歩きすぎで膝が痛い

【お悩み解消】歩きすぎで膝が痛い原因は?正しい対応と治療を解説!

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

気候のいい季節は、散歩が楽しくてつい歩きすぎてしまいますよね。しかし、歩きすぎて膝が痛くなることで悩むことも多いものです。膝が痛くなると歩くことが困難になり、外出も減ってしまうことでしょう。そこで、今回は、歩きすぎで膝が痛いと感じる原因や対応法・治療法など、詳しく解説します。つらい症状で悩んでいる人は、必見ですよ。

  1. 膝のメカニズムを学ぼう
  2. 歩きすぎで膝が痛むときとは?
  3. 歩きすぎで膝が痛む原因は?
  4. 歩きすぎによる膝の痛みをやわらげる方法
  5. 歩きすぎによる膝の痛みの予防方法
  6. 歩きすぎによる膝の痛みでよくある質問

この記事を読むことで、歩きすぎるとなぜ膝が痛いと感じるのか理解し、正しい対策を取ることができるようになります。つらい痛みを解消し、予防するためにも有益です。まずは、記事を最後まで読んでみてください。


1.膝のメカニズムを学ぼう

最初に、膝のメカニズムを学びましょう。膝の役割を理解し、歩きすぎと膝の痛みの関係を知ってください。

1-1.膝の役割とは

膝は、大腿(だいたい)骨と脛(けい)骨の中間に位置し、互いの骨の動きを連動して歩く・立つ・しゃがむ・座るなどの動きをサポートします。膝があることで、スムーズな動作ができるのです。膝には、歩くときの衝撃を吸収する役割もあります。いずれにしても、膝の健康に注意することは、日常生活の質を高めるためにも重要です。

1-2.膝の痛みが出るメカニズムとは

膝(しつ)関節には、骨と骨の間に軟骨が存在します。軟骨は、日常動作や歩行で知らず知らずのうちにすり減りやすいものです。長時間歩きすぎるなどで、膝に負担がかかり、軟骨がすり減ってしまうと骨同士がぶつかって痛みを発します。膝の痛みを自覚するころには、軟骨がほとんど無くなっている状態の人もいるので注意しましょう。

1-3.歩きすぎと膝の痛みの関係は?

通常より長く歩いたときは、膝を含め脚全体に負担がかかっています。しかし、膝の負担が最も大きいのは事実です。膝(しつ)関節は歩きすぎで悲鳴を上げている状態を、痛みで表現します。膝が痛いと感じるときは、膝(しつ)関節に何らかのトラブルが起きていると考え、適切な処置をすることが必要です。