便秘の方必見!

つらい便秘の方必見! 大腸の働きを良くしてスッキリ解消しよう!

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

女性の多くが悩まさされているのが便秘です。便秘はつらいだけでなく、放っておくと口や体から便臭を放出するようになります。さらに、最悪の場合には腸壊死(えし)や腸破裂を引き起こす、とても怖いものです。ですから、なるべく早めに便秘を改善しなければいけません。そのためには、大腸の働きを良くすることが一番大切です。そこで、今回は大腸の働きを良くするための方法について、ご紹介していきます。

  1. 大腸ってどんな器官?
  2. 大腸の働きについて
  3. 大腸の働きと病気について
  4. 大腸の働きを良くする方法
  5. 便秘におけるよくある質問

この記事を読むことで、大腸にまつわる基本的な知識と便秘の解消方法を学ぶことができます。便秘以外にも、大腸における病気などについても解説しているので、ぜひお見逃しなく!


1.大腸ってどんな器官?

1-1. 大腸の仕組み

大腸は非常に長い臓器です。成人の大腸は1.5~2メートル程度の長さがあります。また、太さも大きく、小腸の2~3倍程度の太さです。小腸が2~3センチ弱ですから、5~8センチほどになるでしょう。大腸は4つの部位に分けられます。小腸に近い方から順に『盲腸』『結腸』『直腸S状部』『直腸』です。さらに、大腸とその周囲には、血管・リンパ管・神経が張り巡らされています。

1-2.機能について

大腸の腸壁は層状構造になっており、ぜん動運動を行っています。このぜん動運動によって、便を肛門(こうもん)へ送っているのです。人によってはこのぜん動運動が弱い人がいます。そのような人は、便秘になりやすいのです。