ホットヨーグルトが便秘に効く? 驚きの効果と摂取方法を解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加
ヨーグルト

便秘解消に効果のある食べ物といえばヨーグルト。
「毎朝欠かさない」という方も多いでしょう。
ヨーグルトは冷たいまま食べるのが一般的でしたが、実は今、ホットヨーグルトの人気が高まっているのです。
そこで今回はホットヨーグルトの便秘解消効果や、温めて食べることによって高まる効能・おいしいホットヨーグルトの作り方などをご紹介します。
ホットヨーグルトの効果を知りたいという方や、ホットヨーグルトの美味しい作り方を知りたい、という方はぜひ読んでみてください。

目次

  1. ホットヨーグルトの便秘解消効果とは?
  2. ホットヨーグルトに適したヨーグルトとは?
  3. ホットヨーグルトがお勧めの人は?
  4. ホットヨーグルトのアレンジ方法とは?

1.ホットヨーグルトの便秘解消効果とは?

この項では、ホットヨーグルトの便秘解消効果についてご紹介します。
冷たいヨーグルトと比べるとどのような点が優れているのでしょうか?

1-1.ビフィズス菌が活性化する

ヨーグルトが便秘解消に効果があるのは、ビフィズス菌などの腸内環境を整える善玉菌が豊富に含まれているからです。
このような善玉菌が活発に活動するためにはある程度の温度が必要です。
冷蔵庫で冷やしたヨーグルトよりも、温めたヨーグルトのほうが善玉菌が活発に活動できるため、便秘解消により効果的なのです。

1-2.腸を冷やさない

冷たいものを食べれば内臓が冷えます。
内臓を冷やすと消化活動が鈍り胃もたれや便秘の原因になるでしょう。
たとえ便秘解消に効果のあるヨーグルトでも同じことです。
特に冬は冷たいヨーグルトを食べると腸が冷えて便秘解消の効果が鈍ってしまいます。
でも、ホットヨーグルトは逆に内臓を温めてくれるので、便秘解消効果がより期待できるのですね。

1-3.カルシウムの吸収力もアップ

ヨーグルトを温めることで、カルシウムの吸収力もアップします。
カルシウムは副甲状腺ホルモンの働きを促進する重要な栄養素です。
副甲状腺ホルモンの分泌が鈍ると、体にとって無駄な脂肪分や栄養素の排出がうまくいかなくなり、太りやすくなります。
ですから、ホットヨーグルトを食べることは、便秘解消効果だけではなくダイエット効果も高いのです。

2.ホットヨーグルトに適したヨーグルトとは?

では、ホットヨーグルトを作る場合はどのようなヨーグルトを使えばよいのでしょうか。
この項では、ホットヨーグルトにお勧めのヨーグルトや、ホットヨーグルトを作る際の注意点をご紹介します。

2-1.プレーンヨーグルトを使おう

実は、ヨーグルトをお菓子の一種と考えて甘くして食べるのは日本など一部の地域のみです。
ヨーグルトの本場ブルガリやトルコなどは、ヨーグルトを食材の一種と考えて、熱や塩を加えて食べるのが普通です。
日本のヨーグルトは、砂糖や寒天がくわえられているものもありますが、温めて食べるのなら何も添加物が加わっていないプレーンヨーグルトがお勧めです。
また、飲むヨーグルトを温めれば美味しそうですが、ホットヨーグルトにするならば、固形タイプの方が便秘解消効果が高いのです。

2-3.温めすぎないことが大切

ホットヨーグルトというと、ヤケドしそうに熱いものをふうふういいながら食べる、というイメージを持つ方もいるでしょう。
しかし、温めすぎればヨーグルトの中の善玉菌が死んでしまいます。
ホットヨーグルトの「ホット」の温度はひと肌程度が理想的でしょう。

2-4.電子レンジで加熱すれば簡単にできる

ホットヨーグルトの作り方はとても簡単です。
ホットヨーグルトを適量耐熱の器にいれ、電子レンジに数十秒~1分加熱するだけでできあがり。
最初は温めすぎないように、こまめに様子を見ながらレンジにかけてみてください。
ヨーグルト全体が均一に温まったら、はちみつをかけて食べるとよいでしょう。
温かいヨーグルトなんて美味しいの?と思う方もいるかもしれませんが、酸味が弱まって食べやすくなります。
甘くして食べる方法が一般的ですが、「甘いものが苦手」という方はオリーブオイルや塩をかけて暖かいお豆腐のような感覚で食べてみましょう。

3.ホットヨーグルトがお勧めの人とは?

この項では、ホットヨーグルトがお勧めな人をご紹介します。
当てはまる人は早速明日からホットヨーグルトを食べてみませんか?

3-1.冬になると便秘がちになる人

「冬になると便秘がちになる」という人は内臓が冷えやすい人です。
便秘を解消するには、内臓を温めるのが効果的です。
ホットヨーグルトを食べる他に、腹巻をしたり腰にカイロを張ったりしても便秘解消の効果があります。

3-2.冬になると下痢をしやすい人

下痢もおなかの調子が崩れると起こりやすくなります。
ホットヨーグルトはおなかの調子を整える効果がありますから、冬になると下痢をしやすいという方はぜひホットヨーグルトを試してみましょう。
ホットヨーグルト以外にも、冷たいものを摂りすぎないように気を配ったり、消化に良いものを努めて食べるように心がけましょう。

3-3.ヨーグルトが苦手な人

ヨーグルトが健康によいことはわかっているけれど、あの酸味や口当たりが苦手という方も多いでしょう。
ヨーグルトは温めることにより、口当たりが滑らかになり酸味が和らぎます。
甘みを付けるとさらに食べやすくなるため、冬のおやつには最適です。
ぜひ試してみてください。

4.ホットヨーグルトのアレンジ方法とは?

便秘を解消するためには、ホットヨーグルトを食べ続けることが大切です。
しかし、ホットヨーグルトを毎日食べ続けると飽きてしまうのでは?と心配する方もいるでしょう。
そこでこの項では、ホットヨーグルトのアレンジ方法をご紹介します。

4-1.シリアルにかける

朝食の定番であるシリアルですが、冬に冷たい牛乳をかけると内臓を冷やしてしまいます。
そこで、牛乳の代わりにホットヨーグルトをかけてみましょう。
体も温まりますし、味にも変化がでて美味しく食べられます。
シリアルはプレーンのものより甘みのあるものの方が合いやすいでしょう。

4-2.ショウガをかける

ショウガは体を温めてくれる食材です。
冷え性の人はホットヨーグルトにしょうがを加えるとより高い効果が期待できるでしょう。
チューブのショウガを絞ってもかまいませんが、自分ですりおろすと、より美味しいジンジャーホットヨーグルトが楽しめます。

4-3.オリーブオイルと醤油を加えて温野菜にかける

ホットヨーグルトをドレッシングとして使う方法です。
オリーブオイルにも便秘解消効果がありますので、ヨーグルトと合わせると効果抜群です。
季節の旬の野菜を使うと栄養価も高いでしょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
今回はホットヨーグルトの便秘解消効果や、ホットヨーグルトの作り方などについて紹介しました。「ヨーグルトを温めて食べるなんて」と思うでしょうが、食べてみたら意外と美味しかったという人も多いので、ぜひ試してみてください。

とは言え、毎日ホットヨーグルトを作るのは大変だと思う方も多いでしょう。
そんな方にオススメなのが、熊の胆のうを原料とした漢方薬『熊胆』。代謝・排泄に重要な胆汁分泌を促すことでカラダ本来の機能を取り戻し、便秘を解消させる働きをします。

なんと、今なら30日の返金保証付きで購入可能です。一度試してみて効果がなければ、30日以内なら返金が受けられます。「ホットヨーグルトを作るのは大変」「ホットヨーグルトでも便秘が解消できなかった」という方は、今すぐ下のバナーをクリックして詳細をチェックしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加