ウーロン茶で便秘解消

決め手はポリフェノール?! ウーロン茶で便秘を解消しよう!

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ダイエット茶としても人気が高い「ウーロン茶」。
実は、ウーロン茶には便秘解消効果もあるのです。
お通じがスムーズになることから腸内環境が整えられ、痩せやすい体質に改善することができるでしょう。
便秘になってしまうと老廃物や毒素がどんどん体の中に蓄積され、体調不良が続いたり、なんとなくだるさが残るなどの不調を訴えることになるので注意しておかなければなりません。
ではなぜ、ウーロン茶が便秘に良いのか詳しくみていきたいと思います。


腸の働きを活性化する「ポリフェノール」

ウーロン茶にはたくさんのポリフェノールが含まれています。
便秘解消の大きなポイントとなるのが、このポリフェノールです。
ポリフェノールは腸の働きを活性化させる役割があり、蓄積されてしまっている老廃物や毒素をどんどん体の外に排出してくれます。
無駄なものはすべて便になって出てくるのです。
なぜ便秘になってしまうのかというと、体の機能や新陳代謝が低下し、腸の活動が弱まってしまっていることも多々あります。
腸の働きを良くすることで腸内環境をキレイに維持し続けることができ、便秘を解消し、防いでくれるのです。
ポリフェノールがたくさん含まれているウーロン茶を積極的に飲むだけでも水分補給になりますし、よりやわらかい便が出てくるでしょう。
便がかたいと痔になったりすることもあるので注意しておかなければなりません。

12