便秘が続くと体臭がきつくなる理由とその解消法とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘がひどくなると、体臭まできつくなったように感じると思っている方は少なくないでしょう。
これは気のせいではありません。実際に便秘になると体臭や口臭がきつくなります。
それはいったいなぜでしょうか?
そこで今回は便秘と体臭の関係についてご紹介します。
便秘はただでさえつらいのに、体の臭いまできつくなるなんてたまりません。
いったいどうしたらよいのでしょうか?
答えはこの記事を読めばわかります。
特にいったん便秘になると長期間治らないという方は必見ですよ。

目次

  1. 便秘が続くとどうなるの?
  2. 体臭を改善する方法とは?
  3. 便秘を解消する有効な方法とは?
  4. おわりに

1.便秘が続くとどうなるの?

この項では、便秘が続くと体臭が強くなる原因などをご紹介します。
いったいなぜ体臭がきつくなってしまうのでしょうか?

1-1.便がたまり続けると?

便秘とは、本来は定期的に排出される便が体の中にたまり続けている状態のことを言います。
便の正体とは食べ物から栄養をとった残りかすです。つまり生ごみと同じ。
ですから一刻も早く体内から排出しないと腐敗します。
「便が腐るなんて」と思う方もいるでしょう。
食べ物が腐るのとは少し違いますが、便が腐ると特有の匂いがします。
便秘が続くとおならが臭くなるという人は少なくないでしょう。
実はこれは腐敗した便の匂いなのです。

1-2.便の毒素は排出できるけれど

便が腐ると匂いだけでなく、毒素も排出されます。
これは腸壁から匂いとともに吸収され、血液にのって全身に行きわたるのです。
この毒素はやがて皮膚から排出されるので命に別条はありません。
しかしこの毒素と一緒に腐敗臭も外に排出されます。
これがきつい体臭の原因なのです。
また、このような毒素はもちろん肺にも到達します。
この時に毒素は呼吸とともに外に排出されますが、やはり同時に臭いも排出されるのです。
これが口臭の原因。
つまり体臭や口臭がきつくなる原因は、便の腐敗集なのですね。

1-3.自分では気づかないことも

悪臭も嗅ぎ続ければやがて鼻が慣れて感じなくなります。
便秘による体臭の変化は、それほど頻繁に起こるわけではありません。
ですから体臭がきつくなれば、「最近は体臭が強いな」と気づく人は多いです。
しかし、便秘が解消しなくても鼻が慣れてしまいますので、匂いはやがて本人には感じられなくなってしまうでしょう。
「やっぱり気のせいだ」とも思ってしまいます。
しかし、周りの人はそうもいきません。
体臭に気づいているけれど、指摘できないというシチュエーションは自分が思っているより多いでしょう。
便秘が10日以上続いた場合は、体臭が強くなっていないかどうか家族などに確認してもらうとよいですね。

2.体臭を改善する方法とは?

では、便秘による体臭の改善方法はあるのでしょうか?
この項ではそれをご紹介します。

2-1.最善の方法はやっぱりこれ

便秘による体臭を改善する最善の方法は、やはり便秘を解消することです。
慢性的に便秘気味の人は、3日以上便が出なくてそれほど気にならないという方も多いでしょう。
しかし、便秘を放置しておくほど体臭はひどくなります。
できれば1日~3日以内に便秘を解消するよう努力してください。
また、便秘を放っておくと腸の病気にもなりやすくなるでしょう。
普段の生活習慣を見直し、便秘にならないように気をつけてください。

2-2.食べ物にも気を配る

便秘気味の人は食べ物にも気を配るとよいでしょう。たとえばニンニクやネギなど匂いがきつい食べ物を食べると、便の匂いも強くなります。
便秘になってしまえばなおさらでしょう。
ですから「最近便秘気味だな」と思ったら、匂いの強い食物や発酵すると匂いが出そうな食物はできるだけ避けてください。
和食中心のあっさりとした食べ物がおすすめです。

2-3.善玉菌を増やす努力をする

便秘になると腸内の悪玉菌が増殖し、善玉菌が減少します。
悪玉菌が増えると腸内にガスが発生しやすくなり、このガスも体臭の原因になるでしょう。
ですから体臭を抑えるためには善玉菌を増やすことが大切です。
ヨーグルトやオリゴ糖などヴィフィズス菌を多く含む食品を取ると、腸内環境が改善されやすくなるでしょう。
逆にコンビニ弁当など脂質や炭水化物ばかりの食事が続くと悪玉菌が繁殖しやすくなります。
仕事などで忙しく、食生活が偏り気味という場合はコンビニで乳酸菌入り飲料などを買って積極的に飲んでみましょう。

3.便秘を解消する有効な方法とは?

では最後に、体臭の根本的な解決策である便秘解消に有効な方法をご紹介します。
便秘で苦しむよりは薬を使ったほうが効果的という場合もあるでしょう。

3-1.水分を取る

便秘解消には食物繊維というイメージがありますが、食物繊維ばかり取っていても便秘解消効果はいまひとつです。
大切なのは水分。
できれば1日2リットルを目安に取りましょう。
しかし、水分と言っても緑茶やコーヒー、紅茶は利尿作用があるためおすすめできません。
麦茶や水などが一番でしょう。また、できれば軟水よりも硬水のほうが便秘解消の効果が高いです。
今はホームセンターなどでも硬水が販売されていますので、買ってみるのも良いでしょう。
ただし、小さい子供に硬水を飲ませると逆におなかが緩くなる可能性もあります。
小さな子供の便秘の場合は普通の水を飲ませてください。

3-2.腸のマッサージと運動も効果的

食生活の改善と合わせて行いたいのが、腸のマッサージと運動です。
お腹を「のの字」にマッサージするだけでも効果があるでしょう。
また、「便秘解消 マッサージ」で検索すると動画やサイトがヒットしますので、そこに記載してある方法を試してみるのも良いでしょう。
運動は、できれば腹部を動かすものが効果的です。
腰を左右にひねるだけでもいいでしょう。
また、歩くときは腹筋を意識して下腹に力を入れるようにして歩くと便秘解消により効果があります。
さらに運動をした後に便意が来たらすぐにトイレに行くようにしましょう。
我慢していると運動をしても便意がきにくくなってしまいます。

3-3.ひどい便秘の場合は薬を利用しよう

便秘薬はできるだけ使いたくないという方も多いでしょう。
しかし頑固な便秘の場合はまず入り口で詰まっている便を取り除かないと、便秘が解消しにくいのです。
市販されている便秘薬は用法と用量を守れば問題のないものばかりですから、怖がらずに使いましょう。
また妊婦も便秘になりやすいですが、医師に相談すれば安全な便秘薬を処方してもらえます。
そして大切なのは毎日決まった時間にトイレに入る習慣をつけること。
そうすれば腸も「この時間に便意を起こせばスムーズに排泄できる」と決まった時間に動くようになるでしょう。

4.おわりに

いかがでしたでしょうか。今回は便秘と体臭の関係についてご紹介しました。
まとめると

  • 便秘がひどくなると体臭がきつくなる
  • 体臭を消すには便秘解消が一番の方法
  • 便秘気味の時は匂いの強いものは食べない
  • 腸内の善玉菌を増やせば便秘解消と体臭抑制に効果がある

ということです。
便秘に悩んでいる方は少なくありませんが、周りの人ももしかしたらあなたの体臭に悩んでいるかもしれません。
体臭がきつくなっているかどうかは親しい人でもなかなか指摘できないものです。
ですから便秘が続けば体臭も強くなってくると考えて、便秘が3日以上続かないようにしましょう。
常にコンビニ弁当か外食のみという人は、まずは食生活を見直してみてください。食事にヨーグルトを添えるだけでも効果があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加