キシリトールで便秘解消はNG

キシリトールで便秘解消はNG!その危険性とは?

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア
キシリトールで便秘対策はNG

キシリトールといえば、ガムなどに配合されている成分として有名ですね。
配合製品には「摂取しすぎるとおなかがゆるくなる可能性があります」と注意書きがあります。
そのため「便秘解消に、下剤代わりとして役立つのでは?」と考える人も出ているようです。
今回は、キシリトールを使った便秘解消法の危険性についてお話しします。


そもそもキシリトールって何?

キシリトールとは、自然由来の甘味料のひとつです。
「糖アルコール」と呼ばれる分類に属します。
キシリトールに限らず、ほとんどの糖アルコールは甘味があり「カロリーが低い」「虫歯菌の繁殖を防ぐ」といった特徴を持つため、ダイエット食品や虫歯になりにくいとうたったガムの甘味料に使われるのです。
他にも、骨粗しょう症の治療に役立つという報告もあり、一方で、強くはありませんが下剤と同等の働きをする事でも知られています。

12