二日酔い防止

二日酔い防止に薬やドリンクは役立つ? お酒を飲む前後にできる予防法

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

お酒好きな方は、飲み会や自宅での晩酌でつい飲み過ぎてしまうことがありますよね。気になるのは、二日酔いです。翌日までお酒が残っているような感覚を抱き、吐き気や頭痛を起こします。仕事に集中できず、不快感があるまま過ごさなければなりません。
「二日酔いは防止できる?」「自分でできる二日酔は?」といった疑問は、どなたも持つことでしょう。二日酔いにならず、楽しくお酒を飲みたいと感じるのは、誰でも同じだと思います。お酒は付き合い方が大事です。
今回は、二日酔いの防止にかんする情報をお届けします。

  1. 二日酔いとは?
  2. 二日酔い防止策とは?
  3. 二日酔い防止のおすすめアイテム
  4. 二日酔いでよくある質問
  5. まとめ

お酒に強く、飲み過ぎてしまう方ほど、二日酔いになりやすいので注意が必要です。おいしいお酒を楽しく飲むためには、二日酔い対策などもしっかり覚えておきましょう。


1.二日酔いとは?

そもそも二日酔いとはどのような症状なのか、なぜ二日酔いになるのかなど、基礎知識を理解しておきましょう。

1-1. 二日酔いとはどのような状態なのか?

二日酔いで最も多い症状は、強い吐き気です。吐き気にもいろいろな原因があり、飲酒による脱水や、アルコールを分解するときに発生するアセトアルデヒドによる毒が刺激するなど、種類が異なります。飲酒で胃腸の働きが悪くなることも、吐き気を誘発する原因です。
吐き気と同時に起こりやすいのは頭痛で、アルコールによって血流が良くなり、頭の血管が広がるために起こる拡張型頭痛が起こります。ほかには、胸やけや喉の乾燥なども起こるでしょう。

1-2.二日酔いになるメカニズム

飲酒しても、必ず二日酔いになるわけではありません。二日酔いになるのは、アルコールが体内で分解される過程で、アセトアルデヒドという有害物質が発生するためです。吐き気や頭痛を引き起こし、脱水症状も発症します。アセトアルデヒドが体内で分解され無害化されたら、二日酔いの症状も緩和するでしょう。

1-3.二日酔いの原因について

前述したとおり、二日酔いの原因はアセトアルデヒドです。アセトアルデヒドの分解能力を上回り、体内に蓄積された場合に、二日酔いとなって症状が現れます。人によって酔ったときに吐き気や頭痛が出るタイミングが異なるのは、アセトアルデヒドの分解能力に差があるためです。

1-4.二日酔いになりやすい人

二日酔いになりやすい人は、以下のようなタイプが挙げられます。

  • 空腹のまま飲酒をする
  • 1回の飲酒で口にするアルコールの種類が多い
  • お酒に強いと思い込んでいる
  • 飲みやすいお酒をたくさん飲む

1-5.二日酔いにはどんな危険があるのか?

二日酔いになるほど飲酒をするのは、体へのダメージが大きい証拠です。特に肝臓に負担がかかりやすく、全身状態も悪化していきます。二日酔いの急性期症状は1日で回復しても、肝臓が受けたダメージは続くものです。肝硬変に移行する危険性もあるでしょう。

12