白湯が便秘解消に! 効果的な飲み方とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

一旦沸騰させてひと肌よりも少し熱い程度に冷ましたものを白湯といいます。
この白湯が今、ダイエットや便秘解消に効果があると注目を集めているのです。
では、なぜ白湯が便秘解消に効果があるのでしょうか。
今回はその理由や効果的な飲み方をご紹介します。便秘気味だけれどあまり薬に頼りたくないという方はぜひ読んでみてくださいね。


白湯は内臓を温める

前述したとおり、白湯とは一度沸騰させたお湯をひと肌より少し熱い程度に冷ましたものです。
暖かい飲み物を飲むと体の中から温まってくるのが実感できますよね。
それは内臓が温まっているからなのです。
内臓も体の一部。冷えれば動きが悪くなり、消化や排便にも影響が出てくるのです。
つまり、内臓を温めれば胃腸の動きが活発になって便秘が解消しやすくなるのですね。
朝コップ一杯の水を飲むと排便がスムーズに行くと昔から言われていますが、冷たい水というのは意外と飲みにくいものです。
その点白湯であれば口当たりも柔らかく、するすると飲めるのですよ。

朝起きぬけにすぐ、が効果的

便秘解消に最も効果的な白湯の飲み方は、朝起きぬけにすぐマグカップ一杯程度を時間をかけて飲むことです。
白湯の作り方はとても簡単。ヤカンにお湯を沸騰させて10分ほど冷ませば出来上がりです。
時間がない、という時は水をマグカップにいれ、電子レンジで1分半ほど加熱しましょう。
体温より少し暖かいお湯ならばごくごくと飲むこともできますが、できるだけゆっくりと飲むことで体を芯から温めることができます。
その後30分ほどして朝食を摂ると、よりスムーズな排便へとつながるでしょう。

はちみつや香辛料で気分を変えて

白湯はコーヒーや紅茶のように味がついているわけではありません。
するすると飲める反面、飽きてしまうこともあるでしょう。
そんなときははちみつを少量落としたり、シナモンなどの香辛料を振りかけてみましょう。
かすかな甘みや香りでも気分が変わって飲みやすくなります。
また、食欲不振や食後に胃もたれがひどいという場合は食中にも白湯をゆっくりと飲んでみましょう。
白湯のぬくもりが消化吸収を助けてくれますよ。

おわりに

いかがでしたでしょうか。今回は白湯の便秘解消効果についてご紹介しました。
まとめると、

  • 白湯は体温より少し高い温度のものを飲む。
  • 朝起きぬけにすぐ、ゆっくりと時間をかけて飲む。
  • 飽きたらはちみつや香辛料で甘みや香りをつけて変化を楽しむ。

ということです。白湯ならば副作用もありませんしお金もかかりません。
お気に入りのミネラルウォーターがある方はそれを温めても良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加