膝痛を予防して登山を楽しむ

もう痛くならない! 膝痛を予防して登山を楽しむための4つの法則

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

登山を経験したことのある人なら、どれだけ体に負担がかかることがご存じでしょう。
特に膝の痛みは、登山好きの人にとって何とかしたい問題です。

  • 登山中や登山の後には必ず膝痛が起こる
  • サポーターなしでは登山ができない
  • 膝の痛みを感じることなく登山を楽しみたい

そんな人たちのために、登山での膝痛の対策や痛くなってしまった時の対処法をまとめてみました。

目次

  1. 登山で膝痛にならないための対策方法
  2. 膝が痛くならない歩き方
  3. 膝サポーターの使い方と効果
  4. 痛くなってしまった時の対処法

1.登山で膝痛にならないための対策方法

普段からトレーニングして膝を強化しておく

登山では平地を歩く時とはわけが違って、膝にかかる負担が大きくなります。
どれだけ気を付けて歩くようにしても、膝を痛めてしまう人は実際にたくさんいるのです。
そんな膝痛を起こさずに登山を楽しむことができたら…と思いませんか?
登山で膝痛にならないようにするためには、まず普段の生活でもトレーニングをして膝を強化しておく必要があります。
ハーフスクワットをしてお尻から太もも、ふくらはぎを鍛えるなど、トレーニング方法は自宅でも簡単に実践できるものがたくさんありますので、ぜひ試してみてください。

トレッキングポールを使う

トレッキングポールとは登山用に作られた杖のことです。
トレッキングポールを使いながら登山をすると、バランスを取りながら歩けるので、膝にかかる負担を大きく軽減することが出来ます。
1本で使うトレッキングポールもありますが、膝痛対策としては2本で使うタイプのトレッキングポールを選んだ方がよいでしょう。
長さ調節が可能でコンパクトになるので、移動の際も荷物になることはありません。
トレッキングポールにも正しい持ち方というものがありますので、まずは近場のウォーキングなどで慣らしてから、登山に使うようにしましょう。

自分に合った靴を履く

登山における膝痛の原因となっているもののひとつに、「合わない靴を履いていること」があります。
登山用の靴を選ぶ時に履き心地や軽さで選んでしまいがちですが、「大きすぎないこと」を重視する人は少ないようです。
実は本来の足の大きさよりも大きいサイズの登山靴を履いていることこそが、膝痛の原因になってしまっているのです。
靴が大きすぎると地面をしっかりと踏み込むことができずに、膝にかかる負担が大きくなってしまいがちです。
登山靴を選ぶ時は、重さやきつさだけでなく、大きすぎない自分に合った靴を慎重に選ぶようにしましょう。

12