便秘と腰痛の関係

実は影響し合ってる? 便秘と腰痛の関係 3つの点を解説します!

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

便秘がひどく腰痛がなかなか治らない。

このような症状に悩まされている人もいるようですね。あなたはいかがですか?

辛い便秘に腰痛が伴う場合、それは同じ体の不調が原因で起きている可能性がありますよ。なぜなら腸と腰はとても近い位置にあるからです。

便秘と腰痛の関係。その具体的な点について知りたいと思いませんか?

そこで本日は、便秘と腰痛の関係について3つの点を解説致しましょう。便秘と腰痛の原因を正しく突き止めるために是非お役立てください。


その1:腰の骨・筋肉・腸内に異常があると便秘と腰痛が起きる

便秘と腰痛は「腰まわりの骨や筋肉に異常がある時に起こりやすくなる」という共通点があります。

例えば、腰椎椎間板ヘルニアになると腰の神経が極度に圧迫されて激しく痛みますよね。そのため排便・排尿障害が起きるようになり便秘になってしまいます。

逆に腸が正しく働いていないために腰痛になることもありますよ。

便秘になると腸が膨張してお腹が張るため、腹部の血管が圧迫されて血液の循環が悪くなります。その結果腰が圧迫されて腰痛になってしまうのです。また、腸内に何かの病気が発生している場合にも腰痛が起きることがありますよ。

12