二日酔いの解消法法

【必見】二日酔いの頭痛とおさらば!解消のポイントを徹底解析!

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

二日酔いによる頭痛がひどいと、日常生活が困難になりますよね。「なんとかしたい」「どうすれば二日酔いから脱出できるのか」など、頭を抱えている方は多いはずです。雑誌やテレビなどでさまざまな方法が紹介されていますが、本当に効果はあるのでしょうか。二日酔いの頭痛を解消するためには、きちんとその仕組みについて把握しておかなければなりません。これから、二日酔いと頭痛の関係や対処法・予防方法など説明します。

  1. 二日酔いと頭痛の関係について
  2. 頭痛を伴う二日酔いの対処法について
  3. 二日酔いの予防方法について
  4. 二日酔いにかんしてよくある質問

この記事を読むことで、二日酔いによる頭痛の治し方や正しい対処法と予防法を知ることができます。二日酔いと頭痛について知りたい方はぜひチェックしてください。


1.二日酔いと頭痛の関係について

お酒を大量に飲んだ後、頭痛や吐き気などの症状が起きることがあります。二日酔いによる頭痛を治すためにも、関係性について詳しく把握してください。

1-1.二日酔いの代表的な症状

二日酔いの症状は、頭痛・吐き気・のどの渇き・脱力感・胸やけなどです。中でも、最も多い症状が頭痛ではないでしょうか。大きい音を耳にするだけでもキーンと頭の中に響き、強い痛みを感じます。頭痛があまりにもひどすぎると思うように仕事や生活もできず、日常生活に支障が出てしまうのです。慢性頭痛や脳の病気に伴う頭痛など原因はさまざまですが、二日酔いは日常的に起こる頭痛の一種といえます。二日酔いの頭痛を解消するためにも、原因をしっかりチェックしておきましょう。

1-2.頭痛が起きる原因

二日酔いで起きる頭痛は、血管拡張・脱水症状・アセトアルデヒドと3つの原因が挙げられます。基本的に、摂取したアルコールは胃腸で吸収され、肝臓で分解される仕組みです。しかし、アルコールの分解が遅れると頭部の血管が拡張し、ズキズキとした頭痛が起こります。また、アルコールの利尿作用で脱水症状になると、脳髄液という部分が減少し、静脈に直接負荷がかかり頭痛が発生するのです。最後のアセトアルデヒドは、アルコール分解の途中で発生します。強い毒性があるため、頭痛を誘発するものです。

1-3.頭痛になりやすい人や場面

毎日アルコールを飲んでいる人は二日酔いが激しい傾向があります。胃腸や肝臓が休まる日がないため、アルコール分解に時間がかかるのです。頭痛を誘発するアセトアルデヒドも大量に発生するでしょう。また、空腹でアルコールを飲んだり、一気飲みしたりするのもNGです。

12