膝の痛み・腫れの原因は? 対処法・予防法について徹底解析!

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「膝の痛みが治まらない」「膝の腫れが気になる」など、膝に不安を抱えている方は多いでしょう。なぜ膝が痛くなるのか、メカニズム・原因などをきちんと把握しておかなければ、さらに状態が悪化するおそれがあります。歩けなくなるほど状態が悪化することもあるため、早めに対処しなければなりません。そこで、本記事では、膝の痛みや腫れの原因・対処法・予防法について説明します。

  1. 膝の痛み・腫れについて
  2. 膝の痛み・腫れの原因について
  3. 膝が痛む・腫れたときの対処法
  4. 膝の痛み・腫れの予防法
  5. 膝の痛み・腫れに関してよくある質問

この記事を読むことで、膝の痛みや腫れの原因が分かり、適切な方法で治療を受けることができます。悩んでいる方は、ぜひチェックしてください。


1.膝の痛み・腫れについて

まずは、膝のメカニズムを知ることが大切です。そして、どこかどのように痛み腫れているのか、現在の症状を1つずつチェックしていきましょう。

1-1.膝のメカニズム

膝は、歩いたり座ったりと日常動作に必要不可欠な部位です。日常生活を送る中で当たり前のように使っている膝を動かしているのは、骨・軟骨・靭帯(じんたい)・腱(けん)・半月板(はんげつばん)からできている膝関節となります。また、膝関節を構成している骨は、大腿骨(だいたいこつ)・脛骨(けいこつ)・膝蓋骨(しつがいこつ)・腓骨(ひこつ)の4種類です。痛みと腫れが出てきているのは、膝を構成する部分に異常が起きている証拠となります。
膝関節には、体を動かし支える役割があり、伸ばす・曲げるという動きが関わる部位です。歩く際には体重の2~3倍、階段の上り下りや走る際には体重の約5倍の荷重がかかるといわれています。

1-2.膝の痛みについて

現在、膝のどこに痛みがあるのか確認してください。痛みが出る箇所によって症状が異なります。たとえば、膝の痛みでよくあるのが「膝の内側」です。ズキズキとした痛みや、動かすと鋭い痛みがあるなどさまざまな症状が現れます。
そして、内側の次に多いのが外側の痛みです。膝の外側の痛みは使いすぎによる炎症で現れることがあります。動かすたびに鈍い痛みを感じるでしょう。
ほかにも、座ると痛い・深く曲げると痛いなど膝裏に痛みを感じる方も多いです。

1-3.膝の腫れについて

膝が腫れる箇所は、原因によって異なります。たとえば、打撲による腫れは強打した部分だけ腫れるのが特徴です。リンパが詰まっている場合はリンパ節がある膝裏、水がたまっている場合は膝裏・膝上(お皿の上)が腫れます。症状も、痛み・熱をもつ・患部がぶよぶよする・膝が曲がらないなどさまざまです。

1-4.伴う症状について

症状は、膝の痛み・腫れだけではありません。たとえば、膝を動かすたびに音が鳴る・発熱・膝の不安定感があるなどさまざまな症状が伴います。痛み・腫れに伴う症状によって原因が分かるため、ほかにどんな症状が出ているのか確認してください。

1-5.膝が痛みやすい、腫れやすい人とは

肥満体質・運動不足・O脚・中高年(50歳以上)の人に、膝の痛み・腫れが起きやすいといわれています。膝は上半身の体重を支えているため、肥満の人ほど負荷がかかるのです。日ごろから運動をしていないと、膝の筋肉が衰えて支えられなくなります。また、足に合わない靴・ハイヒールをよく履(は)く人や、激しいスポーツをしている人もなりやすいでしょう。

1-6.患者数について

ハッキリとした人数は分かっていませんが、膝の関節症に何かしらの疾患を抱えている方は、日本全国で約125万人いるといわれています。厚生労働省が発表した外来受診率によると、膝の痛み・腫れを含む関節症が第5位であり、今後も増加傾向にあるのです。また、65歳以上の女性3人に1人は、関節痛に悩んでいるといわれています。