二日酔いの解消法法

【必見】二日酔いの頭痛とおさらば!解消のポイントを徹底解析!

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

二日酔いによる頭痛がひどいと、日常生活が困難になりますよね。「なんとかしたい」「どうすれば二日酔いから脱出できるのか」など、頭を抱えている方は多いはずです。雑誌やテレビなどでさまざまな方法が紹介されていますが、本当に効果はあるのでしょうか。二日酔いの頭痛を解消するためには、きちんとその仕組みについて把握しておかなければなりません。これから、二日酔いと頭痛の関係や対処法・予防方法など説明します。

  1. 二日酔いと頭痛の関係について
  2. 頭痛を伴う二日酔いの対処法について
  3. 二日酔いの予防方法について
  4. 二日酔いにかんしてよくある質問

この記事を読むことで、二日酔いによる頭痛の治し方や正しい対処法と予防法を知ることができます。二日酔いと頭痛について知りたい方はぜひチェックしてください。


1.二日酔いと頭痛の関係について

お酒を大量に飲んだ後、頭痛や吐き気などの症状が起きることがあります。二日酔いによる頭痛を治すためにも、関係性について詳しく把握してください。

1-1.二日酔いの代表的な症状

二日酔いの症状は、頭痛・吐き気・のどの渇き・脱力感・胸やけなどです。中でも、最も多い症状が頭痛ではないでしょうか。大きい音を耳にするだけでもキーンと頭の中に響き、強い痛みを感じます。頭痛があまりにもひどすぎると思うように仕事や生活もできず、日常生活に支障が出てしまうのです。慢性頭痛や脳の病気に伴う頭痛など原因はさまざまですが、二日酔いは日常的に起こる頭痛の一種といえます。二日酔いの頭痛を解消するためにも、原因をしっかりチェックしておきましょう。

1-2.頭痛が起きる原因

二日酔いで起きる頭痛は、血管拡張・脱水症状・アセトアルデヒドと3つの原因が挙げられます。基本的に、摂取したアルコールは胃腸で吸収され、肝臓で分解される仕組みです。しかし、アルコールの分解が遅れると頭部の血管が拡張し、ズキズキとした頭痛が起こります。また、アルコールの利尿作用で脱水症状になると、脳髄液という部分が減少し、静脈に直接負荷がかかり頭痛が発生するのです。最後のアセトアルデヒドは、アルコール分解の途中で発生します。強い毒性があるため、頭痛を誘発するものです。

1-3.頭痛になりやすい人や場面

毎日アルコールを飲んでいる人は二日酔いが激しい傾向があります。胃腸や肝臓が休まる日がないため、アルコール分解に時間がかかるのです。頭痛を誘発するアセトアルデヒドも大量に発生するでしょう。また、空腹でアルコールを飲んだり、一気飲みしたりするのもNGです。

2.頭痛を伴う二日酔いの対処法について

二日酔いで頭痛が起きた場合、対処の仕方によっては悪化することがあります。頭痛の症状を抑えるためにも、正しい対処法を把握しておきましょう。また、薬や漢方の効果についても詳しく説明します。

2-1.対処方法とは

すぐにできる対処法は、水分補給です。朝目覚めたらまずは水分を摂取してください。白湯(さゆ)や常温の水、緑茶もおすすめです。緑茶にはアセトアルデヒドを分解するタンニンが含まれています。また、オレンジジュースに含まれているビタミンCも分解・排出に役立つ成分です。水分補給とともに、果物も摂取しましょう。おなかが空かない場合は水分補給とフルーツで補えば大丈夫です。食欲が少しでもあるのなら、おかゆを食べて胃腸の働きを活性化させてください。

2-2.薬や漢方について

二日酔いに効果的な医薬品もあります。たとえば、アラニンやメチオニンが含まれているヘパリーゼやL-システインやビタミンCが含まれているハイチオールCです。しかし、医薬品は刺激が強すぎるあまり、体に負荷がかかることもあります。体力がなく、虚弱体質な方はおすすめできません。医薬品を飲むなら、漢方薬を利用してください。漢方薬は自然素材の生薬を使っているため、体に負荷をかけることはありません。特に、熊胆(ゆうたん)が効果的です。熊胆(ゆうたん)は、消化吸収を助け、腸の浄化や老廃物の排出をうながすなどさまざまな効果が期待できます。ほかにも、利尿作用がある猪苓(ちょれい)、血行をよくする桂枝(けいし)という生薬が効果的です。

2-3.複方熊胆円について

古来の中国から毒だしとして有名な熊胆(ゆうたん)が含まれている漢方薬があります。それは、複方熊胆円です。一体、どのような特徴を持っているのでしょうか。

2-3-1.特徴

複方熊胆円の特徴は、主成分に熊胆(ゆうたん)が含まれていることです。熊胆(ゆうたん)は胃腸・肝臓など消化器系の薬として重宝されてきました。代謝・排泄(はいせつ)に重要な胆汁の分泌が活性化するため、アセトアルデヒドの分解スピードも速くなるのです。また、複方熊胆円は体内の余分なものを排出するだけでなく、和漢生薬がバランスよく含まれているため胃腸・肝臓機能を回復させます。消化・吸収・代謝・排泄機能すべてを高め、正常な働きに戻るのです。

2-3-2.購入方法

複方熊胆円を販売している福見産業のホームページからご購入ください。60個入り8000円で提供しております。初めての方は全額返金保証がついているため、1カ月間のお試しで効果がなくても安心です。もちろん、送料は無料なのでまずは1度お試しください。1日3回毎食後に服用します。

2-4.やってはいけないこと

二日酔いから抜け出そうとお風呂で新陳代謝を上げる方がいます。しかし、お風呂やサウナは逆効果になるため注意してください。体内に残っているアルコールの影響で血圧と心拍数が上昇します。結果、心臓に大きな負担がかかるのです。実際に入浴して脳卒中を起こした方はたくさんいらっしゃいます。また、「二日酔いはお酒で治す!」と迎え酒をする方は多いでしょう。しかし、アルコールの量が増えるだけなので、症状は治りません。大切なのは、胃腸や肝臓を休めて正常な働きに戻すことなのです。

3.二日酔いの予防方法について

二日酔いによる頭痛を防ぐためには、日ごろの行いが大きく関係しています。そこで、アルコールを飲む前にできること、飲んでいる間、飲んだ後の予防法について詳しく説明しましょう。

3-1.飲む前にできること

飲む前でできる予防法は、おなかの中に食べものを入れることです。空腹の状態でお酒を飲んでしまうと、アルコールの吸収率が上がります。先に食べものを食べてしまうと、「お酒がおいしく感じない」と思う方はいるでしょう。しかし、二日酔い対策のためにも、一口でもいいので食べてください。できれば、魚肉ソーセージや乳製品などたんぱく質が豊富なものが好ましいでしょう。また、牛乳やミネラルウォーターなど、事前の水分補給も予防策になります。お酒は体内の水分を奪い、脱水症状を起こすきっかけになりかねません。頭痛を防ぐために、最低でも500ミリリットルの水分を摂取してから飲み会に参加しましょう。

3-2.飲んでいる間の予防法

アルコールを飲んでいるときに気をつけてほしいのが量です。事前に水を飲んで対策をしていても、アルコールの摂取量が多すぎれば肝臓は処理しきれません。アルコール健康医学協会によると、1回の飲酒適量はアルコール20グラムとされています。特に、女性は男性よりも肝機能が弱いため量には気をつけたほうがいいでしょう。アルコール20グラムの目安は以下のとおりです。

  • ビール:ロング缶1本(500ミリリットル)
  • 日本酒:1合(180ミリリットル)
  • 焼酎:0.6合(およそ110ミリリットル)
  • ワイン:4分の1(およそ180ミリリットル)
  • 缶チューハイ:1.5缶(およそ520ミリリットル)

また、量をセーブするためにもお酒を1杯飲んだら同じ量の水も飲んでください。脱水症状が抑えられると同時に、肝臓の分解も落ち着きます。ただし、水割りはNGです。お酒はお酒、水は水と別ものに考えなければなりません。適量を少しずつ飲むことも予防策の1つです。グラスが空くとすぐに次のお酒をすすめられるときは、少しずつ飲み、おつまみなども食べながらにしましょう。

3-3.飲んだ後の予防法

「飲んだ後では予防できない」と思っていませんか? 実は、飲んだ後でも二日酔いの対策ができます。飲んだ後は、できるだけ水分補給をしてください。水分補給をすることで寝ている間に肝臓がアルコールの分解をすすめてくれます。脱水症状の状態で寝てしまうと、血液中の水分も減り、血液がドロドロの状態になるでしょう。その結果、起床時に脳血栓の発作が起きてしまうのです。帰宅してからコップ1杯のお水を心がけてください。また、入浴を避けて睡眠に徹しましょう。アルコール摂取後の入浴は脱水症状を起こす要因です。顔を洗う程度で済ませ、翌朝にシャワーを浴びてください。

3-4.そのほか

ほかにも肝機能を高める食品を多めに摂取するといいでしょう。肉類・魚介類・乳製品・卵などのたんぱく質、レバー・うなぎ・ほうれん草・豚肉・玄米・ごま・ブロッコリ―などのビタミン類がおすすめです。日ごろから肝機能を高める食品を摂取することでアルコールを分解しやすい環境が整います。二日酔い対策だけでなく、健康的な生活が送れるでしょう。なかなか食事のバランスがとれない方は、サプリメントを利用するのも1つの方法です。

3-5.注意点

「飲み会の前にウコンを飲めば大丈夫!」と思っている方は多いでしょう。ウコンに含まれるクルクミンという成分は、確かに肝機能を高めることができます。しかし、即効性はありません。飲み会の前に飲んでも対策にはならないのです。さらに、ウコンは毎日摂取すると肝機能障害を起こす恐れがあるといわれています。頻繁に飲むと体に大きな負担をかけるため注意してください。

4.二日酔いにかんしてよくある質問

二日酔いにかんしてよくある質問を5つピックアップしてみました。二日酔いの頭痛で悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

4-1.二日酔いの頭痛に効くツボはあるのか?

合谷(ごうこく)と呼ばれているツボが効果的です。合谷(ごうこく)は手の親指と人差し指の骨、この2つのつけ根の間にあります。少しくぼんでいるので見つけやすいでしょう。ツボを押すときは3~5秒ほどゆっくり押し、1秒休んでから再び押してください。後はこの流れを4~5回くり返すだけです。

4-2.飲酒中のおつまみは何がいいのか?

お酒を飲んでいると、からあげなどの揚げものが食べたくなりますよね。しかし、揚げものや肉・魚などの油ものを飲酒中に食べると、消化吸収に時間がかかるのです。アルコールの吸収・分解も遅くなるため、おつまみ選びも慎重にしましょう。おすすめは、豆腐・枝豆などたんぱく質が豊富で低カロリーのものです。

4-3.アルコールの分解・排出にかかる時間は?

体調不良でなければ、アルコールの分解・排出におよそ3~4時間かかります。体調が悪くなっているときは5時間以上かかることもあるでしょう。そのため、たくさんの量を飲むほどすべてのアルコールを分解・排出するまでに時間がかかり、悪酔いしてしまうのです。

4-4.二日酔いで食欲がない場合はどうすべきか?

できれば、おなかの中に何かものを入れたほうがいいでしょう。どうしても食欲がない場合は、無理に食べることはありません。朝食・昼食を抜く場合は、夕食をしっかり食べましょう。夕食にカロリーを摂取することも回復方法です。食べものを口にしない代わりに、朝と昼は水分補給を忘れないでくださいね。

4-5.予防や対策をしても頭痛が治まらないときは?

いくら予防対策をしても二日酔いの頭痛が治まらない場合は、病院に行ってください。二日酔いなど日常的な頭痛ではなく、何かしらの病気がきっかけになっている可能性があります。頭痛を辛抱したり、薬で対処したりするよりも専門家に診てもらったほうが安心です。

まとめ

いかがでしたか? 二日酔いの代表的な症状である頭痛は、日常生活に悪影響をもたらすものです。できるだけ、早めに解消するためにも日ごろの生活から見直さなければなりません。たんぱく質が多い食品を摂取し、睡眠の確保や水分補給をしましょう。特に、水分補給は脱水症状による頭痛を防ぐ大切なポイントです。飲む前・飲んでいるとき・飲んだ後すべてにおいて、水分補給が大きな効果をもたらします。また、胃腸や肝臓の働きを促す漢方薬「複方熊胆円」の摂取も1つの予防法です。複方熊胆円に含まれている熊胆(ゆうたん)は、代謝・排泄(はいせつ)を促します。二日酔いによる頭痛について詳しく知り、きちんと対策をすれば悩まされることもありません。