ウォーキングの持つ驚きの便秘解消効果

ウォーキングの持つ驚きの便秘解消効果とは?

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

下腹部の不快な痛みや下腹の膨満感など、便秘というのは日常生活にも影響を及ぼす症状です。便秘解消にはできる限り薬を使用せず自然な形で解消するというのが大切です。

そこで、自然な便秘解消の方法として注目されているのが『ウォーキング』。ウォーキングには様々な健康効果があり便秘改善にも大きな影響があります。ウォーキングの便秘改善効果と効果的なウォーキングの方法について紹介します。

  1. 便秘の悪循環を絶つ
  2. ウォーキングが便秘解消におすすめの理由
  3. ウォーキングの便秘改善効果とは?
  4. 便秘解消に効果的なウォーキングのコツ
  5. ウォーキングに関するよくある質問
  6. まとめ

1.便秘の悪循環を絶つ

便秘の対策というと便秘改善薬などの薬に頼るということが多いのですが、実は薬に頼ることで便秘の悪循環に陥ってしまうということがあるのです。便秘薬を常用することで大腸の機能が低下するということがあります。便秘薬を使用するということが逆に便秘の症状を悪化させるという可能性があるので、便秘改善にはできる限り自然な形で改善するということが大切です。便秘解消には適度な運動が効果的。特にウォーキング便秘に効果のある運動として知られています。便秘解消には薬だけに頼るのではなくウォーキングなどの適度な運動を取り入れるということが、便秘の悪循環を絶つための方法なのです。

2.ウォーキングが便秘解消におすすめの理由

ウォーキングは、誰にでもできる運動の1つです。用意するものもジャージと運動靴くらいですから、お金もかかりません。また、ジョギングに比べると体にも負担がかかりませんので、幅広い年代の人が行えます。ただし、運動をする前は足の筋肉をよくほぐすストレッチを行ってから行いましょう。ケガの予防にもなります。

3.ウォーキングの便秘改善効果とは?

ウォーキングが便秘に対してどのような効果があるのでしょうか?

3-1.下腹部の筋力の増加による便秘の改善効果

ウォーキングを行なうことで下腹部など排便時に使う筋肉が鍛えられます。運動不足による筋力の低下ということが便秘の原因になることもあり、ウォーキングによる筋力増加は便秘解消に効果的です。

便秘改善のためのウォーキングは“歩幅を広く取る”“深い呼吸”というという二つのポイントに意識して行なうことで効果を高めることができます。
歩幅の広いウォーキングや深い深呼吸は下腹部の筋肉を鍛えると同時に、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を促し便秘を改善する効果があります。

3-2.腸の血流を良くすることによる便秘の改善効果

ウォーキングなどの運動を行なうことで腸の血流を良くすることができます。腸の血流を良くすることで腸の働きが活発になり便秘の症状が改善されます。便秘中に激しい運動は腹痛などの原因となります。短距離をゆっくりと歩くウォーキングは便秘改善に最適な運動なのです。

3-3.自律神経が整うことによる便秘の改善効果

自律神経とは、消化吸収や眠気など、意志の力では制御できない身体の機能をコントロールする神経です。胃腸の動きやも、自律神経がコントロールしています。適度な運動は自律神経の調子を調えてくれる効果があるのです。自律神経が乱れれば、胃腸の動きも乱れ、便秘がちになります。便秘の人だけでなく、夜に中々寝つけない、イライラすることが多いという人にもウォーキングはおすすめです。

4.便秘解消に効果的なウォーキングのコツ

便秘解消を目的としてウォーキングを行う場合は、毎日30分~1時間程度行いましょう。続けることが何よりも大切です。時間は基本的にいつでもかまいませんが、より効果を望むならば空腹時がよいでしょう。また、ウォーキングをする前に水をマグカップ1杯程度飲んでおくと、腸の動きが良くなります。なお、暑い季節の場合はウォーキング中も適度に水分補給をしてください。

ウォーキングをするときは、できるだけ大きな歩幅で歩きましょう。その方が、腸の周りの筋肉もよく動いて腸の動きを助けてくれます。呼吸を深めにするとなおよいですね。

ウォーキングをする際の注意点

ウォーキングと言っても立派なスポーツです。今までほとんど運動をしてこなかった人の場合は、まず1日20分程度から始めましょう。慣れてきたら時間を伸ばしてください。また、ウォーキングをする場所は車の入ってこない広めの公園などが最適です。そのような場所がない場合は、歩道がある場所を歩きましょう。夜間に歩く場合は、白っぽい服や反射板を服に貼ると事故防止になります。ウォーキングをする前後はストレッチをして筋肉をよくほぐしましょう。

便秘解消ためのウォーキングでは“水分補給”が重要になります。水分不足が便秘の原因になるということもあるのでウォーキングの際には必ず水分補給を行ないましょう。

5.ウォーキングに関するよくある質問

Q.ウォーキングは、毎日行わなければ効果はありませんか?
A.できるだけ毎日行いましょう。時間がない場合は、通勤時間などを利用して歩く距離を伸ばしても効果的です。

Q.ウォーキングは、革靴などでも行えますか?
A.いいえ。運動靴を利用しましょう。足を痛めてしまいます。

Q.ウォーキングは、室内でルームランナーなどを使ってもできるでしょうか?
A.はい。大丈夫です。室内でも水分補給を忘れずに行ってください。

Q.ウォーキングは、何歳くらいまで行えますか?
A.足腰が丈夫ならば、何歳まででも行えるでしょう。ただし、膝に故障を抱えている人は、医師と相談してください。

Q.ジョギングとウォーキングを交互に行ってもよいですか?
A.健康ならば問題ありません。高血圧の方や持病のある方は医師と相談してから行うようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

  • ウォーキングの便秘解消効果
  • 便秘解消に効果的なウォーキングのコツ

この2点からウォーキングと便秘の関係についてご紹介しました。適度な運動が便秘に効果があることは知られていますが、ウォーキングはその中でも簡単に取り入れやすい運動です。今回ご紹介したポイントを押さえて、ぜひ毎日の生活に取り入れてみてください。