膝の内側に痛みを感じる! その原因と対処法とは? 徹底解説します。

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

膝は、関節の中でも痛みや不具合が出やすい場所です。特に、高齢になるほど膝に違和感や痛みを覚えることが増えていきます。一口に膝が痛むと言ってもその部位は人によって異なり、中でも膝の内側は痛みが発生しやすい場所です。では、なぜ膝の内側に痛みを感じやすいのでしょうか?
そこで、今回は膝の内側に痛みを感じる原因や、対処方法を解説します。

  1. 膝の内側に痛みが発症する理由
  2. 膝の内側に痛みを感じる原因
  3. 膝の内側に痛みを感じる場合の対処方法
  4. 膝の内側の痛みに関するよくある質問

この記事を読めば、膝の痛みを予防する方法もよく分かるでしょう。膝に痛みを感じている人や、痛みを予防する方法を知りたい人は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.膝の内側に痛みが発症する理由

膝は、人体の中で最もよく使う関節の1つです。また、立ったり歩いたりするときは全体重を支えるため、負担もかかりやすいでしょう。膝の関節は太ももの骨・すねの骨・膝蓋骨(膝のお皿)と、それらをつなぐ筋肉や腱からできています。骨・筋肉・腱のどれかが傷ついたり壊れたりした場合に、膝に痛みを感じるでしょう。膝の内側を触ってみれば分かると思いますが、筋肉がついています。その筋肉が損傷すると膝の内側に痛みを感じるでしょう。

2.膝の内側に痛みを感じる原因

この項では、膝の内側に痛みを感じる原因について解説します。どのような原因があるのでしょうか?

2-1.立ち方や座り方が痛みの原因?

足をそろえてまっすぐに立つと、正常ならば膝の頂点(膝小僧)も正面を向きます。しかし、X脚と呼ばれる足の場合は、膝同士が向かい合わせのようになるでしょう。このような足の場合は、足を大きく踏み出したりしゃがんだりする際も、膝が内側に向いてしまいます。こうなると、膝の内側についている鵞足(がそく)という薄い筋肉が無理に押し縮められ、炎症を起こしやすくなるのです。これが、鵞足炎(がそくえん)という病気であり、安静にしていれば治りますがX脚を改善しない限り、再発しやすいでしょう。
また、床に座る際、膝を太ももに沿わせてお尻をべったりと床につける「女の子座り」と呼ばれる座り方や、足をそろえて横に流す横座りも、鵞足(がそく)に負担をかけやすくなります。そのため、女性のほうが膝に痛みを感じやすいでしょう。

2-2.加齢による病気、およびケガが原因で痛むこともある

高齢になるにつれて、膝関節の軟骨がすり減ったまま再生しにくくなります。すると、硬い骨同士がぶつかって膝関節が炎症を起こすこともあるでしょう。これが、変形性膝関節症です。変形性膝関節症が重症化すると膝関節がまっすぐに伸ばせなくなり、膝の内側の筋や筋肉に負担がかかります。その結果、膝の内側に痛みを感じやすくなるでしょう。また、すねの骨の先端についている半月板を損傷しても、膝の内側に痛みを覚えることもあります。

2-3.膝の内側に痛みを覚えたら?

膝の内側に痛みを覚えたら、まずは安静にして様子を見ます。この際、膝関節が大きくはれている場合や安静にしても一向に痛みが引かない場合は、すぐに整形外科を受診してください。安静にしていると痛みは消えるけれど、動くと痛む状態が1週間以上続く場合も、整形外科を受診しましょう。レントゲン検査や血液検査を行えば、痛みの原因がはっきりします。

3.膝の内側に痛みを感じる場合の対処方法

この項では、膝に痛みを感じる場合の治療方法や対処方法、さらに予防方法を解説します。ぜひ、参考にしてください。

3-1.治療方法

鵞足炎や変形性膝関節症を発症した場合、軽症ならば湿布薬等で痛みを押さえながら炎症が治まるのを待ちます。鵞足炎の場合は、炎症が治まれば問題はありません。変形性膝関節症の場合は重症化した場合、膝関節の手術をすすめられることもあります。半月板損傷の場合も、軽度ならばヒアルロン酸を関節内に注射することで治ることもありますが、重度の場合は、関節鏡を用いて半月板を修復する手術をすすめられることもあるでしょう。
膝の関節は一度痛めてしまうと、再発をくり返す傾向にあります。

3-2.再発を防ぐための方法

軽度の鵞足炎や変形性膝関節症を発症した場合は、X脚の改善や膝に筋肉をつけることで、再発を予防できます。
X脚を改善したい場合は、あぐらをかいて、すねの骨の上から両手で膝関節を押すストレッチや、うつぶせに寝て膝を直角に曲げた状態で、太ももを上げるストレッチを10~20回行いましょう。また、歩くときはつま先を蹴り上げて一歩を踏み出し、かかとから着地する歩き方を意識してください。床に座るのも、可能な限りやめましょう。
足の筋肉を鍛えたい場合は、あおむけに寝て膝を立て、お尻を持ち上げるストレッチが有効です。このストレッチができない場合は、いすに浅く腰かけ、片膝を伸ばしてかかとを地面から10㎝ほどあげるだけでも効果的があります。

3-3.適度な運動も効果的

体重が重いと、膝に負担がかかります。健康診断で太り気味と診断された人は、ウォーキングなどの運動を行いましょう。膝関節の痛みを予防する効果もあります。また、体重が重い人や膝関節に痛みを感じている人は、プールでウォーキングするのも効果的です。激しい運動をするとかえって負担がかかるので、負担が軽く、30分程度は続けられる運動を選びましょう。ラジオ体操やテレビ体操も毎日行うと効果的です。膝の痛みが軽減するばかりでなく、膝の周りに筋肉がついて膝関節の痛みを予防してくれます。

3-4.サプリメントを利用する。

膝関節の痛みを予防したり軽減したりするために、サプリメントの利用を考えている人もいるでしょう。膝関節の痛みを予防するサプリメントとして盛んに宣伝されているのは、軟骨の形成を助けるグルコサミンやコラーゲンなど配合したサプリメントです。インターネットで少し検索しても、グルコサミンやコラーゲンを配合したサプリメントが大量にヒットします。しかし、軟骨の形コラーゲンやグルコサミンは、そのまま摂取しても体内でアミノ酸に変化してしまい、効果が期待できません。特に、グルコサミンは膝関節の痛みを予防する効果がないことが、アメリカのリウマチ学会で発表されています。
ただし、コラーゲンの中でも、非変性Ⅱ型コラーゲンは、経口で摂取してもアミノ酸に変化しにくいのです。ですから、膝関節の痛みを緩和したり予防したりする効果が期待できます。そして、この非変性Ⅱ型コラーゲンと同じ構造であるUC-Ⅱという食品素材を配合したサプリメントが、楽らく歩です。さらに、楽らく歩は、痛みを和らげる成分である西洋シロヤナギやキャッツクローなどもバランス良く配合しています。膝の痛みを予防・軽減したい人は、ぜひ利用してみてください。

3-4.注意点

膝関節を冷やすと、筋肉が強張って血流が悪くなり、痛みも強くなる傾向にあります。女性の場合は、スカートをはく機会も多いですので、ストッキングなどを履いて膝関節を冷やしすぎないようにしましょう。また、半月板を損傷した場合は激しい運動は医師の許可が出るまで禁物です。痛みがなくなたからといって無理をしないようにしてください。

4.膝の内側の痛みに関するよくある質問

Q.膝の関節が変形してしまったら、元に戻ることはないのですか?
A.はい。ありません。ですからそこまで悪化しないように対処することが大切です。

Q.X脚はどのくらいで治りますか?
A.一概には言えませんが、最低でも半年はストレッチなどを続けてみてください。

Q.X脚は必ず鵞足炎になりますか?
A.必ずとは限りませんが、可能性は高くなるでしょう。

Q.膝関節が破壊される病気はありますか?
A.はい。痛風や関節リウマチは関節が破壊されてしまう病気です。

Q.整体は膝の痛みに効果がありますか?
A.筋肉をほぐすことで痛みを軽減する効果は期待できるでしょう。整形外科を受診した後で整体院で施術を受けるのもおすすめです。ただし、整体は医療行為ではありません。痛みの原因をはっきりとさせてから施術を受けてください。

5.おわりに

いかがでしたか? 今回は膝の内側に感じる痛みについて解説しました。膝の内側に痛みを感じたら、しばらく安静にして痛みが引くかどうかを観察してください。痛みが強くなっていく一方という場合は、すぐに病院を受診しましょう。放っておくほど症状がひどくなります。また、痛みを感じている時に無理をしてはいけません。症状が余計にひどくなり、解消するまでに時間もかかるようになります。特に、スポーツをしている人は無理をしないように注意しましょう。