バナナの便秘への5つの効能

便秘にはバナナ!? 意外と知らないバナナの5つの効能とは?

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

かつては高級果物として庶民に人気のあったバナナも今では価格が落ち、人気も下降気味。目の前にメロンや桃、マンゴーなどと共にあったら、わざわざバナナを選ぶという人は少数派でしょう。ですが、実はバナナにはとっても体に良い効果をもたらす素晴らしい果物なのです。

そこで今回は、バナナの価値を再認識せざるを得ない、5つの効能をご紹介いたします!


●1.便秘を解消!

まだ熟していない青いバナナにはレジスタントスターチという消化されにくいでんぷん質が多く含まれています。レジスタントスターチはデンプンでありながら食物繊維と同じような働きを持つことで知られ、お腹の調子を整えるのに一役買ってくれます。青いバナナは甘くはないので、炒め物などにして食べると良いでしょう。

また、黄色く熟した状態であっても、バナナは食物繊維が豊富な食べ物ですので、青いバナナが手に入らないようでしたら一日一本でもバナナを取ると便秘の解消に役立ちますよ!