刺激性下剤の特徴や服用方法

刺激性下剤の特徴や服用方法を知りたい! ほかの下剤との違いは何?

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

便秘は、多くの方が悩んでいる体の不調です。便秘が続くと腹部の膨満感やのぼせ・吐き気などの不快な症状が出る方もいるでしょう。便秘が長引いたり急に便秘になったりすると、体の不調が出やすくなります。そんなときに、役立つのが下剤です。便秘になる度に下剤を使っているという方もいることでしょう。

今回は、下剤の一種である刺激性下剤の解説を中心に下剤の種類や使い方の注意点などを紹介します。

  1. 下剤の基礎知識
  2. 刺激性下剤の特徴や注意点
  3. 刺激性下剤の上手な使い方
  4. 刺激性下剤以外の薬剤について
  5. 刺激性下剤に対するよくある質問

この記事を読めば、下剤の正しい使い方や使い分けのコツなどもよく分かるでしょう。便秘に悩んでいる方や、便秘を下剤で解消することが多いという方は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.下剤の基礎知識

はじめに、下剤の種類や効能などを解説します。下剤の使い過ぎは良くないといわれていますが、それはいったいなぜでしょうか?

1-1.下剤ってどんな薬?

下剤は、便を柔らかくしたり腸を刺激したりすることにより、排便を促す薬剤です。化学的に合成された薬剤から、センナや大黄といった生薬が原料の下剤まで、その種類はたくさんあります。また、飲み薬から直腸に直接注入する浣腸・坐薬まで投薬の方法もさまざまです。

1-2.下剤の種類とメカニズム

下剤には以下のような種類があり、それぞれ便秘を解消するメカニズムが異なります。

  • 膨張性下剤:便に水分を吸収させて柔らかくさせるとともに、膨張させて腸壁を刺激して排便を促す。多めの水で服用する。
  • 浸透圧下剤:腸内に多量の水分を引き込み、便を柔らかくする。習慣性がないので長期服用が可能。
  • 刺激性下剤:腸を刺激することによって活動を活発化させ、排便を促す。即効性はあるが腹痛が起きやすい。
  • 浣腸:直腸から薬剤などを入れて排便を促す。即効性が高い。
  • 坐薬:直腸内に炭酸ガスを発生させ、その刺激で排便を促す。

1-3.下剤のメリットとデメリット

前述のとおり、下剤を服用すればすぐに便秘が解消するほか、排便を促して腸内を空にできます。ですから、便秘の解消以外にも手術や検査をするために腸を空っぽにしなければならないときなどに、とても効果的です。また、便秘は長引くほどに便から水分が失われ、自力での排便が難しくなります。そのため、高齢者や病気などで腸の動きが鈍っている方などは、定期的に下剤を服用して便秘を予防することもあるでしょう。
その一方で、下剤は用法・用量を守らないと腹痛や下痢を引き起こします。また、刺激性下剤を使用して便秘を解消する習慣をつけてしまうと、やがて下剤なしでは腸が動かなくなる「弛緩性便秘」を発症することもあるでしょう。刺激性下剤のデメリットについては、後の項でより詳しく説明します。