妊婦が痔になりやすい

便秘と痔の関係性を知ろう!妊婦が痔になりやすいのはナゼ?

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「便秘と痔は密接な関係にある」と言われています。
便秘が原因で痔になってしまう人は多く、特に妊婦さんや産後の女性の中には痔の症状に悩まされている人がたくさんいるようです。
便秘による痔といえば「切れ痔」というイメージがあると思いますが、実は「いぼ痔」も便秘が原因で起こることがあるということをご存じでしたか?
このように切っても切れない関係にある便秘と痔。
なぜ便秘が原因で痔になってしまうのか、どう対処したらよいのか、予防方法にはどのようなものがあるのか、情報をまとめてみたいと思います。

目次

  1. 痔で悩む女性が増えている背景
  2. 便秘が原因で痔になってしまう理由
  3. どう対処すべきか
  4. 便秘・痔を予防する方法について

1.痔で悩む女性が増えている背景

「中年男性がなるもの」というイメージの強い痔ですが、実は近年になって若い女性の中にも痔に悩む人が増えてきていると言われています。
その背景にはどのようなものがあるのかまとめてみました。

筋力の弱さから便秘になりやすい

男性に比べて女性のほうが便秘になりやすいという話はよく耳にします。
これは女性が男性よりも筋力が弱いため腸を動かす力がなく、便秘になりやすいという理由からでしょう。
排便のためにはある程度の腹筋の力が必要になりますので、筋力の弱い女性はどうしても便秘になりやすいというわけです。
そこにダイエットなどで食べる量自体が減ること、食物繊維などの便秘解消に効果的な栄養素が十分に取れないことが加わり、さらに便秘になりやすい女性が増えてしまうことにつながるのでしょう。

生理によるホルモンの乱れ

生理前になると便秘になりやすくなる女性はたくさんいます。
これは女性ホルモンの働きによるもので、生理前に分泌量が増える黄体ホルモンには自律神経をにぶらせて便意を感じにくくする作用があるのだそうです。
生理がくるのと同時に便秘が解消される女性も多いようですが、定期的に便秘になるのがクセにならないように気をつけなければなりません。

妊娠・出産

妊娠中や産後は便秘になりやすいものです。
ホルモンバランスの変化はもちろんのこと、妊娠中にお腹が大きくなってくると排便に抵抗を感じたり、産後はゆっくりとトイレに入る時間がないという理由も関係してくるのでしょう。
「妊娠、出産を機に便秘体質になった」という女性も少なくありません。

病院に行くのが恥ずかしいという思い

痔に悩む女性が増えている理由のひとつに「恥ずかしさから病院に行こうとしないので症状が悪化しやすい」というものもあります。
痔の症状に悩んでいても恥ずかしくてなかなか病院に行けず、知らず知らずのうちにひどい痔を患うことになってしまうのでしょう。

12