食物繊維で便秘が解消する理由

食物繊維で便秘が解消する理由とは? とり方が大切!

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

食物繊維に便秘解消の効果があることは広く知られています。
「便秘になったら野菜を食べなさい」といわれるのは、野菜に食物繊維がたくさん含まれているからです。
しかし、食物繊維には2つの種類があり、とり方を間違えるとかえって便秘が悪化する場合もあります。
そこで今回は、便秘に食物繊維が効く理由や効果的なとり方をご紹介します。
便秘を解消する方法を知りたいという方はもちろんのこと、食物繊維をたくさん食べているのに便秘が解消しないという人は、ぜひ読んでみてください。

目次

  1. 食物繊維の種類と効果とは?
  2. 食物繊維をとって便秘が悪化する場合がある?
  3. 便秘にならない生活を心がけよう

1 食物繊維の種類と効果とは?

この項では、食物繊維の種類と便秘に対する効果をご紹介します。
それぞれに特徴があるので、便秘の種類によってとり方を工夫するとよいでしょう。

水溶性食物繊維

水溶性食物繊維とは、文字通り水に溶ける食物繊維のことです。
海藻を触るとぬるぬるしていますね。このぬるぬるが水溶性食物繊維なのです。
このほかにも、水溶性食物繊維は、リンゴなどの果物やこんにゃくなどに含まれています。
水溶性食物繊維は、腸内で水分を抱え込み、有害物質を吸着させて体外へ排出させる働きがあります。
つまり、便に適度な水分を含ませて、体外へ排出してくれるのです。
また、水溶性食物繊維は腸内の善玉菌の餌になり、善玉菌を増やします。
そうすれば、便秘のつらい症状であるおなかの張りやガスの発生を防いでくれるでしょう。

不溶性食物繊維

不溶性食物繊維とは、腸内で水分を含んで数十倍に膨らむ食物繊維です。
穀類、豆類、いも類、野菜類に含まれている食物繊維はこの不溶性食物繊維なのです。
サツマイモやジャガイモなどのいも類や、豆類は少量食べただけで満腹感があります。
これは、腸の中で食物繊維が膨らんでいるからなのです。
この膨らんだ食物繊維が腸壁を刺激して蠕動(ぜんどう)運動を活発にするのです。
また、ダイエットをして便秘になってしまったという場合は、食べるものの量が少なくなって便の量も減り、腸が動かなくなっている可能性があります。この場合は、不溶性食物繊維を食べると便の量が増えて便秘が解消するのです。

食物繊維をとって便秘が悪化する場合がある?

さて、このように食物繊維は腸蠕動を活発化させ、便秘解消に効果があるということがお分かりいただけたと思います。
ではなぜ、食物繊維をたくさんとっているのに便秘に効果がなかったり、かえって便秘が悪化してしまう場合があるのでしょうか?
それは、とり方が悪いのです。
前述したように、不溶性食物繊維は腸内の水分を吸収してしまいます。
ですから、水分の少ない硬い便がおなかの中でできてしまった場合、さらにその水分を食物繊維にとられてしまえば、腸は動くけれども便が出ないという状況になることもあります。
便秘にも種類があります。硬い便が少量出るタイプの便秘の場合は、野菜を食べて不溶性食物繊維をとりすぎても便秘が悪化してしまうでしょう。

12