二日酔い防止に薬やドリンクは役立つ? お酒を飲む前後にできる予防法

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

お酒好きな方は、飲み会や自宅での晩酌でつい飲み過ぎてしまうことがありますよね。気になるのは、二日酔いです。翌日までお酒が残っているような感覚を抱き、吐き気や頭痛を起こします。仕事に集中できず、不快感があるまま過ごさなければなりません。
「二日酔いは防止できる?」「自分でできる二日酔は?」といった疑問は、どなたも持つことでしょう。二日酔いにならず、楽しくお酒を飲みたいと感じるのは、誰でも同じだと思います。お酒は付き合い方が大事です。
今回は、二日酔いの防止にかんする情報をお届けします。

  1. 二日酔いとは?
  2. 二日酔い防止策とは?
  3. 二日酔い防止のおすすめアイテム
  4. 二日酔いでよくある質問
  5. まとめ

お酒に強く、飲み過ぎてしまう方ほど、二日酔いになりやすいので注意が必要です。おいしいお酒を楽しく飲むためには、二日酔い対策などもしっかり覚えておきましょう。


1.二日酔いとは?

そもそも二日酔いとはどのような症状なのか、なぜ二日酔いになるのかなど、基礎知識を理解しておきましょう。

1-1. 二日酔いとはどのような状態なのか?

二日酔いで最も多い症状は、強い吐き気です。吐き気にもいろいろな原因があり、飲酒による脱水や、アルコールを分解するときに発生するアセトアルデヒドによる毒が刺激するなど、種類が異なります。飲酒で胃腸の働きが悪くなることも、吐き気を誘発する原因です。
吐き気と同時に起こりやすいのは頭痛で、アルコールによって血流が良くなり、頭の血管が広がるために起こる拡張型頭痛が起こります。ほかには、胸やけや喉の乾燥なども起こるでしょう。

1-2.二日酔いになるメカニズム

飲酒しても、必ず二日酔いになるわけではありません。二日酔いになるのは、アルコールが体内で分解される過程で、アセトアルデヒドという有害物質が発生するためです。吐き気や頭痛を引き起こし、脱水症状も発症します。アセトアルデヒドが体内で分解され無害化されたら、二日酔いの症状も緩和するでしょう。

1-3.二日酔いの原因について

前述したとおり、二日酔いの原因はアセトアルデヒドです。アセトアルデヒドの分解能力を上回り、体内に蓄積された場合に、二日酔いとなって症状が現れます。人によって酔ったときに吐き気や頭痛が出るタイミングが異なるのは、アセトアルデヒドの分解能力に差があるためです。

1-4.二日酔いになりやすい人

二日酔いになりやすい人は、以下のようなタイプが挙げられます。

  • 空腹のまま飲酒をする
  • 1回の飲酒で口にするアルコールの種類が多い
  • お酒に強いと思い込んでいる
  • 飲みやすいお酒をたくさん飲む

1-5.二日酔いにはどんな危険があるのか?

二日酔いになるほど飲酒をするのは、体へのダメージが大きい証拠です。特に肝臓に負担がかかりやすく、全身状態も悪化していきます。二日酔いの急性期症状は1日で回復しても、肝臓が受けたダメージは続くものです。肝硬変に移行する危険性もあるでしょう。

2.二日酔い防止策とは?

二日酔いにならず、楽しくお酒を飲むためにできることをご紹介します。

2-1.二日酔い防止策として大事な点は?

二日酔いを防止するためには、空腹時の飲酒は避けることです。食べ物が入っていない胃にアルコールが入ることで、吸収されやすくなり、二日酔いを助長します。アルコールの吸収を緩やかにしてくれる、脂肪を含んだ食べ物を取るようにしてください。

2-2.飲む前にできること

アルコールは脱水を招きやすいため、ソフトドリンクなどの水分補給も同時に行いましょう。お酒だけを飲み続けないことが大切です。タンパク質を含む食べ物は、アミノ酸がアルコールを分解するため、二日酔いをしにくくします。飲む前になるべく意識して食べるようにしてください。

2-3.飲んでいる間のポイント

お酒を飲んでいる間にも、ちょっとした工夫をするだけで、二日酔いにならずに済みます。ポイントを覚えておきましょう。

2-3-1.同量の水を飲む

渇いた喉をお酒で潤したいという思いは理解できます。しかし、肝臓への負担が大きいため、飲むときは同じ量の水も取るようにしましょう。飲酒量を調整する役割もあり、飲み過ぎを抑制できます。

2-3-2.飲み過ぎないこと

お酒が強いと思い込んでいる人ほど、つい飲み過ぎてしまう傾向にあります。また、場の雰囲気を壊さないため、ほかの人と同じように飲まなくてはいけないこともあるでしょう。自分のペースを守り、節度ある飲酒を楽しむことが大切です。

2-3-3.おつまみを食べる

空腹時の飲酒が及ぼす悪影響をお伝えしました。おつまみを食べながら飲むようにし、胃への負担を軽減してみてください。チーズや肉類などのタンパク質、野菜などのビタミン類もおすすめです。タンパク質は二日酔いに対する最強の予防となります。

2-4.飲んだ後の予防法

お酒を飲んだ後は、よく眠ることと睡眠前の水分摂取を意識してください。飲酒による脱水と睡眠中の脱水が重なり、二日酔いを起こしやすくなります。眠る前にコップ2杯の水またはスポーツドリンクを摂取し、脱水を防いでください。また、よく眠ることで体が自然と回復するでしょう。睡眠不足による体調不良も、二日酔いを強める原因です。

2-5.二日酔い防止策でやってはいけないこと

発汗すればアルコールが抜けると勘違いされがちですが、間違いです。特に、飲酒後の長時間にわたる入浴は避けてください。入浴により、発汗が促され、脱水状態が長引いてしまいます。脱水により、アルコールの分解も遅れてしまい、肝臓への負担が大きくなるので危険です。

3.二日酔い防止のおすすめアイテム

二日酔いをしやすい方は、サプリや漢方などで対策を講じる方法もおすすめです。

3-1.二日酔いにいいとされる成分

3-1-1.どんなものがあるのか?

二日酔いで肝臓がダメージを受けるため、肝機能回復を促す栄養素を取ることが大切です。主に、ビタミンB15・ビタミンC・オルニチン・クルクミン・システイン・タウリンなどがいいでしょう。オルニチンはシジミ、クルクミンはウコンに含まれています。解毒作用があるのは、卵黄などに多く含まれるシステインです。アセトアルデヒドの分解を促進してくれます。

3-1-2.二日酔いにいい成分の取り方

必要な栄養素をサプリで取る方法もおすすめです。吐き気を止めるため、胃腸薬で対処するのも一時的に効果があります。ほかには、胃腸の働きを促進し、肝機能を高めてくれる漢方の服用もいいでしょう。肝臓エキスやウコンが配合されたドリンクも、二日酔い予防に効果があります。

3-1-3.複方熊胆円について

複方熊胆円(ふくほうゆうたんえん)は、私の救急箱より購入できます。熊の胆のうを原料とした漢方で、肝臓や胃腸など消化器全体の状態を改善する働きがあるのです。代謝能力も高め、老廃物や体内の有害物質を排出する役割があります。

3-2.二日酔い防止策を講じる場合の注意点

サプリや漢方を使っているから安心と思い込まず、二日酔いのときは休息を第一に考えてください。しっかり眠り、体が元の状態に戻りやすい環境を整えることが大切です。

4.二日酔いでよくある質問

二日酔いは心身共に疲弊してしまい、仕事や日常生活に支障が出ることもあります。質問集を生かし、二日酔い防止に努めてください。

4-1.吐き気がなかなか治らない

ひどい二日酔いになってしまい、吐き気が続くという方もいます。胃腸の回復を促す食べ物を取ることも大切ですが、水分をこまめに補給し、脱水を防ぎましょう。

4-2.アルコールの種類は1つにした方がいい?

なるべく複数種類のアルコールを混ぜないようにしましょう。1〜2種類までに留(とど)めておき、たくさん飲み続けられないようにする工夫も大切です。

4-3.脱力感を抱くのも二日酔いの特徴?

胃腸の調子が悪い・肝機能が落ちている・吐き気があるなど、二日酔いの症状が出現すると脱力感を抱くものです。吐かないから大丈夫と軽視せず、ゆったり過ごすようにしてください。

4-4.二日酔い防止に睡眠を取るため、睡眠薬を飲んでもいい?

二日酔いには睡眠や休息が大切です。しかし、睡眠薬の種類により、アルコールとの併用は避けるべきものもあります。また、睡眠薬の中には肝臓に負担をかけるものもあるため、医師や薬剤師の指示に従ってください。

4-5.複方熊胆円(ふくほうゆうたんえん)は二日酔いのときだけ飲めばいい?

急性期の症状にも効果的ですが、普段から服用しておくことで、肝臓や胃腸を健やかな状態に維持することができます。お酒を飲む機会が多い方は、日常生活に取り入れてみてください。

5.まとめ

いかがでしたか? 二日酔いの原因は、アルコールが分解される過程で発生する有害物質・アセトアルデヒドです。吐き気が強い場合は脱水に注意し、こまめにスポーツドリンクなどを飲んでください。おつまみにはタンパク質が含まれる食べ物がベストで、アミノ酸がアルコールの分解を手助けしてくれます。胃腸や肝機能が低下している方は、複方熊胆円(ふくほうゆうたんえん)がおすすめです。二日酔いの回復や消化器全体の機能を高める作用があり、普段から服用することで丈夫な体にしてくれます。二日酔いは予防法や対処法を知り、過度な飲酒をしないことが大切です。