サツマイモの便秘解消効果

摂り方を間違えれば逆効果!? サツマイモの便秘解消効果とは?

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

冬になると食べたくなる石焼いも。この原料であるサツマイモは便秘に効果のある食品として広く知られていますね。
でもサツマイモは食べ方によってはかえって便秘を悪化させてしまうのです。
そこで今回はサツマイモの便秘改善効果と正しい食べ方をご紹介します。
便秘気味、という方やサツマイモを食べたらかえって便秘になってしまったという方はぜひ読んでみてください。


サツマイモに豊富な食物繊維とは?

サツマイモが便秘改善に効果があるのは食物繊維が豊富だからです。
でもこの食物繊維は水溶性のものと不溶性のものがあるということはご存知でしょうか?
水溶性の植物繊維は文字通り水分を中に閉じ込めるはたらきがあります。
昆布やワカメなどの海藻の表面はぬるぬるとしていますね。あれが水溶性の食物繊維なのです。
ぬるぬるとした食物繊維は腸の中の便などの有害物質を包み込み、水分の滑りを利用して体外へ押し出す働きがあります。
そして、サツマイモに含まれている食物繊維は不溶性のものです。
不溶性の食物繊維は腸の中の水分を吸収して容積を増大させ、腸の運動を活発にするという働きがあります。
つまり、どちらの食物繊維も便秘解消の効果があるのです。

12