便秘薬について

便秘に整腸剤は効果的? 整腸剤の問題点やそのほかの便秘薬について

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

便秘が長く続くとおなかがパンパンになり、体調面でもツラい状態が続きますよね。便秘は腸内に毒素や老廃物がたまっている証拠です。腸内環境を整えれば、便秘も自然と解消できます。そこで、大活躍するのが整腸剤です。整腸剤を飲んで、腸の働きを活性化させ、便秘解消へと導く方も多いのではないでしょうか。しかし、整腸剤にも大きな問題点があります。そこで、今回は、整腸剤の基礎知識や便秘との関係性・摂取上の注意点・整腸剤ではない便秘薬などについて詳しく見ていきましょう。

  1. 整腸剤の基礎知識
  2. 便秘と整腸剤の関係
  3. 整腸剤の摂取上の注意点
  4. 整腸剤ではない便秘薬について
  5. 便秘と整腸剤にかんしてよくある質問

この記事を読むことで、便秘における整腸剤の効果や副作用などがわかり、便秘解消のための正しい知識を得ることができます。整腸剤や便秘解消のポイントについて知りたい方は要チェックです。


1.整腸剤の基礎知識

現在、便秘になったときに整腸剤を使う方はきちんとその特徴を把握しているでしょうか。きちんと理解しておかないと、便秘が悪化する恐れもあります。整腸剤はどんな薬なのか、種類や主な成分などについて詳しく見ていきましょう。

1-1.どんな薬か

腸を整える薬剤の総称を整腸剤といいます。そもそも、便秘の原因は腸の働きが低下していることがほとんどです。腸は栄養を吸収する場所であり、体外に不要なものを排出させる機能を持っています。腸内環境が悪いほど老廃物や毒素がたまり、その結果、便秘になるというわけです。整腸剤を飲むことで腸の環境が整うため、本来の機能が活性化し、便を押し出すことができます。

1-2.何に効くのか

基本的に、整腸剤は腸内環境を整えることが目的の薬です。腸内環境が悪化することで起こる便秘が解消でき、大腸の運動を活性化させることができます。また、腸内の働きを活性化させる善玉菌が増えるため、免疫力の増強・悪玉菌の抑制・ビタミンの生成促進効果も期待できるのです。腸内環境を整えると健康面だけでなく、美肌などの美容面にも効果が現れるでしょう。

1-3.種類

整腸剤を大きくわけると、消化酵素剤と調整剤の2種類があります。消化酵素剤は直接腸の働きを助けるものです。一方、調整剤は胃腸運動を促進させる・消化液の分泌を促す働きを持っています。それぞれ用いられる成分が異なるため、以下にまとめてみました。

<消化酵素剤>

  • ペプシン
  • パンクレアチン
  • 植物性のジアスターゼ、など

<調整剤>

  • 利胆剤(りたんざい)
  • 総合アミノ酸製剤
  • 乳酸菌製剤
  • 自律神経遮断剤
  • 精神安定剤、など

1-4.主な成分

種類によって含まれている成分は異なりますが、整腸剤の主成分は生菌です。生菌とは生きたままの菌を指しています。生きている菌がそのまま腸まで届くことで、善玉菌増殖へと導くことができるのです。整腸剤に含まれている生菌は以下の種類になります。

  • ビフィズス菌:大腸で乳酸と酢酸を生み出す菌。悪玉菌の繁殖を抑制する
  • フェカリス菌:小腸で乳酸を生み出す菌。悪玉菌の抑制やビフィズス菌の増殖を助ける
  • 有胞子性乳酸菌:乳酸を生み出して腸内環境を整える
  • 納豆菌:胃酸に強く、腸内で発芽する菌。乳酸菌やビフィズス菌の増殖を助ける

1-5.下剤との違い

下剤と整腸剤は両方とも便秘を改善する薬です。しかし、便秘を改善する方法に大きな違いがあります。整腸剤は腸内環境を整えて便秘解消へと導く薬です。一方、下剤は薬の効果で強制的に便秘を改善します。腸内にたまっている老廃物や毒素を無理やり排出するため、腹痛を感じるなどのデメリットもあるのです。下剤は便秘が深刻な状態に効果的な薬といえます。