ウォーキングの持つ驚きの便秘解消効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

下腹部の不快な痛みや下腹の膨満感など便秘というのは日常生活にも影響を及ぼす症状です。
便秘解消にはできる限り薬を使用せず自然な形で解消するというのが大切です。
そこで、自然な便秘解消の方法として注目されているのが『ウォーキング』。
ウォーキングには様々な健康効果があり便秘改善にも大きな影響があります。
ウォーキングの便秘改善効果と効果的なウォーキングの方法について紹介します。


・ウォーキングで便秘解消① ~便秘の悪循環を絶つ~

便秘の対策というと便秘改善薬などの薬に頼るということが多いのですが、実は薬に頼ることで便秘の悪循環に陥ってしまうということがあるのです。
便秘薬を常用することで大腸の機能が低下するということがあります。
便秘薬を使用するということが逆に便秘の症状を悪化させるという可能性があるので、便秘改善にはできる限り自然な形で改善するということが大切です。
便秘解消には適度な運動が効果的。特にウォーキング便秘に効果のある運動として知られています。
便秘解消には薬だけに頼るのではなくウォーキングなどの適度な運動を取り入れるということが、便秘の悪循環を絶つための方法なのです。

・ウォーキングで便秘解消② ~ウォーキングの便秘改善効果とは?~

ウォーキングが便秘に対してどのような効果があるのでしょうか?

【下腹部の筋力の増加による便秘の改善効果】

ウォーキングを行なうことで下腹部など排便時に使う筋肉が鍛えられます。運動不足による筋力の低下ということが便秘の原因になることもあり、ウォーキングによる筋力増加は便秘解消に効果的です。

便秘改善のためのウォーキングは“歩幅を広く取る”“深い呼吸”というという二つのポイントに意識して行なうことで効果を高めることができます。
歩幅の広いウォーキングや深い深呼吸は下腹部の筋肉を鍛えると同時に、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を促し便秘を改善する効果があります。

【腸の血流を良くすることによる便秘の改善効果】

ウォーキングなどの運動を行なうことで腸の血流を良くすることができます。
腸の血流を良くすることで腸の働きが活発になり便秘の症状が改善されます。
便秘中に激しい運動は腹痛などの原因となります。短距離をゆっくりと歩くウォーキングは便秘改善に最適な運動なのです。

・ウォーキングで便秘解消③ ~秘解消に効果的なウォーキングのコツ~

便秘解消ためのウォーキングでは“水分補給”が重要になります。水分不足が便秘の原因になるということもあるのでウォーキングの際には必ず水分補給を行ないましょう。

ウォーキングは普段の生活にも取り入れることができるでしょう。
日常的に歩くことを心掛けるというだけでも便秘解消の効果があります。
便秘薬を常用しているという場合には、便秘に効果的なウォーキングを実践しながら無理をせず、ゆっくりと薬を減らすということが大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

  • ウォーキングの便秘解消効果
  • 便秘解消に効果的なウォーキングのコツ

この2点からウォーキングと便秘の関係についてご紹介しました。
適度な運動が便秘に効果があることは知られていますが、ウォーキングはその中でも簡単に取り入れやすい運動です。
今回ご紹介したポイントを押さえて、ぜひ毎日の生活に取り入れてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加