膝痛にはストレッチがおすすめ

【保存版】膝痛改善におすすめのストレッチは? やり方・注意点を徹底解説!

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

膝は、年を重ねたり運動をやり過ぎたりすることで大きな影響が出ます。今回は、「膝痛で階段がつらい」「膝痛を予防したい」と悩んでいる人のために、膝痛解消に効果的なストレッチをご紹介しましょう。ストレッチなら誰でも簡単にできるだけでなく、お金も必要ありませんからぜひ試してみてください。

  1. 膝のストレッチについて
  2. 膝のストレッチの注意点とコツ
  3. 膝のストレッチ:こんな人はやってはいけない!
  4. 膝関節のストレッチをしよう
  5. 膝のストレッチに関するよくある質問

この記事を読むことで、膝のストレッチの正しい方法を理解できます。ストレッチを行うことによって膝痛の悩みを解消できることでしょう。まずは、記事を読んでやり方や注意事項など、必要なことを学んでください。膝痛の悩みを解消したい人は必見です。


1.膝のストレッチについて

最初に、膝のストレッチについての基本を学びます。ストレッチの目的や必要性を理解しましょう。

1-1.ストレッチとは?

ストレッチとは、筋肉を柔らかくして、関節の動く範囲を広げるための動作のことです。ストレッチをすることで、心身の緊張をほぐす効果もあります。十分なストレッチを行った体は、ケガや故障を引き起こすリスクが低くなるものです。スポーツ選手が念入りにストレッチを行うのも、自分の実力を最大限に発揮するためだけでなく、故障を避けるためでもあります。

1-2.動的ストレッチと静的ストレッチについて

ストレッチは、大きく分けて動的ストレッチと静的ストレッチに分けることができます。

  • 動的ストレッチ:筋肉をいろいろな方向に伸ばしたりあらゆる方法で関節を動かしたりするストレッチ
  • 静的ストレッチ:筋肉の特定の方向にゆっくりと伸ばすストレッチ

1-3.膝のストレッチの目的や必要性

膝のストレッチは、膝の柔軟性を高め、可動域を広くすることで膝関節にかかる負担を軽減してくれる目的で行います。立っているとき、膝には体重がかかった状態です。何もしない状態であっても、立っているだけで膝には大きな負担になっていることを理解しましょう。ましてや、歩く・走る・運動するとなると想像以上の負荷がかかるのです。こうしたことから、ストレッチの必要性は高いと言えます。

1-4.膝の柔軟性と可動域の重要性

膝の柔軟性を高め、可動域を広げておくことはとても重要です。膝の柔軟性が高まれば、肉離れなどのリスクが減ります。関節の稼動域が広がることで、膝への負担が軽くなるのです。思わぬ不調やケガを防ぐためにも、普段から膝のストレッチで膝を強化しておきましょう。