実は影響し合ってる? 便秘と腰痛の関係 3つの点を解説します!

このエントリーをはてなブックマークに追加
腰痛

便秘がひどく腰痛がなかなか治らない。

このような症状に悩まされている人もいるようですね。あなたはいかがですか?

辛い便秘に腰痛が伴う場合、それは同じ体の不調が原因で起きている可能性がありますよ。なぜなら腸と腰はとても近い位置にあるからです。

便秘と腰痛の関係。その具体的な点について知りたいと思いませんか?

そこで本日は、便秘と腰痛の関係について3つの点を解説致しましょう。便秘と腰痛の原因を正しく突き止めるために是非お役立てください。


その1:腰の骨・筋肉・腸内に異常があると便秘と腰痛が起きる

便秘と腰痛は「腰まわりの骨や筋肉に異常がある時に起こりやすくなる」という共通点があります。

例えば、腰椎椎間板ヘルニアになると腰の神経が極度に圧迫されて激しく痛みますよね。そのため排便・排尿障害が起きるようになり便秘になってしまいます。

逆に腸が正しく働いていないために腰痛になることもありますよ。

便秘になると腸が膨張してお腹が張るため、腹部の血管が圧迫されて血液の循環が悪くなります。その結果腰が圧迫されて腰痛になってしまうのです。また、腸内に何かの病気が発生している場合にも腰痛が起きることがありますよ。

その2:精神的なストレスがあると便秘と腰痛が起きる

  • 休む暇がないくらい仕事が忙しい
  • 自宅で体をリラックスさせる時間がない
  • 非常に大切な会議や試験がある

あくまでも例ですが、このような状態が長く続いていると精神的なストレスが体に溜まっていきますよね。そのストレスによって腰痛が発症する場合があるのです。

更に、精神的なストレスは自律神経の働きを妨げます。そのため強い精神的ストレスがあると腸が正しく動かなくなり、便秘になってしまうことがあるのです。

「精神的なストレスが原因で発症することがある」という点でも便秘と腰痛は共通しているんですよ。

その3:運動不足になると便秘と腰痛が起きる

  • 長時間同じ姿勢でいることが多い
  • 運動する時間がない
  • 運動があまり好きではない

このような生活習慣も便秘と腰痛を引き起こしますよ。

運動不足になると腰の筋肉が弱くなり、骨盤がゆがんで腰の血行不良が起こりやすくなります。更に、運動不足になると腸の働きが鈍くなってしまうのです。そのため便秘と腰痛を発症しやすくなりますよ。

運動不足による便秘や腰痛を予防するために、定期的な運動の習慣を身につけましょう。ウォーキングや水泳がオススメですよ。

いかがでしたか?

この記事では便秘と腰痛の関係について3つの点を解説致しました。

  • その1:腰の骨・筋肉・腸内に異常があると便秘と腰痛が起きる
  • その2:精神的なストレスがあると便秘と腰痛が起きる
  • その3:運動不足になると便秘と腰痛が起きる

便秘と腰痛は共通する体の不調や生活習慣によって起きることがあります。便秘と腰痛が同時に起きているならその共通する原因を正しく突き止めて解消することが大切ですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加