赤ちゃんの便秘が心配

赤ちゃんの便秘が心配! 便秘の原因と対処方法を解説

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア
赤ちゃん

赤ちゃんが何日もお通じがないと心配になっていませんか? 実は赤ちゃんは消化に時間がかかるため、便秘になることが少なくありません。

そこで今回は、赤ちゃんが便秘になる原因やその対処法などをご紹介します。赤ちゃんの便秘には心配がないものが大半ですが、中には病気が原因という場合もあります。赤ちゃんの様子やお尻の状態をみて正しく判断することが大切です。「赤ちゃんが便秘になってしまい心配」「赤ちゃんが便秘になった際の対処法を知りたい」という方は参考にしてください。

  1. 赤ちゃんが便秘になる原因とは?
  2. 病院に行く際の注意点とは?
  3. 赤ちゃんの便秘の対処法とは?
  4. 子供の体質という場合もある

1.赤ちゃんが便秘になる原因とは?

この項では、赤ちゃんが便秘になる原因をご紹介していきます。赤ちゃんは便秘になりやすい時期というのもあるんですよ。

1-1.離乳食が始まった

離乳食が始まると、便秘になってしまう赤ちゃんは少なくありません。大人でも食生活が急激に変化すれば、便秘になってしまう人もいます。まだ消化器官が十分に発達していない赤ちゃんならばなおさらでしょう。離乳食になれれば便秘も解消していきますが、便秘を繰り返したり、食べたものが直接出てきたりする場合は、調理方法を工夫する必要があります。

1-2.水分が不足している

気温が高くなると体の中の水分が汗として出てしまうため、便秘になる赤ちゃんもいます。コロコロとした便がでる、という場合は水分不足が考えられますので白湯やほうじ茶などの水分を多めに摂らせましょう。ミルクばかりを足すと栄養過多になる場合もあります。

1-3.ミルクの量が足りない

ミルクの量が足りず、栄養不足になっても赤ちゃんは便秘がちになります。特に母乳だけで赤ちゃんを育てている場合は、飲んだ量が目に見えません。赤ちゃんの機嫌と体重の増え具合に注意しましょう。体重が増えない場合や、授乳後すぐに乳房をまさぐるようなしぐさをする場合はミルクの量が足りない可能性が高いです。

1-4.環境の急激な変化

赤ちゃんもストレスを感じます。特に遠方への帰省などで長時間乗り物に乗ったり、生活環境が変われば便秘になりやすいでしょう。このような場合は、お母さんが普段より多めに抱っこしてあげるなど、赤ちゃんがリラックスできるようにしてあげれば、便秘は自然と解消していきます。

1-5.病気

「低月齢の赤ちゃんの便が出ない」「便に血が混じっている」「激しく泣いておう吐をする」という症状が便秘と同時に起こった場合は病気が原因の可能性があります。このような症状が出た場合は、すぐに病院に連れていきましょう。赤ちゃんはあっという間に症状が急変してしまうことも多いです。救急車を呼んでもかまいません。

12