便秘が体臭や口臭の原因に!? 知らないと怖い便秘と悪臭の関係

このエントリーをはてなブックマークに追加

現代人にも増えている便秘。排便がスムーズにできず、長い人では1週間も出ないのが当たり前という人も。
便秘は体の老廃物を出すための大切な機能です。そのため、便秘になると体に様々な不調が出てきます。
関係ないと思われがちな体臭や口臭も実は便秘が原因の場合があることを知っていましたか?


便秘が体臭・口臭の原因になるメカニズム

便秘はお腹が重たくなったり、嫌悪感、時には頭が痛くなることもある体の病気の一種です。これらは体に不調があるため気づきやすいですが、便秘が体臭や口臭に影響を与えていることがあります。
そもそも、便秘は体の老廃物を外に出す「排便」が上手くいっていない証拠。つまり、体に老廃物が溜まっていっていることになるのです。
便が長期間腸内にとどまっていると悪玉菌が増加します。さらに、便の腐敗が進み発がん性物質などの有害物質の発生につながるのです。
この〝有害物質〟が体臭や口臭の原因になります。

便秘が体臭につながる理由

本来なら便と一緒に排出されるはずだった有害物質は、最終的に腸の壁から吸収され血液と共に全身に流れているのです。
体中を巡った有害物質は肝臓で解毒される物もありますが、皮膚から体外に排出されます。
これが「体臭」です。
便の腐敗臭になりますので、発生した臭いも便臭に似たものになっています。

便秘が口臭につながる理由

口臭は歯周病や食べかす、食べ物の臭いによって臭くなることがあります。そのため、便秘が原因で口臭になっていることに気づきにくい場所でもあるのです。
便秘がちで口から便に似た悪臭がする時には便秘が原因の口臭です。
体臭でもお話した通り、腸内で増えた腐敗臭が腸の壁から吸収され血液に乗って体中に巡ります。もちろん悪臭は肺にも届くので口臭となって排出されてしまうのです。
これが「口臭」の原因です。

便秘による体臭と口臭の対策は?

体臭と口臭を改善するには、便秘の解消が欠かせません。
最近では便秘薬や干潮が薬局やインターネットで手軽に購入できますが、一時的な物なので便秘は繰り返します。
また、薬は癖になってしまうと言われていますので使い続けることは良いとは言えません。
便秘を改善するためには「腸内環境の改善」が近道です。
悪玉菌の増えている腸を正常に戻すために善玉菌を増やしましょう。
善玉菌は食物繊維やオリゴ糖を餌として増えます。食物繊維の多い野菜や果物(バナナやリンゴ・ゴボウやさつまいも等)を積極的に取るようにしましょう。オリゴ糖は甘味料として液体の物など商品として販売されています。ヨーグルトなどに混ぜて食べても美味しくいただけます。
善玉菌は発酵食品にも多く入っています。
納豆や味噌汁といった発酵食品もできるだけ毎日食べるようにしましょう。

まとめ

便秘が体臭や口臭の原因になるのは腸内に老廃物が溜まることでできる腐敗臭です。
しっかり毎日老廃物を排出することが体臭や口臭の改善になりますので便秘の解消が大切です。

  • 善玉菌の餌となるオリゴ糖や食物繊維を取ろう。
  • できるだけ毎日発酵食品を食べる。

少しづつでも毎日続けることで腸内環境が改善されていくはずです。

このエントリーをはてなブックマークに追加