腸の蠕動運動

腸の蠕動運動とは?メカニズムや活発にして便秘を解消する方法を解説

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)とは、消化した食べ物を腸の中で移動させたり便を体外へ排出させたりする動きです。蠕動運動が活発ですと胃腸の調子もよく、便通もスムーズになります。蠕動運動が鈍ったり、動きが不規則になったりすると便秘や下痢の原因にもなるでしょう。

そこで、今回は蠕動運動のメカニズムや蠕動運動を活発にする方法をご紹介します。

  1. 腸の蠕動運動に関する基礎知識
  2. 腸の蠕動運動を活発にする方法
  3. 腸の蠕動運動に関するよくある質問

この記事を読めば、便秘が解消するヒントをつかめるかもしれません。便秘に悩んでいる方や頻繁にお腹が緩くなって困っているという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.腸の蠕動運動に関する基礎知識

はじめに、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)のメカニズムをはじめとする基礎知識をご紹介します。蠕動運動とはどのような体の働きなのでしょうか?

1-1.蠕動運動のメカニズム

私たちが食事をすると、食べ物は口から食道を通って胃に入ります。すると、胃は動きながら消化液を出して食べ物を消化するのです。これが、蠕動運動の始まりとなります。胃で消化された食べ物は、腸へと向かうのです。腸は人体の中で最も長い器官であり、食べ物はそこを通過しながら栄養を吸収され、やがて体内の老廃物とまじりあって便になります。この時、腸を動かして食べ物を小腸から大腸へ動かす動きが、蠕動運動です。
また、便が溜まっているとそれを排泄させようとして大腸や直腸が蠕動運動を起こします。食事の後しばらくすると便意が起きやすいのは、蠕動運動のおかげです。

1-2.蠕動運動と自律神経

蠕動運動は、自律神経によって調節されています。自律神経というのは眠気や興奮・消化活動など意志の力では制御できない体の動きを司っている神経です。自律神経には交感神経と副交感神経があり、腸の蠕動運動は副交感神経が活発になるとそれに合わせて活発になります。

1-3.腸の蠕動運動が鈍くなる時とは?

何らかの理由で自律神経の働きが乱れたり、腸を支える腹筋が減ったりすると、腸の蠕動運動は鈍くなります。また、食べる量が少なくなっても蠕動運動は鈍りがちになるでしょう。腸が動かなければ、腸の内容物がうまく動かなくなります。そうなると、便秘や消化不良を起こすのです。また、今まで鈍っていた蠕動運動が急に活発化すると、下痢になることもあります。

1-4.よい蠕動運動と悪い蠕動運動の違いとは?

腸が蠕動運動を起こすと、時折音が出ることがあります。「お腹が鳴る音」というのも、蠕動運動のせいです。お腹から音が鳴ると恥ずかしいという方もいますが、蠕動運動が正常に行われている証でもあります。また、正常な蠕動運動は痛みを伴いません。健康な便が出る時は、「出したい」という状態になっても腹痛が起きることはなないでしょう。
蠕動運動が正常に行われないと、腹痛が起こります。便秘がしばらく続いた後で激しいお腹の痛みと共に大量に便が出るという方もいるでしょう。これは、蠕動運動が乱れている証です。また、市販の便秘薬で無理やり腸を動かした場合も腹痛が起こりやすくなります。蠕動運動の乱れが激しくなると、過敏性大腸症候群と診断されることもあるでしょう。

1-5.鈍くなった蠕動運動を放置しておく危険性

腸の蠕動運動が鈍くなったまま放置しておくと、ひどい便秘になる恐れがあります。蠕動運動が弱まれば便を送り出しにくくなり、便秘になるでしょう。便秘になると腸内に便が長くとどまり、毒素を出して腸内環境を悪化させます。また、便は腸にとどまっているうちに水分が抜けて余計に排泄されにくくなるのです。こうなると、便秘はますます解消しにくくなり悪循環に陥ります。腸の蠕動運動を正常に戻すことも、便秘を解消するためには大切です。

12