関節痛を予防しよう! 関節の症状と上手な付き合い方

このエントリーをはてなブックマークに追加

関節は加齢とともに磨り減り、関節痛などの症状が現れます。

関節痛は炎症によって起こる関節の痛みで、加齢による症状としては非常に一般的なものです。

加齢による症状のために、痛みを我慢してしまっている方も多いのですが、適切なケアで症状を改善できます。

日常生活を快適に過ごすために、関節痛の症状と予防の方法についてご紹介しましょう。

目次

  1. 関節痛を知ろう
  2. 関節痛の予防と改善方法
  3. 関節痛を予防しよう!

1. 関節炎を知ろう!

1-1. 関節炎とは?

関節痛の原因となる関節炎と一言で表しても、実は非常に広い概念です。

関節炎は“外傷以外を原因とした関節の炎症”であり、様々な病気や症状があります。

少々複雑な関節炎を理解するために、代表的な疾患についてご紹介しましょう。

関節リウマチ

自己免疫の異常によって起こる関節炎や関節の痛みが生じる病気です。

女性の発症率が高いという特徴があります。

感染性関節炎

細菌やウイルスの感染によって起こる関節炎です。

免疫低下などが主な原因で、病気治療中の方や高齢者に多いという特徴があります。

変形性関節症

関節が変形することで起こる関節炎です。

加齢とともに現れる症状で、膝関節炎や股関節炎などがあります。

関節炎は非常に様々な原因があり、原因に応じた治療が大切です。

1-2. 加齢による関節痛は改善できる?

加齢とともに起こる関節炎の代表的なものが“変形性膝関節症”です。

膝は常に体重を支えており、負担がかりやすい場所という特徴があります。

加齢による膝の痛みに悩むケースは非常に多いのですが、一方で改善のための対策をおこなっている方は多くありません。

関節の痛みを我慢してしまっているという現状ですが、実は関節痛は予防や改善ができます。

関節の痛みは年齢のせいだと諦めず、しっかりとした対策をおこなって予防・改善が大切なのです。

2. 関節痛の予防と改善方法

2-1. 関節痛には手術療法と保存療法がある

関節痛の改善には手術療法と保存療法があります。

どちらの療法を選ぶかというのは、医師との相談で決められますが、一定の基準で判断することも可能です。

それぞれの適応基準についてご紹介しましょう。

手術療法の適応基準

  • 関節の痛みがひどく、日常生活に支障がある
  • 関節の硬直がひどく、稼動範囲が著しく狭い
  • そのほかの関節炎を併発している

保存療法の適応基準

  • 薬物療法、理学療法で改善の可能性がある
  • 痛みはあるが、日常生活に支障がない
  • リハビリや運動によって改善の可能性がある

このような基準で、治療法や改善方法が決められます。

ほとんどのケースでは、まず保存療法によって関節痛の改善を行ない、改善が見られない場合には手術療法が検討されるが一般的です。

適切な治療をすることで関節痛は改善できます。

関節の痛みは加齢による症状なのですが、しっかりと対策をおこなえば改善することができるのです。

2-2. 関節痛の改善方法

関節痛の改善方法の特徴についてご紹介しましょう。

手術療法

関節痛の手術療法でおこなわれる手術の種類についてご紹介します。

関節鏡視下手術

変形してしまった軟骨や半月板などを整える手術です。

内視鏡を使用するので、負担が少なく治療できます。

高位脛骨骨切り術

歪んでしまった脛骨を切り取り、かたちを整える手術です。

骨を切り取るので、治療には2~3カ月程度必要になります。

人工関節設置術

関節を人工関節に置き換える手術です。

人工関節(インプラント)は日常生活に支障がない性能を持っていますが、関節に負荷のかかる激しい運動などには制限が必要になります。

手術療法は、関節の痛みや症状に応じてさまざまな治療方法があり、その中から最適なものを選ぶことが大切です。

保存療法

保存療法は薬物療法や運動などのリハビリで関節痛を改善するという方法です。

軽度から中度の関節痛に関しては、ほとんどのケースで保存療法が選択されています。

保存療法の種類と特徴に付いて簡単にご紹介しましょう。

薬物療法

炎症鎮痛剤などを利用して関節痛を緩和させるのが薬物療法です。

薬物療法は、リハビリ療法や運動療法と併用して行われることもあります。

リハビリ療法・運動療法

リハビリ療法や運動療法は、関節周囲の筋肉を鍛えることで、関節痛を緩和させる方法です。

適切な運動量は年齢や症状によっても異なるため、理学療法士の指導を受けることが重要になります。

3. 関節痛を予防しよう!

3-1. 予防方法も大切

関節痛は意識的に生活することで予防のできる病気です。

どのような点に注意すれば関節痛が予防できるかをご紹介しましょう。

運動は関節痛を防ぐ?

関節痛は関節を使用することによって生じる症状です。

このことだけを考えると、運動は関節に悪いようなイメージを受けてしまいますが、これは大きな間違いといえるでしょう。

運動によって適度な筋肉をつけることは、関節の支えを作ることにつながる大切な予防策です。

適度な運動を行ない、筋力を保つことは、関節痛の予防方法として効果的な方法といえるでしょう。

関節に負担をかけすぎない

関節への負担は関節痛原因の一つです。

ケガなどの直接的な負担も当然ですが、冷えや血行不良なども関節痛の原因になります。

また、急激に激しい動作をおこなうなどの行動でも関節に負担がかかるので注意しましょう。

3-2. 関節炎に効く注目の新食品成分「UC-2」とは?

関節痛に効く成分として注目を集めている「UC-2」という新食品成分があります。

このUC-2(非変性2型コラーゲン)はリウマチや関節痛に高い効果のあると言われている成分です。

同様の効果のある“グルコサミン”や“コンドロイチン”よりも高い効果を持つことが研究でも実証されています。

臨床試験では変形性膝関節痛と関節リウマチに対しておこなわれ、症状の改善効果が確認されたUC-2は、非常に注目されている食品成分です。

関節痛に悩んでいるという方はUC-2を利用することで改善が期待できるかもしれません。

まとめ

関節痛は原因を知り適切な対策をすることで予防・改善可能な症状です。

高齢だからと諦めてしまうことはありません!

関節痛の予防と改善の方法についてまとめてみましょう。

  • 何が原因で関節痛になってしまっているのかを知る
  • 原因に応じて適切な治療をする
  • 治療には“手術療法”や“保存療法”がある

症状や原因を知るということは関節痛に対する予防にも繋がるのです。

では実際に、どのような予防改善方法があるのかをまとめて見ましょう。

  • 運動は関節痛の予防改善効果がある
  • 関節に負担をかけない
  • 関節痛に効果的なサプリメントを利用する

関節痛の予防改善には、適度な運動と関節に負担をかけない意識に加えて、サプリメントの使用など関節痛に関する意識を向上することが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加