便秘中、背中が痛い

便秘中、背中が痛い! 原因や対処法・便秘の解消方法など徹底解析

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

便秘になると、腹痛に悩まされますが、背中に痛みを感じることもあります。便秘中に背中の痛みを感じる場合は、腰の近く、左右の両側に痛みが集中しているのではないでしょうか。背中の痛みを改善するためには、最初に、便秘を解消しなければなりません。また、便秘と背中の痛みの関係性についても知ることが大切です。そこで、本記事では、便秘と背中の痛みの関係から原因・対処法・解消方法について説明します。

  1. 便秘と背中の痛みの関係とは
  2. 便秘による背中の痛みの対処法
  3. 便秘の解消方法
  4. 便秘と背中の痛みに関してよくある質問

この記事を読むことで、便秘と背中の痛みの関係について知り、適切な対処法・便秘の解消方法がわかります。悩んでいる方はぜひ参考にしてください。


1.便秘と背中の痛みの関係とは

便秘中、背中が痛い場合は、根本的な原因は便秘にあると考えられます。では、なぜ便秘で背中が痛くなるのでしょうか。詳しく説明します。

1-1.便秘で背中が痛くなる?

多くの人が、便秘と同時に背中の痛みを感じています。腰のあたりに痛みを感じる場合は、老廃物やガスによる圧迫によって、腰痛になっている可能性が高いでしょう。背中全体に痛みを感じる場合は、内臓疾患の病気が考えられます。背中といっても、痛みを感じる箇所によって原因が変わるのです。便秘中の背中の痛みは、ただの腰痛ではないことを覚えておきましょう。

1-2.原因、メカニズム

便秘中に起きる背中の痛みは、大きく分けて「血行不良」と「骨盤のゆがみ」の2つが原因だと考えられています。便秘中は、腸内に便がたまり、腐敗が始まると同時にスカトールやインドールという悪臭ガスが発生するのです。悪臭ガスがいっぱいになれば、周囲の臓器や血管が圧迫し、血行不良になります。大腸の1部となる「上行結腸(じょうこうけっちょう)」と「下行結腸(かこうけっちょう)」は、背中に張りつくように位置しており、この部分が血行不良になると背中が圧迫され、痛みを感じるようになる仕組みです。
さらに、便秘と背中の痛みが同時に起きているときは、骨盤のゆがみが発生している可能性があります。特に、女性は、男性よりも骨盤が広いので、腸内に便がたまると骨盤の中に落ち、ゆがんでしまうのです。便秘+骨盤のゆがみ→姿勢の悪さ→背中の痛みという悪循環ができてしまいます。

1-3.症状、伴う症状など

便秘と同時に背中に痛みが出る、もしくは、便秘が続いた後に痛みが出るケースがほとんどです。背中の痛み以外にも、便秘によってさまざまな症状が伴います。代表的なのは、腹痛・お腹の張り・胃のむかつき・ゲップなどです。人によっては、胃痛や吐き気が伴う場合もあります。現在、便秘や背中の痛み以外に、どのような症状が出ているのか見直してみてください。

1-4.腰痛との違い?

背中の痛み=腰痛とつなげる方は多いですが、便秘中の背中の痛みは注意しておかなければなりません。なぜなら、便秘中の背中の痛みは、必ずしも腰痛とは限らないからです。そもそも、腰痛とは、腰に痛み・炎症などを感じる状態を指しています。便秘による悪臭ガスがたまり、背中を圧迫→血流の悪化から腰痛になるケースもあるでしょう。しかし、「背中の左側が痛む」場合は、膵臓(すいぞう)などの内臓疾患が異常を起こしている可能性があります。痛みの発生箇所によっては、腰痛とは異なる病気の可能性が考えられるのです。

12