

ウーロン茶は便秘解消効果だけでなく、さまざまな効果が期待できる飲み物です。
例えば、二日酔い、アトピー性皮膚炎に効果が発揮されたり、高血圧予防、風邪予防、虫歯・口臭予防なども期待できます。
今はストレス社会ということもあり、これからうつ病などにかかる人が増えています。
ストレスを溜めすぎてしますと体にも悪影響を及ぼすことになるので自分で上手に解消していかなければなりません。
ウーロン茶はストレス解消をしてくれる効果もあります。
ストレスを感じやすい方はオススメです。
様々な効果のあるウーロン茶ですが、小さな子供の場合はウーロン茶を飲ませすぎてしまうと逆効果になるので注意してください。
便秘で悩んでいる子供にウーロン茶を飲ませるとカテキンやカフェインの成分の所為で便をかたくしてしまうのです。
ウーロン茶の便秘解消効果は、大人限定のものだと知っておきましょう。

飲むタイミングは・・・?

ウーロン茶をいつ飲めば良いのかわからない人も多いと思います。
基本的に飲みたいときに飲めばOKですが、食事中に飲むと効果的です。
食事中や食間に飲むと良いでしょう。できるだけ毎日500ml~1ℓは飲んでください。
すぐに効果があらわれる人は飲んだ後すぐに便が出たという方もいらっしゃいます。
ウーロン茶を飲むことで水分補給にもなり、一石二鳥です。
とくに、ダイエットをしたい! という方にとってウーロン茶はお手軽にできるダイエットではないのでしょうか。
便秘も解決することができ、お通じが良くなることでダイエット効果も期待できるオススメの飲み物です。
ぜひ一度試してみてください。

まとめ

ウーロン茶にはたくさんのポリフェノールが含まれており、腸内環境を活性化してくれる働きをもっています。
蓄積されやすい老廃物や毒素を排出してくれるのでいつもキレイな腸内を維持し続けることができるでしょう。
ウーロン茶は気軽に飲むことができるのでオススメです。
ただし、子供にとっては逆効果になってしまうので注意してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加