便秘に整腸剤は効果的? 整腸剤の問題点やそのほかの便秘薬について

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

便秘が長く続くとおなかがパンパンになり、体調面でもツラい状態が続きますよね。便秘は腸内に毒素や老廃物がたまっている証拠です。腸内環境を整えれば、便秘も自然と解消できます。そこで、大活躍するのが整腸剤です。整腸剤を飲んで、腸の働きを活性化させ、便秘解消へと導く方も多いのではないでしょうか。しかし、整腸剤にも大きな問題点があります。そこで、今回は、整腸剤の基礎知識や便秘との関係性・摂取上の注意点・整腸剤ではない便秘薬などについて詳しく見ていきましょう。

  1. 整腸剤の基礎知識
  2. 便秘と整腸剤の関係
  3. 整腸剤の摂取上の注意点
  4. 整腸剤ではない便秘薬について
  5. 便秘と整腸剤にかんしてよくある質問

この記事を読むことで、便秘における整腸剤の効果や副作用などがわかり、便秘解消のための正しい知識を得ることができます。整腸剤や便秘解消のポイントについて知りたい方は要チェックです。


1.整腸剤の基礎知識

現在、便秘になったときに整腸剤を使う方はきちんとその特徴を把握しているでしょうか。きちんと理解しておかないと、便秘が悪化する恐れもあります。整腸剤はどんな薬なのか、種類や主な成分などについて詳しく見ていきましょう。

1-1.どんな薬か

腸を整える薬剤の総称を整腸剤といいます。そもそも、便秘の原因は腸の働きが低下していることがほとんどです。腸は栄養を吸収する場所であり、体外に不要なものを排出させる機能を持っています。腸内環境が悪いほど老廃物や毒素がたまり、その結果、便秘になるというわけです。整腸剤を飲むことで腸の環境が整うため、本来の機能が活性化し、便を押し出すことができます。

1-2.何に効くのか

基本的に、整腸剤は腸内環境を整えることが目的の薬です。腸内環境が悪化することで起こる便秘が解消でき、大腸の運動を活性化させることができます。また、腸内の働きを活性化させる善玉菌が増えるため、免疫力の増強・悪玉菌の抑制・ビタミンの生成促進効果も期待できるのです。腸内環境を整えると健康面だけでなく、美肌などの美容面にも効果が現れるでしょう。

1-3.種類

整腸剤を大きくわけると、消化酵素剤と調整剤の2種類があります。消化酵素剤は直接腸の働きを助けるものです。一方、調整剤は胃腸運動を促進させる・消化液の分泌を促す働きを持っています。それぞれ用いられる成分が異なるため、以下にまとめてみました。

<消化酵素剤>

  • ペプシン
  • パンクレアチン
  • 植物性のジアスターゼ、など

<調整剤>

  • 利胆剤(りたんざい)
  • 総合アミノ酸製剤
  • 乳酸菌製剤
  • 自律神経遮断剤
  • 精神安定剤、など

1-4.主な成分

種類によって含まれている成分は異なりますが、整腸剤の主成分は生菌です。生菌とは生きたままの菌を指しています。生きている菌がそのまま腸まで届くことで、善玉菌増殖へと導くことができるのです。整腸剤に含まれている生菌は以下の種類になります。

  • ビフィズス菌:大腸で乳酸と酢酸を生み出す菌。悪玉菌の繁殖を抑制する
  • フェカリス菌:小腸で乳酸を生み出す菌。悪玉菌の抑制やビフィズス菌の増殖を助ける
  • 有胞子性乳酸菌:乳酸を生み出して腸内環境を整える
  • 納豆菌:胃酸に強く、腸内で発芽する菌。乳酸菌やビフィズス菌の増殖を助ける

1-5.下剤との違い

下剤と整腸剤は両方とも便秘を改善する薬です。しかし、便秘を改善する方法に大きな違いがあります。整腸剤は腸内環境を整えて便秘解消へと導く薬です。一方、下剤は薬の効果で強制的に便秘を改善します。腸内にたまっている老廃物や毒素を無理やり排出するため、腹痛を感じるなどのデメリットもあるのです。下剤は便秘が深刻な状態に効果的な薬といえます。

2.便秘と整腸剤の関係

整腸剤は便秘にどのような効果やメリットがあるのでしょうか。便秘と整腸剤の関係について詳しく説明します。

2-1.便秘薬としてのメリット

便秘を解消するためには、まず腸内の働きを活性化させなければなりません。下剤で老廃物や毒素を強制的に排出しても、腸内環境が悪ければ再び便秘になってしまいます。整腸剤の本来の目的は腸内環境を整えることにあるのです。そのため、便秘の根本的な解決ができます。また、便秘のタイプを問わずに使用できるのも整腸剤のメリットです。便秘には弛緩性(しかんせい)便秘・痙攣性(けいれんせい)便秘・器質性便秘とさまざまな種類があります。自分がどんな便秘になっているのかわからずとも気軽に使用可能です。

2-2.効果について

さまざまな便秘に使用できる整腸剤ですが、特に、痙攣性(けいれんせい)便秘に効果的です。痙攣性(けいれんせい)便秘は、ストレスによる自律神経の乱れで腸内が痙攣(けいれん)します。よって、腸が正常に動かなくなり、老廃物や毒素がたまりやすくなるというわけです。また、整腸剤は便秘薬や下剤のように即効性はありません。

2-3.服用のポイント

即効性はありませんが、正しい量など用法を守ることで効果が現れます。整腸剤の服用ポイントは、食後です。食後は食べものの分解などで腸内の働きが活性化しているため、整腸剤の成分が吸収しやすくなっています。食前に服用すると、胃酸で成分が死んでしまうのです。食後は胃酸が薄くなっているため、絶好のタイミングといえます。また、1~2週間ほど飲み続けても効き目が現れないときは服用をやめてください。腸内の菌のバランスは人によって異なり、効果的な整腸剤も体質に左右します。違う菌を主成分とする整腸剤に変えてみるのも1つの方法でしょう。

3.整腸剤の摂取上の注意点

すべての人に整腸剤の効果があるとは限りません。誤った服用や副作用・デメリット・向かない人もいます。整腸剤の摂取上の注意点について詳しくチェックしておきましょう。

3-1.注意点とは

整腸剤は定められた用法と用量を守らなければなりません。たくさん服用したほうが効果も期待できると思いますが、過剰な摂取は逆効果になってしまいます。また、ほかの薬と一緒に服用することもNGです。服用している薬によっては飲み合わせが悪いものもあるので注意してください。基本的に、整腸剤に含まれている生菌は毎日飲み続けても体に害をおよぼしません。しかし、最初は効果があっても、次第に効果に対する耐性ができ、飲むのをやめてしまうと便秘状態に戻る可能性があります。そのため、1度飲み始めると定期的に購入しなければならなくなるでしょう。

3-2.副作用・デメリットについて

整腸剤に現れる副作用として、腹部膨満感や下痢・アレルギー反応などが挙げられます。異常が出た場合は、すぐに服用をやめて医療機関で診察を受けてください。場合によっては、別の病気が便秘の原因になっている可能性があります。また、整腸剤に含まれている成分と体質が合わなければ副作用が起きるデメリットもあるのです。アレルギーを持っている方は、整腸剤を飲む前に医師へ相談したほうがいいでしょう。

3-3.向かない人

今すぐに便秘を解消したい方には向いていません。整腸剤は長く飲み続けることで効果が期待できるものです。しかし、基本的に整腸剤はどのような便秘タイプにも使用できる薬なため、定期的に服用することで腸内環境を整えることができます。

3-4.注意点

便秘以外の病気を抱えている方は、整腸剤が病気に悪影響を与えないかどうか確認しなければなりません。事前に担当の医師や薬剤師に相談しましょう。飲み始めたとしても、一定期間ごとに効果を確認する必要があります。

4.整腸剤ではない便秘薬について

便秘が解消できる薬は整腸剤・下剤だけではありません。整腸剤ではない便秘薬もあります。一体どんな成分や便秘薬があるのでしょうか。

4-1.便秘に効果のある成分とは

便秘に効果のある成分といえば、食物繊維と乳酸菌が有名です。食物繊維は腸内にたまっている老廃物や毒素を排出する成分でもあります。腸内を掃除してくれる成分となるため、豊富に含まれている野菜を摂取していきましょう。もう1つの乳酸菌は、腸内環境を活性化させる善玉菌を増やす効果があります。チーズ・牛乳・ヨーグルトなど乳製品に含まれている成分です。

4-2.どんな便秘薬があるのか

便秘薬の種類は、刺激性成分・浸潤性成分・膨潤性成分・漢方成分・塩類成分にわけることができます。それぞれの特徴と主な成分を以下にまとめてみました。

<刺激性成分>

  • 主な成分:ビサコジル・センナなど
  • 特徴:神経や超粘膜を刺激することで腸のぜん動運動を活性化させる

<浸潤性成分>

  • 主な成分:ジオクチルソジウムスルホサクシネートなど
  • 特徴:腸内に水を与えて便をやわらかくさせ排出する

<膨潤性成分>

  • 主な成分:プランタゴ・オバタ種皮など
  • 特徴:腸内で水分を吸収し便を膨張させやわらかくする

<漢方成分>

  • 主な成分:麻子仁丸・大黄甘草湯など
  • 特徴:神経や超粘膜を刺激して腸のぜん動運動を活性化させる

<塩類成分>

  • 主な成分:酸化マグネシウム・水酸化マグネシウムなど
  • 特徴:腸内へ水分を集めて便をやわらかくさせる

4-3.和漢生薬製剤について

便秘解消法として、和漢生薬製剤を使うのも選択肢の1つです。和漢生薬製剤は体に負担をかけることなく、人間本来の機能を活性化させることができます。和漢生薬製剤はいわゆる漢方薬のことで、体質改善の目的を持っているのです。効果が出てくるまで1か月~3か月ほど時間はかかりますが、便秘になりやすい体質が改善できます。

4-4.妊婦や子どもに使える便秘薬とは

整腸剤や下剤などの便秘薬は妊婦・子どもに刺激が強すぎます。そのため、体調不良や便秘の悪化・胎児への悪影響などデメリットが大きいのです。妊婦や子どもの便秘を解消する場合は、できるだけ体に負担のかからないものがいいでしょう。刺激の少ない便秘薬としておすすめしたいのが、漢方薬です。漢方薬は自然素材である生薬を組み合わせてできているため、体に負担がかかりません。免疫力の低い妊婦・子どもでも服用できます。

4-5.購入方法

薬局やドラッグストアで購入できますが、自分に合った漢方薬かどうかわかりませんよね。そこで、おすすめしたいのが「私の救急箱」で販売されている“複方熊胆円”です。複方熊胆円は古くから毒だしとして有名な熊胆(ゆうたん)を配合しています。消化・吸収・代謝・排泄(はいせつ)機能が回復でき、胃腸本来の働きを取り戻すことが可能です。さらに、初めて購入する方限定で全額返金保証キャンペーンを実施しています。ぜひ1度試してみてはいかがでしょうか。

4-6.相談窓口

医薬品・サプリメントの製造・販売を行っている「私の救急箱」には相談窓口があります。わからないことや商品について聞きたいことがあれば、問い合わせてみてください。また、漢方を扱っている病院や専門知識を有する漢方薬局に相談するのも1つの方法です。

4-7.注意点

整腸剤ではない便秘薬を使用する前に、自分に起きている便秘の症状をしっかり確認しておきましょう。なぜなら、人によって便秘の種類や症状はもちろん、体質も異なるからです。特に、漢方薬は体質に合っているものを選ばなければ効果が現れません。便秘の特徴や症状をきちんと把握しておけば、適切な漢方薬が選択できるでしょう。それでもわからない場合は、漢方薬局や商品を販売しているお店などに相談してみてください。

5.便秘と整腸剤にかんしてよくある質問

便秘と整腸剤にかんしてよくある質問を5つピックアップしてみました。

5-1.整腸剤を飲んでおけば便秘は解消できるのか?

整腸剤だけ飲めば便秘が解消できるわけではありません。確かに、整腸剤は腸内環境を整えてくれますが、基盤となる生活が規則正しくなければ難しいでしょう。栄養バランスが整った食事・最低7時間の睡眠・適度な運動という規則正しい生活を心がけてください。

5-2.日常で気をつけるべきこととは?

不規則な生活習慣が便秘の原因として多いのですが、最近特に目立つのがストレスによる便秘です。整腸剤を飲んでもストレスが解消できなければ、再び便秘になってしまいます。ストレスを感じたときはリラックスできる空間をつくりましょう。ストレッチをする・アロマオイルを焚(た)く・大好きな音楽を聴くなどリラックスタイムをすごしてください。

5-3.市販で売られている整腸剤とは?

ドラッグストアなどで販売している代表的な整腸剤といえば、強力わかもと・新ビオフェルミンS・ミヤリンサン・ラッパ整腸薬BFなどが挙げられます。含まれている成分が異なるため、購入する前に成分表をチェックしてください。

5-4.漢方薬に副作用はあるのか?

基本的に副作用はありません。漢方薬は自然由来の生薬でできているため、整腸剤よりも負担は少なめです。しかし、体質に合っていない漢方薬を服用すると、便秘の症状が悪化する・体調不良になるという副作用が稀(まれ)に出ることがあります。副作用が出たときは服用をやめたほうがいいでしょう。症状や体質に合った漢方薬を選ぶためにも、知識を持っている漢方薬局に相談してください。

5-5.妊娠中に服用できる整腸剤が知りたい

妊娠中は刺激が強い整腸剤を控えなければなりません。どうしても服用したいときは、ヒト由来の乳酸菌が配合されている整腸剤をおすすめします。また、整腸剤と一緒に日ごろの食事で乳酸菌飲料やヨーグルトなどを定期的に摂取してください。日常生活との工夫で腸内環境を整えることができます。

まとめ

いかがでしたか? 整腸剤の中には刺激的な成分が含まれているものもあり、必ずしも便秘が解消できる便秘薬とは限りません。腹痛・下痢・下腹部の膨張感など副作用が現れたときはすぐに服用をやめてください。整腸剤以外にも便秘が解消できるものはあります。体に負担をかけることなく、便秘が解消できるのが和漢生薬です。和漢生薬は体質改善を目的としたもので、自然由来の生薬を配合しています。便秘で悩んでいる方は、ぜひ和漢生薬を使用してみてはいかがでしょうか。事前に、整腸剤の基礎知識や便秘薬について詳しく把握しておけば、スムーズに解消できますよ。