膝軟骨の痛みでお悩みの人! 原因・治療改善・サプリなど6のポイント

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

立ったり座ったりすると膝が痛む、歩いた後、膝が重い……そのような症状にお悩みではないでしょうか? 「膝の痛み」は、特に中高年層に多い、体のトラブルの1つです。我慢して放置したままでいると歩くことも座ることも困難になり日常生活に支障をきたすほどになります。膝の痛みは早いうちに予防・改善して、いくつになっても生き生きと歩いたり動いたりしたいものですよね。そこで、膝や軟骨の関係、膝の痛みの治療法や改善法などをご紹介しましょう。

  1. 膝軟骨について
  2. 膝の痛みと軟骨の関係
  3. 膝軟骨をセルフチェック!
  4. 膝軟骨の治療法・改善法について
  5. 膝の痛みや軟骨のすり減りの予防方法
  6. サプリメントを活用する際の注意点
  7. 膝・軟骨〜よくある質問〜

この記事を読むことで、膝のお悩みを予防する方法や改善する方法がおわかりいただけるかと思います。お悩み解決のためにお役に立てば幸いです。


1.膝軟骨について

「膝が痛い」というお悩みを改善するために、まずは膝の軟骨についての基礎知識を学びましょう。

1-1.軟骨とは

軟骨とは「結合組織」の1つです。結合組織は、体内にある各種器官のすき間を埋めたり体のパーツの形を維持したりする役目があります。結合組織には、軟骨のほかにも腱(けん)・じん帯・皮下組織・真皮・脂肪などがあるのです。軟骨は、名前に「骨」という字を使っているものの、90%は水分でできていて骨とは異なります。

1-2.軟骨のメカニズムと役割

軟骨は、主に「硝子(しょうし)軟骨」と「線維軟骨」に分かれます。

  • 硝子軟骨:クッション性と対磨耗(まもう)性に優れた軟骨。関節面をおおう「関節軟骨」、気管を守る「気管軟骨」「甲状軟骨」ほかがあり「永久軟骨」ともいう
  • 線維軟骨:「椎間円板」「恥骨結合」「関節半月」などを構成する。コラーゲンを多く含むのが特徴

硝子軟骨は血流が少ない組織です。そのため、1度ダメージを受けると2度と再生することはありません。そこで、硝子軟骨は線維軟骨へと置き換わるのですが、硝子軟骨よりはクッション性や対磨耗(まもう)性が劣ります。