関節痛を予防しよう

関節痛を予防しよう! 症状や原因と上手な付き合い方

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

関節は加齢とともに磨り減り、関節痛などの症状が現れます。関節痛の多くは炎症によって起こるもので、加齢による症状としては非常に一般的なものです。加齢による症状のために、痛みを我慢してしまっている方も多いのですが、適切なケアで症状を改善できることもあります。

日常生活を快適に過ごすために、関節痛の症状と予防の方法についてご紹介しましょう。

  1. 関節痛について知っておこう!
  2. 関節痛の予防と改善方法
  3. 関節痛を予防しよう!
  4. よくある質問
  5. まとめ

1.関節痛について知っておこう!

はじめに、関節に痛みが出る原因について詳しく解説します。

1-1.関節痛の原因となる病気は?

関節痛の原因となる関節炎と一言で表しても、実は非常に広い概念です。関節炎は“外傷以外を原因とした関節の炎症”であり、様々な病気や症状があります。少々複雑な関節炎を理解するために、代表的な疾患についてご紹介しましょう。

関節リウマチ

自己免疫の異常によって関節炎や関節の痛みが生じる病気です。女性の発症率が高いという特徴があります。

感染性関節炎

細菌やウイルスの感染によって起こる関節炎です。免疫低下などが主な原因で、病気治療中の方や高齢者に多いという特徴があります。

変形性関節症

関節が変形することで起こる関節炎です。加齢とともに現れる症状で、膝関節炎や股関節炎などがあります。関節炎は非常に様々な原因があり、原因に応じた治療が大切です。

1-2.病気以外でも痛みが出る?

関節痛は病気のほかにも、加齢・関節の使い過ぎ・肥満・事故の後遺症などによって発症します。特に、運動不足で肥満の人は、膝関節に痛みが出やすいでしょう。また、サッカー膝・野球ひじという言葉があるように、スポーツをしていると良く使う関節をいためやすいのです。

さらに、高齢になるにつれて関節を形成する骨の先についている軟骨がすり減り、再生が追い付かなくなってきます。そのため、加齢による関節痛が発症するのです。軟骨がすり減ると硬い骨同士がぶつかって痛みが生じます。

1-3.加齢による関節痛は改善できる?

加齢とともに起こる関節炎の代表的なものが“変形性膝関節症”です。膝は常に体重を支えており、負担がかりやすい場所という特徴があります。加齢による膝の痛みに悩むケースは非常に多いのですが、一方で改善のための対策をおこなっている方は多くありません。関節の痛みを我慢してしまっているという現状ですが、実は関節痛は予防や改善ができます。関節の痛みは年齢のせいだと諦めず、しっかりとした対策をおこなって予防・改善が大切なのです。

12