膝が痛いの原因

膝が痛くて正座ができない! その原因は何? 対処法と共に紹介します。

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

正座は日本独特の文化です。今は和室でもいす席が増えてきましたが、それでも正座をする機会は多いことでしょう。しかし、膝の関節が痛んだり太ももやふくらはぎの筋肉が強張っていたりすると、正座ができなくなります。正座ができないほどの膝に痛みがある場合は、日常生活にも支障が多いことでしょう。

そこで、今回は正座ができなくなる原因や対処方法・予防方法などをご紹介します。

  1. 正座ができない原因とは?
  2. 正座ができなくなった場合の対処方法
  3. 膝関節の痛みや筋肉のこわばりを予防する方法
  4. 正座ができないことに関するよくある質問

この記事を読めば正座ができない原因が分かり、改善方法も見つかるかもしれません。膝の痛みなどによって正座ができずに悩んでいるという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.正座ができない原因とは?

はじめに、正座ができなくなってしまう原因の代表例をご紹介します。どのような原因があるのでしょうか?

1-1.関節の病気

変形性関節症・関節リウマチ・滑液包炎・関節炎などを発症すると、膝関節が変形したり痛みを感じたりして正座ができなくなります。変形性関節症や関節炎などは、年を取るにしたがって患者数が増えて行きますが、関節リウマチや滑液包炎は若い年代の方でも発症する病気です。特に、膝関節の中にある滑液包という袋が炎症を起こす滑液包炎は、長時間正座をすることによっても発症します。病気由来の関節痛は、整形外科をはじめとした病院で適切な治療を受けないと治りません。また、病気の状態によっては、医師から正座をしないようにいわれることもあるでしょう。

1-2.病気未満の関節痛

膝の関節は、人体で最もよく動かす関節の一つです。膝の関節は太ももの骨とふくらはぎの骨・膝蓋骨(膝の骨)の3つの骨と腱から成り立っています。骨の先には軟骨がついており、硬い骨同士がぶつからないようにクッションの役割を担っているのです。しかし、年を取るにつれて軟骨がすり減り、硬い骨同士が直接ぶつかって痛みを感じるようになります。軟骨には再生能力がありますが、年を取ると再生能力が摩耗に追いつかなくなるのです。こうなると、正座をしていても関節が痛むようになるでしょう。

若い年代の方の場合は、膝関節の使い過ぎによって痛みを感じるようになることがあります。サッカーや陸上など足を使う運動を長時間行っていると、膝に痛みを感じるようになる方は珍しくありません。このような場合も正座ができなくなります。

1-3.良性の腫瘍ができた

ガングリオンやベーカー嚢腫(のうしゅ)といった良性の腫瘍が膝裏にできると、それが邪魔で正座ができなくなります。ガングリオンは若い女性に発症しやすいゼリー状の粉瘤(ふんりゅう)で、手の関節にできることが多いのですが、まれに膝裏にもできることがあるのです。ベーカー嚢腫も同じように膝裏にできる良性の腫瘍ですが、こちらは関節リウマチの合併症としてもできることがあります。良性の腫瘍は無理に取る必要はありませんが、神経や血管を圧迫してしびれや痛みを感じる場合は治療の対象になることもあるでしょう。

1-4.太ももやふくらはぎの筋肉の硬直

太ももやふくらはぎには、立ったり歩いたりするための筋肉が多くついています。長時間の立ち仕事や運動不足・姿勢の悪さなどが原因でこの筋肉が硬直してしまうと、正座ができなくなるのです。
筋肉の硬直はむくみの原因にもなるため、足がむくみやすいという方は、筋肉が硬直している可能性もあるでしょう。筋肉の硬直は高齢になるほど起こりやすくなりますが、立ち仕事をしている若い方にも起こります。

12