便秘を浣腸で治そうとするのは危険

便秘を浣腸で治そうとするのは危険? 安易に頼るとこんなリスクが!

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「便秘が続いてつらい」 「どうしてもすぐに便秘を解消したい」
こんな時、浣腸を使って便秘を解消しようと思う方も多いでしょう。
しかし、便秘になったからといってすぐに浣腸に頼るのは危険です。
そこで今回は、浣腸の仕組みや正しい使用方法、浣腸を常用するリスクなどを紹介します。

目次

  1. 浣腸の仕組みとは?
  2. 生後3か月までの赤ちゃんと妊婦は注意が必要
  3. 浣腸を使う際の注意点
  4. 腸内環境を整え便秘を改善するには?

1.浣腸の仕組みとは?

この項では、浣腸で便秘が解消する理由をご紹介します。
正しく使えば浣腸は便秘にとても効果のある薬なのです。

すぐに便秘が解消する理由とは?

浣腸は腸に直接薬液を注入することで、腸の動きを活発にしつつ腸壁の滑りをよくすることで、便秘を解消する方法です。
錠剤の便秘薬とは異なり即効性が特徴で、注入してから10分~30分で便意を催します。
便秘が続いてお腹が張って苦しいというときや、旅行などの前に便秘を解消しておきたい、というときに使うとよいでしょう。

赤ちゃんからお年寄りまで使える

浣腸はその即効性から、強い薬剤を使っているのでは?と思う方もいるでしょう。
しかし、浣腸に使われている薬剤の主成分のグリセリンは錠剤の便秘薬よりも安全性が高く、赤ちゃんからお年寄りまで使用できます。
子供は便秘とは無縁と思われがちですが、環境が変わるとストレスから便秘になってしまうことも多いのです。
そんなときも浣腸をすると腸が再び動き出して便秘が解消するのです。

用途に応じて使い分けられる

浣腸というと特徴的な形ばかりに注目されがちですが、年齢や便秘の程度によって細かく種類が分かれています。
パッケージに対象年齢や薬剤の量が書いてあるので、必ずよく確かめてから買い求めましょう。
また、前述したように浣腸は即効性のある便秘薬です。使用すればすぐに便意を催すでしょう。
どこでも使うことができますが、できれば落ち着いて用を足せる場所で使用してください。
使用前に40度前後に暖めることでより効果が高まります。
浣腸を温める方法は、手でしばらく握っているかお湯に10分ほど付けておくとよいでしょう。

12
はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

この記事の読者におすすめの記事

    ※関連記事はありません。