便通の改善方法

便通が悪いと悩んでいる方必見!原因や改善方法を紹介します。

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

便秘は多くの方が悩んでいる体の不調です。特に女性は便秘に悩む方が多く、生まれてから一度も便秘になったことがないという女性の方はごくわずかでしょう。そのため、便秘解消の方法もたくさん紹介されています。また、便秘になる理由も様々ですから、原因に沿った解消法をすることが大切です。一方、男性の方は便秘よりも下痢に悩む方がたくさんいます。下痢も便秘も便通が悪いという点では変わりありません。

そこで、今回は便通を改善する方法をいろいろとご紹介しましょう。

  1. 便通に関する基礎知識
  2. 便通が悪くなる原因
  3. 器質性便秘を解消し、便通を良くする方法
  4. 便通改善の薬について
  5. 便通の改善についてよくある質問

便通を改善する方法の知識が増えれば、便秘の悩みもより解消しやすくなります。便秘がちな方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.便通に関する基礎知識

はじめに、便通に関する基礎知識をご紹介します。理想的な便通とはどのようなものでしょうか

1-1.便通とは?

便通とは、文字どおり便が出ることです。私たちは毎日食べ物を食べ、そこから栄養を吸収します。食べ物から栄養を吸収した後の残りかすや、古くなった内臓内の細胞などの老廃物からできているのが便です。体に不要なものですし、毎日できます。ですから、速やかに排出するのが理想的です。

1-2.便通の良し悪しと理想の便通とは?

健康な便は水分が70%~80%未満で、数量は150g~200gといわれています。適度な長さがあり、排出された後もしっかりと形を保っていれば健康的な便といえるでしょう。良い便通とは、これが毎日出ることです。人によっては毎日排便がない方もいますが、1日おきくらいに便通があり常に健康的な便が出ているのなら問題はありません。また、1日に複数回排便があっても健康的な便ならば大丈夫です。
逆に、毎日便通があってもウサギのフンのようにコロコロとした形のものや、水量が多すぎて形を保っていられない便が出るようならば、良い便通とはいえません。腸内環境が悪化しているかもしれませんし、病気の可能性もあります。

1-3.便秘と便通の関係

便秘とは、何日も便通がない状態の他、便通があってもごく少量の場合を指します。ですから、便通が毎日あるからといって便秘ではないともいい切れません。便通があっても残便感があったりお腹の張りが治まらないようでしたら、便秘の可能性があります。また、何日も便が出ない状態が続いた後、下痢や軟便が出る場合も便秘が解消したとはいえません。何日も便が出ない状態から、健康的な便が規則正しく出るようになってはじめて便秘が解消したといえます。