便秘が体臭や口臭の原因に!? 知らないと怖い便秘と悪臭の関係

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

現代人にも増えている便秘。排便がスムーズにできず、長い人では1週間も出ないのが当たり前という人も。便秘は体の老廃物を出すための大切な機能です。そのため、便秘になると体に様々な不調が出てきます。関係ないと思われがちな体臭や口臭も実は便秘が原因の場合があることを知っていましたか?

今回は便秘と体臭・口臭の関係について見ていきましょう。


  1. 便秘が体臭・口臭の原因になるメカニズム
  2. 便秘が体臭につながる理由
  3. 便秘が口臭につながる理由
  4. 便秘による体臭と口臭の対策は?
  5. よくある質問
  6. まとめ

1.便秘が体臭・口臭の原因になるメカニズム

便秘はお腹が重たくなったり、嫌悪感、時には頭が痛くなることもある体の病気の一種です。これらは体に不調があるため気づきやすいですが、便秘が体臭や口臭に影響を与えていることがあります。そもそも、便秘は体の老廃物を外に出す「排便」が上手くいっていない証拠。つまり、体に老廃物が溜まっていっていることになるのです。

便が長期間腸内にとどまっていると悪玉菌が増加します。さらに、便の腐敗が進み発がん性物質などの有害物質の発生につながるのです。この〝有害物質〟が体臭や口臭の原因になります。

2.便秘が体臭につながる理由

本来なら便と一緒に排出されるはずだった有害物質は、最終的に腸の壁から吸収され血液と共に全身に流れているのです。体中を巡った有害物質は肝臓で解毒される物もありますが、皮膚から体外に排出されます。これが「体臭」です。便の腐敗臭になりますので、発生した臭いも便臭に似たものになっています。

3.便秘が口臭につながる理由

口臭は歯周病や食べかす、食べ物の臭いによって臭くなることがあります。そのため、便秘が原因で口臭になっていることに気づきにくい場所でもあるのです。便秘がちで口から便に似た悪臭がする時には便秘が原因の口臭です。体臭でもお話した通り、腸内で増えた腐敗臭が腸の壁から吸収され血液に乗って体中に巡ります。もちろん悪臭は肺にも届くので口臭となって排出されてしまうのです。これが「口臭」の原因です。

4.便秘による体臭と口臭の対策は?

4-1.腸の運動を活発化させること

便秘が原因の口臭や体臭は、便秘を解消しなければ消すことができません。便秘解消のコツは腸のぜん動運動を活発化させることです。食物繊維を取ると腸の動きが活発化するとよく言われます。それは、食物繊維が腸内の水分を吸って膨らみ、便を押し出すからです。しかし、野菜に含まれる不溶性食物繊維だけでは、硬い便ができてしまう可能性があります。そのため、海藻などに含まれる水溶性食物繊維を一緒に食べましょう。そうすれば、便の滑りがよくなります。また、適度な油分も便秘解消に効果的です。特にオリーブオイルは、そのまま大さじ1程度飲むだけで、便秘が解消する場合もあります。

腸の運動を活発化させるには、運動もおすすめです。無理に腹筋運動をしなくても、歩いているだけでも腹筋は鍛えられます。便が出そうで出ないという場合は、おへその下に手のひらをあて、のの字を書くようにお腹全体をマッサージしましょう。その刺激で腸が動くかもしれません。

4-1.薬とサプリメントについて

すでに何日も便通がないという場合は、便秘薬を使用して便秘を解消しましょう。ただし、市販の便秘薬は刺激が強すぎるため注意しなくてはいけません。複方熊胆円(ふくほうゆうたんえん)は熊の胆のうを主原料とした漢方薬です。弱った胃腸を丈夫にすることで便秘を解消するので、市販の便秘薬よりも安全に便秘が解消できます。

また、サプリメントには気軽に食物繊維が取れるというものもありますので、食生活が乱れがちな方は使ってみるのもおすすめです。

4-2.血行を良くする方法

腸は、冷えると血行が悪くなって動きも鈍くなります。冷たいものを食べ過ぎるとお腹を壊すというイメージがありますが、便秘になることも多いでしょう。便秘がちで腸が動いていないなと感じる場合は、体を温めるショウガやトウガラシといった食べ物がおすすめです。特に、ショウガはすりおろして甘酒に入れて飲むと、オリゴ糖も取れます。夏に冷房の当たりすぎで体が冷えてしまったという場合は、軽い運動をしたり半身浴をして汗を流しましょう。夏でも夕方ならば気温が下がりますので、運動をしても熱中症の心配はありません。

4-3.注意点

便秘が続いている場合、まずは便秘薬を使って解消を試みることが大切ですが、用法と用量は必ず守りましょう。また、便秘が解消したら食生活や生活習慣を改めることが大切です。市販の便秘薬で便秘を解消する癖をつけてしまうと腸が動かなくなってしまいます。

5.よくある質問

Q.オリゴ糖はそのまま料理などに使っても効果があるでしょうか?
A.はい。大丈夫です。

Q.オリーブ油以外の油でも、便秘解消に効果はあるのでしょうか?
A.目立った効果は期待できませんが、油分を全く取らないと便秘は悪化します。

Q.便秘由来の口臭は、デオドラント製品で消すことはできるでしょうか?
A.応急処置にはなりますが、根本的な解消にはなりません。

Q.便秘が悪化する食べ物はありますか?
A.便秘が悪化する食べ物というより、野菜・発酵食品が少なく、肉類中心の生活を送っていると腸内環境が悪化する可能性があるでしょう。すると、便秘がちになります。

Q.便秘を防ぐコツとして、運動や食生活以外には何があるでしょうか?
A.水分を一定量取りましょう。また、食べる量が少なくても便秘になります。

6.まとめ

便秘が体臭や口臭の原因になるのは腸内に老廃物が溜まることでできる腐敗臭です。しっかり毎日老廃物を排出することが体臭や口臭の改善になりますので便秘の解消が大切です。

  • 善玉菌の餌となるオリゴ糖や食物繊維を取ろう。
  • できるだけ毎日発酵食品を食べる。

少しづつでも毎日続けることで腸内環境が改善されていくはずです。