腸内環境を改善する重要性

腸内環境を改善する重要性とは? 知っておくべき4つのポイントを紹介

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

腸内環境を改善する方法があったら知りたいと思いませんか? 腸内環境は私たちの健康や美容に大きく影響するものでありながら、生活習慣やストレスが原因で簡単に乱れてしまいがちです。悪化してしまった腸内環境を整えるためには、一体どうしたらよいのでしょうか。この記事では、腸内環境を改善するための方法をご紹介します。

  1. 腸内環境の基礎知識
  2. 腸内環境の重要性
  3. 腸内環境チェックリスト
  4. 生活習慣や食べもので腸内環境を改善
  5. 腸内環境の改善方法
  6. 腸内環境の改善に関するよくある質問

この記事を読むことで、腸内環境を整えることがいかに大切かがわかるはずです。ぜひ参考にして改善に努めてください。


1.腸内環境の基礎知識

まずは、腸内環境について解説しましょう。腸のメカニズムや最近の傾向などもまとめました。

1-1.腸内環境とは?

腸には、必要な栄養素を吸収して老廃物を排出する役割があります。老廃物と一緒に細菌やウイルスなども排除するなど、私たちの健康を維持する上で重要な働きをしているのです。人間の大腸には300種類以上の細菌が存在しており、この細菌のバランスがうまくとれている状態が望ましいといえます。しかし、何らかの影響でバランスが崩れたとき、腸内環境は悪化してしまうのです。

1-2.腸のメカニズムについて

腸内細菌には人体に有益な「善玉菌」と有害な「悪玉菌」、そして、「日和見(ひよりみ)菌」がいます。日和見菌とは、どちらかが優勢になったときに味方につく菌のことです。健康なときはおとなしくしていて、体調を崩したときなどに悪い働きをします。腸内細菌のバランスはさまざまな要因によって変化し、悪玉菌が優勢になると健康にさまざまな悪影響を及ぼすのです。

1-3.最近の傾向

腸内環境は加齢によっても悪化します。しかし、最近は若い世代にも腸内環境が乱れている人が多いことがわかってきているのです。その理由は、生活習慣や食生活が乱れている若者が増えてきていることにあります。また、腸内環境はストレスによって変化することもあるため、ストレス社会と呼ばれる今の時代、深刻な問題を抱えている人が多いことは想像できるでしょう。