テニスボールで膝痛が解消

テニスボールで膝痛が解消できる? そのやり方とポイントを解説!

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

病院にかかってもいまひとつ良くならない・・・そんな膝痛に悩んでいるという方はたくさんいるでしょう。そこで今回は、テニスボールを使って膝痛を改善する方法をご紹介します。これならば、どこででも行えますし、高い治療薬を買う必要もありません。病院へ行ってもなかなか改善しない膝痛に悩んでいるという方は、ぜひ読んでみてくださいね。

  1. なぜ膝痛がテニスボールで治るの?
  2. テニスボールで膝痛を改善する方法
  3. テニスボールで膝痛を改善したいときの注意点
  4. 膝痛を予防する方法とは?

1.なぜ膝痛がテニスボールで治るの?

膝痛にはいろいろな原因があります。年によるものや、病気によるものもあるでしょう。しかし、現代の膝痛の原因になりやすいのが運動不足と、運動のし過ぎです。運動不足でも、運動のし過ぎでも膝の周囲の筋肉が硬くなります。筋肉が硬くなれば柔軟性が失われ、動かすたびに痛みが生じやすくなるのです。古くなったゴムを伸ばそうとすると柔軟性が失われて、たくさんのひびが入ります。そのひびを痛みと考えましょう。硬くなった筋肉はほぐせば柔らかくなります。しかし、ほぐすまでには痛みが伴いますから、それが嫌で膝をできるだけ動かさない、という人も多いでしょう。膝の筋肉は動かさないほど硬くなってしまいます。それを無理に動かそうとするとまた痛みが生じる……。悪循環ですね。

テニスボールはそんな硬くなった筋肉を部分的にほぐしてくれるのです。テニスボールでなくても、同じ大きさの球体ならば野球ボールでも構いません。家にテニスボールがあるという方はぜひ試してみましょう。

12